FC2ブログ

知への投資は 最高の利潤を生む 17

知育研究 非線形・非推移的数論こそ王の中の王 成功悠々富裕福 814

悠々とした歩みを

日経225先物テクニカル分析

(ザラ場終了後)

終値:17440円

寄り付き前に指摘しました17460円を、ぎりぎり超えられませんでした。

個別では連動銘柄の川崎汽船(東1:9107)の利食いで終了しました。

日本郵船(東1:9101)

商船三井(東1:9104)

これらが連動銘柄となります。

一銘柄が好材料を持ち上昇し始めますと、他の銘柄にも資金が流入し始め、プライスが連動してゆきます。

大衆心理の応用です。

始値:17460円

(寄り付き前)

本日の着眼点は、先物終値が17460円(先行スパン1)を超えられるかという点です。

日経もチャイナも、健全な上昇ではなく、オーバーシュートしています。

マーケットの名言

港にいる船は安全だが、それは船が本来造られた目的ではない。

ジョン・A・シェッド

「それでも私は力を抜いたままでいるよう誠心誠意苦心しているのです」

すると彼は答えていった。

「まさしくそのことがいけないのです。あなたがそのために骨折ったり、

それについて考えたりすることが。

一切を忘れてもっぱら呼吸に集中しなさい。

ちょうどほかには何一つなすべきことがないかのように」

オイゲン・ヘリゲル『弓と禅』福村出版p46

コメント

EMAIL:
IP:
深澤さん、今週トレードお疲れ様でした。いろんなことを今週も
教えてくださりありがとうございました。
少し、短期間225先物の加熱を感じています。3月末・4月始めは昨年も良かったので、気をつけたいと思っています。分足で
長いものは、少し下降が始まるチャートが見られました。日足は、
上昇傾向がまだ、見えますが・・実体のない線の部分が多い足が
3日間続きました。週足は、陽線になりました。06年12月の始めの
数値にも指標近いですが・・。週末ゆっくり見てみます。今週の
反省も含めてトレードを振り返りたいです。来週は、もう少し落ち着いた取引を目標にしたいです。回転売買を今日も多くしました。お休みだと、ついはりきって、トレードをしてしまいます。勝率は良かったのですが・・。反省もしています。売りポジに
しようかと思ったのですが、フラットポジになりました。思いきれなかったです。
深澤さん、よい週末をお過ごしください。いつも、ありがとうございます。

EMAIL:
IP:
自己への反省こそ、後の黄金となると思います。
反省し考えることが多いほど、宜しいかと思います。
真剣に考えた者のみが残ってゆけます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://dai25.blog71.fc2.com/tb.php/155-bd8c1031

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

深沢純二

Author:深沢純二
知育理系研究
完璧な数理思考術
美こそ強靭
賢明な投資とは
時間軸を中心とした
純粋幾何学
ロジカル特異技術
高度な専門知識
秩序正しい調和
芸術ですかと
訊かれる事に愉悦

経歴:autodidact
multilingual
幼少・電子工学・無線電信
中学・世界文学・美術
高校・西洋哲学・言語学
大学・国際金融・外国為替
macroeconomics
business management
考究
マーケティング・データ
定量分析研究システム
Quantitative Analysis
Research System creative
Neuro finance
考定
20代後半
教師から起業
司法試験・公認会計士予備校
法律専門web特化塾
稀覯本・古典籍・筆写本・
古文書・蔵書2万冊
ネットワーク
オンラインシステム
年間300日海外
subject of study:
metaphysics
形而上学心身論 藝術
マーケティング・プロセス
マネジメント・システム
経済学、経営学
ニューロ・セマンティック
NLP、古代哲学
サンスクリット ドイツ語
多面的次元乖離
先史美術古代希臘印度
スペシャリストSpecialist
ジェネラリストGeneralist
多面的思索
著作権法保護
無断転載コピー禁止
日本銀行 様
Bloomberg 様
REUTERS  様
記事リンク許可済み

最近の記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Strong luck

decoboko.jp

Template by たけやん