FC2ブログ

知育研究 明知念想 明鏡止水 悠々富裕福  17

非線形・非推移的数論こそ王の中の王 史上最高哲学 814

Winning Attitudes

FX trade inflection point time◎
知性の投資 情報トレード
◎次世代トレーディング
06:45 10月 貿易収支
16:45 11月 消費者信頼感指数
21:00 MBA住宅ローン申請指数
22:30 7-9月期 四半期GDP
22:30 7-9月期 四半期GDP個人消費
22:30 7-9月期 四半期コアPCE・改定値
22:30 10月 耐久財受注
22:30 10月 耐久財受注・輸送用機器除
22:30 前週分 新規失業保険申請件数
22:30 前週分 失業保険継続受給者数
23:45 11月 シカゴ購買部協会景気指数
24:00 10月 個人消費支出 PCEデフレーター
24:00 10月 PCEコア・デフレーター食品・エネルギー除
24:00 10月 個人消費支出PCEコア・デフレーター前年同月比
24:00 10月 住宅販売保留指数
24:00 10月 住宅販売保留指数 前年同月比
24:00 10月 個人所得
24:00 10月 個人消費支出PCE
28:00 ベージュブック

マーケットの名言

自分を理解し  自分だけのエッジを
見つけた者だけが 成功できる
多くのトレーダーが 成功しないのは
才能 関心 そしてスキルの相互作用で決まる
ニッチの外でトレードしているからである
もともと 関心のないことや
際立った能力に働きかけないことを試しているのだから
フロー状態に至ることなどないわけだ
彼らのトレードが幸福をもたらすことはほとんどない
ブレット・N・スティーンバーガーさん
トレーダーの精神分析
悩めるトレーダーのためのメンタルコーチ術p187
自分で不安や迷いを解決するための101のレッスン
ウィザードブックシリーズ
パンローリング 2010/7/16

(解説)

精神科医によるトレーディング心理解説は
このようなロジカルな分析が 好きな方には役立つ
科学者だけあって 順を追った説明は上手い
トレーディングとはオモシロい心の綾で
経験豊かなファンドマネージャのような熟練の士でも
スランプに陥ることがある
個人投資家ならば ソリューションの窓口を
いくつも用意しておくこと
そして問題発生時に紐解けばよい
思考術の練磨
トレーニングの素材としても役立つ
賢者の良い点は 積極的に吸収されたい

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://dai25.blog71.fc2.com/tb.php/4532-0c39a94e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

深沢 純二 junji fukasawa

Author:深沢 純二 junji fukasawa
海外在住 Quants Quantitative
クオンツ 美こそ強靭
完璧な数理思考術
賢明な投資とは
時間軸を中心とした 純粋幾何学
ロジカル特異技術
高度な専門知識
秩序正しい調和
芸術ですかと 訊かれる事に愉悦
経歴:autodidact
multilingual
幼少・プログラミング
中学・世界文学・美術
高校・西洋哲学・言語学
大学・国際金融・外国為替
macroeconomics
business management 考究
マーケティング・データ
定量分析研究システム
Quantitative Analysis
Research System creative
Neuro finance 考定
20代 教師から起業
司法試験・公認会計士予備校経営
数理クオンツ・テクニカル特化塾
稀覯本・古典籍・筆写本・
古文書・蔵書2万冊
ネットワークオンライン
subject of study:
metaphysics
形而上学心身論 藝術
マーケティング・プロセス
マネジメント・システム
経済学 経営学
ニューロ・セマンティック
NLP 古代哲学 ドイツ語
サンスクリット
多面的次元乖離
先史美術古代希臘印度
スペシャリストSpecialist
ジェネラリストGeneralist
多面的思索
著作権法保護
無断転載コピー禁止
日本銀行 様
Bloomberg 様
REUTERS 様
記事リンク許可済み

最近の記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Strong luck

decoboko.jp

Template by たけやん