FC2ブログ

知育研究 明知念想 明鏡止水 悠々富裕福  17

非線形・非推移的数論こそ王の中の王 史上最高哲学 814

行動ファイナンス

本日の予定:鉱工業生産指数確報(5月:経産省) 5月米貿易収支

日経225先物テクニカル分析

(大引け)

始値:18120

高値:18150

安値:17940

終値:17980

予測計算通りの急落。出来高増の長陰線。チャート形状は下放れ並び黒(GD後の陰線二本)となり、極めて悪化。これは追撃売りの急所。自律反発は無く、サポートラインを次々に突破し、終値がかろうじて基準線17965上。3/14からのサポートラインも下ブレイクしたことは重要。転換線と遅行スパンは下向き、5日15日線が下向きでのDC間近。スロー・ストキャスティクスは昨日指摘した通り天井圏から下落し24%、新値足は二本目の陰線出現で売りサイン。7/5から始まっている17日タームが下落波動である可能性が高まった。指摘しているS構成点、ストキャスティクスなどのテクニカル分析が如何に効いているかの実証となった。

個人的には先物売り一貫玉→利益確定、7715S→利益確定。

(寄り付き前)

本日の着眼点:18220まで自律反発し昨日の急落で空けた窓を埋めることができるかがポイント。ノーマル・ストキャスティクスが反発を助けてくれるが、窓を埋められないと状況は悪化する。5日移動平均18198、転換線18160と終値の位置関係もポイントであり、今後の上昇のためには転換線を終値が上回ることが最低条件。先月第二木曜6/7は230円の上伸だったが、その後4日は下落調整している。3/14から始まる上昇トレンドのサポートラインは18000前後に来ている。波動リズムが変調していることから、7/5から新波動に突入していることは確実。CME18125(大証比+65)。

CRB指数高値が324.24と10ヶ月ぶりの高値を取ったことは注目。

マーケットの名言

戦略や戦術は教科書や授業で教わることはできない。会得するためには、過去の戦史を自分で丹念に調べることである。戦いの本質は古今東西、陸海とも変わらない。古代に至るまでありとあらゆる戦史を調べ、更に陸上戦についても調べるべきだ。そして、古今の戦術書を読み、その中から本質を抽出し、自分なりの作戦原理を編み出すてきである。借り物ではなく、自分自身で編み出した作戦原理だけが、応用が効くものである。

田渕直也『ランダムウォーク・行動ファイナンス理論のすべて』日本実業出版社p250

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://dai25.blog71.fc2.com/tb.php/266-a90c34d3

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

深沢 純二 junji fukasawa

Author:深沢 純二 junji fukasawa
海外在住 Quants Quantitative
クオンツ 美こそ強靭
完璧な数理思考術
賢明な投資とは
時間軸を中心とした 純粋幾何学
ロジカル特異技術
高度な専門知識
秩序正しい調和
芸術ですかと 訊かれる事に愉悦
経歴:autodidact
multilingual
幼少・プログラミング
中学・世界文学・美術
高校・西洋哲学・言語学
大学・国際金融・外国為替
macroeconomics
business management 考究
マーケティング・データ
定量分析研究システム
Quantitative Analysis
Research System creative
Neuro finance 考定
20代 教師から起業
司法試験・公認会計士予備校経営
数理クオンツ・テクニカル特化塾
稀覯本・古典籍・筆写本・
古文書・蔵書2万冊
ネットワークオンライン
subject of study:
metaphysics
形而上学心身論 藝術
マーケティング・プロセス
マネジメント・システム
経済学 経営学
ニューロ・セマンティック
NLP 古代哲学 ドイツ語
サンスクリット
多面的次元乖離
先史美術古代希臘印度
スペシャリストSpecialist
ジェネラリストGeneralist
多面的思索
著作権法保護
無断転載コピー禁止
日本銀行 様
Bloomberg 様
REUTERS 様
記事リンク許可済み

最近の記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Strong luck

decoboko.jp

Template by たけやん