FC2ブログ

知への投資は 最高の利潤を生む 17

知育研究 非線形・非推移的数論こそ王の中の王 成功悠々富裕福 814

tit for tat 戦略

マーケットを、経済問題としてではなく、純粋数学の問題として捉えられるようになると、確率は高度に安定し、利は飛躍的に増加する。そもそも現代経済学もサミュエルソン氏などにより数学を推論の軸として多用することによって大きく進歩した。物理現象も社会現象も心理現象も、数学的感性の影響は計り知れぬ。その無限性と稠密性は面白すぎる。言語思索と数学思索は、あらゆる知性の両輪。

7/12にIPO予定だったナインユーが中止

http://markets.nikkei.co.jp/kokunai/bunkatsu3.cfm?genre=o3&id=dd5ikz0206&date=20070706&PageNo=1

マーケットの名言

古今東西、大相場師と言われるほどの人は皆、利乗せが強く、引かれ腰が弱い人である。押目買い戻り売りという言葉が素人筋の心理に迎合した悪い言葉で、真理は上にも下にも、相場の波に乗った新高値買い、新安値売りである。

木佐森吉太郎『株式罫線の見方使い方』東洋経済新報社p94

(解説)利乗せが強いとは、利が乗っている銘柄はテコでも売らず買い乗せすること。一方、引かれ腰が弱いとは、少しでも損が発生したらサクサクとロスカットしてしまうこと。多くの投資家は日常の金銭感覚のままトレードをしているから、逆をしてしまいがち。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://dai25.blog71.fc2.com/tb.php/262-c2bfbe44

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

深沢純二

Author:深沢純二
知育理系研究
完璧な数理思考術
美こそ強靭
賢明な投資とは
時間軸を中心とした
純粋幾何学
ロジカル特異技術
高度な専門知識
秩序正しい調和
芸術ですかと
訊かれる事に愉悦

経歴:autodidact
multilingual
幼少・電子工学・無線電信
中学・世界文学・美術
高校・西洋哲学・言語学
大学・国際金融・外国為替
macroeconomics
business management
考究
マーケティング・データ
定量分析研究システム
Quantitative Analysis
Research System creative
Neuro finance
考定
20代後半
教師から起業
司法試験・公認会計士予備校
法律専門web特化塾
稀覯本・古典籍・筆写本・
古文書・蔵書2万冊
ネットワーク
オンラインシステム
年間300日海外
subject of study:
metaphysics
形而上学心身論 藝術
マーケティング・プロセス
マネジメント・システム
経済学、経営学
ニューロ・セマンティック
NLP、古代哲学
サンスクリット ドイツ語
多面的次元乖離
先史美術古代希臘印度
スペシャリストSpecialist
ジェネラリストGeneralist
多面的思索
著作権法保護
無断転載コピー禁止
日本銀行 様
Bloomberg 様
REUTERS  様
記事リンク許可済み

最近の記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Strong luck

decoboko.jp

Template by たけやん