FC2ブログ

知への投資は 最高の利潤を生む 17

知育研究 非線形・非推移的数論こそ王の中の王 成功悠々富裕福 814

景気後退

日本企業
もっと
大きくする

海外
konzern
コンツェルン
conglomerate
コングロマリット

印象だと
日本の企業は
世界規模からすると
やはり小さい

日本人が想定している以上に
急速に小さくなりつつある

海外目線からの
存在感は薄れつつある


もっと
もっと
大きな視点をもって
大きくなって良い

技術力も
知識も
伝統も
人材の優秀性も
十分にある


不足してるのは
経営者の視点

直近の流動性を見ても分かるが

トップの力量
その視点が
大いに不足している




8月
日本
鉱工業生産指数
前月比
1.3%低下
90.5

電子部品デバイス
情報通信機械
マイナス

9月低下予測
弱基調

日本経済
下振懸念

生産低下
求人足踏
海外減速

デフレ反映
消費者物価
4カ月連続
前年割

内需鈍化
海外経済減速

経済産業省
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MABSML0UQVI901.html





外需頼
景気シナリオ

修正

4─6月
鉱工業生産
前期比2.0%低下

7─9月
3.6%低下
減産幅拡大

10─12月
減産

3四半期連続
生産低下
可能性

8月
鉱工業生産

生産
10─12月
減少

実質成長率
2四半期連続
マイナス
可能性

エコカー補助金切
中国経済失速
尖閣問題
中国内
不買運動
長期化リスク

景気後退
可能性


景気
今年3月山

景気後退
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE88R02Y20120928







smooth jazz
santana
transcendance
http://www.youtube.com/watch?v=x_UsFT1Btb4&feature=g-vrec






マーケットの名言



That men do not learn
very much from the lessons of history is

the most important of all
the lessons of history.

Aldous Huxley 



人は

歴史の教訓から

多くを学ばない

ということが、


歴史の教訓
すべての中で
最も重要である。



(解説)



今度だけは異なる
今度だけは異なる
今度だけは異なる
・・・・

マーケットで
何度囁かれたことか
また
これからも囁かれる


賢明な投資家のとる態度が
ここから分かる












コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

深沢純二

Author:深沢純二
知育理系研究
完璧な数理思考術
美こそ強靭
賢明な投資とは
時間軸を中心とした
純粋幾何学
ロジカル特異技術
高度な専門知識
秩序正しい調和
芸術ですかと
訊かれる事に愉悦

経歴:autodidact
multilingual
幼少・電子工学・無線電信
中学・世界文学・美術
高校・西洋哲学・言語学
大学・国際金融・外国為替
macroeconomics
business management
考究
マーケティング・データ
定量分析研究システム
Quantitative Analysis
Research System creative
Neuro finance
考定
20代後半
教師から起業
司法試験・公認会計士予備校
法律専門web特化塾
稀覯本・古典籍・筆写本・
古文書・蔵書2万冊
ネットワーク
オンラインシステム
年間300日海外
subject of study:
metaphysics
形而上学心身論 藝術
マーケティング・プロセス
マネジメント・システム
経済学、経営学
ニューロ・セマンティック
NLP、古代哲学
サンスクリット ドイツ語
多面的次元乖離
先史美術古代希臘印度
スペシャリストSpecialist
ジェネラリストGeneralist
多面的思索
著作権法保護
無断転載コピー禁止
日本銀行 様
Bloomberg 様
REUTERS  様
記事リンク許可済み

最近の記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Strong luck

decoboko.jp

Template by たけやん