FC2ブログ

知への投資は 最高の利潤を生む 17

知育研究 非線形・非推移的数論こそ王の中の王 成功悠々富裕福 814

マネーマネジメント

日経225先物テクニカル分析

寄り付き前に書きました先行スパン2(16625)の手前で反発しました。

しかし、3/7に書きました17160円以下の終値です。

つまり、まだ明確な上昇波動のサインは出現していないと考えます。

明日終値で、17160円を上回れるかがポイントになると思います。

本日終値:17090円

本日は先の高値18310円(2/26)から9日目ですので、1波動の終了です。明日から新しい波動となります。


本日の売買報告

昨日の段階で、私は「売り」と「買い」の試し玉をそれぞれ1枚ずつ入れていました。

9時50分、明確に1分足一目均衡表の雲を上抜けましたので、売り玉をロスカットしあとは買い玉をどんどんたたみかけました。

17000円を超えたところで次々に利食いとなりました。このようにロスカットはあっていいのです。保険としてのロスカットがあるから、トータルとして平均値の法則により、確実に+となってゆけるのです。利が上がらないという方は、恐らくロスカットがその前にないと思います。そして、膨れ上がった損玉をいやいやながら返済していると思います。利益の予兆としてロスカットがあり、損失の予兆として小さな利食いがあります。ここでも平均値の法則が静かに働いています。引力を知ろうが知るまいが、絶えずこの力は、全ての人間に働いていることと同じです。

利益と損失は「表裏一体の現象」であることが分かれば、恐怖がなくなり強くなれます。どちらか好きなほうに自分でひっくり返せばよいのです。自分の玉をひっくり返すのは自分なのです。どちらか一方が成立すれば、もう片方は絶対に成立しないのです。しかも、マーケットは図体が大きいですので、加速度がつくと、分足レベルでは方向転換しづらくなります。この性質に乗っかればよいのです。



本日の着眼点(寄り付き前)

為替マーケットに注目してます。あと一段の円高を予測しています。

2006/5/17(108.96)を起点とする直近のサポートラインは3/2にブレイクしています。

115.15→ 114.43を目指す方向です。

日経225先物は、先行スパン2の16625円で反発できるか、

あるいはブレイクするかに注目しています。

投資家心理からすると、終値が16625の上か下かがポイントになると思います。

このラインを下ブレイクしますと、

雲下抜けですので、状況が更に悪化します。




マネーマネジメント

資金の管理のことです。自分には幾らトレード(余裕)資金があって、どれくらいの割合で増加しているかということです。

いくら本を読んでも、他人に聞いても分からないのが、この自己資金の管理(マネーマネジメント)方法です。

他人が話さない故に一番陰に隠れていますが、一番大切なのが、これです。何と言いましても、これができなくなれば、退場ですから。

プロであればあるほど、これに集中しています。これを基点に、トレードを考え組み立てるのです。

例えばロスカットにつきまして。同値で同じ建て玉をしても、ある方のロスカットラインは、別の方の押し目買い増しのラインかもしれません。

同じポジションでも、全く異なる行動となります。

何故でしょうか?

マネーマネジメントが異なるからです。

ご自分の一週間のトレードをノートに書き出してみる。プラスかマイナスか。マイナスならば、何をどのようにしなくてはならないのか。

ロスカットの回数が多すぎて、マイナスなのか。逆にロスカットが少なくて、結果としてマイナスなのか。

自分を見つめなくては、何も進歩上達しません。同じ失敗を繰り返すでしょう。

プロは自分自身に集中しています。自分の資金を見つめています。自分の資金を守れるのは自分しかいなからです。

自分で毎日書き込んだトレードノートの意義が、極めて深くなることがお分かりだと思います。

自分で建てた玉は、自分で追跡調査しないと、原因が分かりません。

自分で考え、自分で挑戦し、自分で傷つかなくては、何も分からないのです。

失敗を黄金に変える方法が、ここにあります。

ロスカットのヒント

例1:3回ロスカットが続いたら、その日は一切トレードをしない。回数は自分で決める。このような原則を一つ一つ作ってゆくのがシステム。自分のシステムは自分にしかつくれない。どの原則がどのように機能しているか、自分にしか分からない。

例2:何円以上ロスカットが続いたら、その日は退却。金額は自分で決める。一ヵ月後、自己資金が増加しているか、その逆か。逆だとしたら、来月はどうすればよいのか?



マーケットの名言

現在は銀行の倒産のような金融ショックが起こっても、株価が一時的に下落するだけですむだろう。

強気相場は、そうした小爆発にときおり見舞われながら続いてゆく。

そうしているうちに、だれも小爆発を恐れなくなる。

このときこそ、大暴落の条件が整ったときなのである。

ジョージ・ソロス『ソロスの錬金術』総合法令p222~223


私がマーケットで成功を収めたのは

違った視点で世の中を見ることができたからだ。

その国のことを知りたければ、闇屋と話をする方が、閣僚と話すよりもずっと多くのことを学べる。

旅の途中で死ぬことになっても、自分の情熱を追求して死ねるなら本望だ。

ウォール街で働きづめに働いて死ぬよりもいい。

ジムロジャーズ『世界大発見』日本経済新聞社

コメント

EMAIL:
IP:
元気がでます!

EMAIL:
IP:
深澤さん、トレード・お仕事お疲れ様です。
昨日のマーケットの名言 毎日の株価に神経質になって一喜一憂
しないで相場の中期的な見通しを立てる。そうなりたいと、思います。
ようやく、小額のロスカットをすぐに出来るようになったのですが
そうなると、もう少しよく見て売買をしなければと思います。
深澤さんは、一日どのくらい多い時で回数トレードをされますか。お尋ねしてごめんなさい。出来れば、よろしくお願いします。
後場も、いいトレードが出来ますように・・。いつも、ありがとうございます。

EMAIL:
IP:
ありがとうございます。多い日もあり少ない日もあり、様々です。他人の回数はあまり参考にならないと思います。ブログの「マネーマネジメント」を参考にして下さい。

EMAIL:
IP:
今日は自身の一日当たりの最高益を更新しました!昨日は資金の10%の損を出してしまいました。昨日はマイナス転落、今日はまたプラス転換です。
何だか週に一回、必ず大きな損を出す日があります。
我慢して利を伸ばせるかわりに、損も伸ばしてしまう、癖を直したいです。
正しいトレードを出来なかった日は反省してても精神的に辛いです。
これからも心に余裕がある日はカキコさせて貰います。
よろしくお願いします。

EMAIL:
IP:
ganさん。おめでとうございます!勝ち負けは表面的なものですので、いつも心と資金に余裕をもたれれば、トータルでは+となってゆくと思います。ブログの「本日の売買報告」もご参考にして下さい。乱高下の場面ですので、なおさら、ゆとりと笑顔が必要ですよね。

EMAIL:
IP:
深澤さん、ありがとうございます。マネーマネジメント参考に
なりました。まだ、未熟さを感じています。利益と、損出を
出しながら、工夫をしているつもりでした。でも、新たな失敗を
またしてしまいました。毎日、反省の日々です。マーケットは
ダメですよ。と教えてくれているようです。終わったことは
しかたありません。今後につなげて行きたいです。
明日から、また新しいスタートにします。これからも、よろしくお願いいたします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://dai25.blog71.fc2.com/tb.php/140-77b2bc69

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

深沢純二

Author:深沢純二
知育理系研究
完璧な数理思考術
美こそ強靭
賢明な投資とは
時間軸を中心とした
純粋幾何学
ロジカル特異技術
高度な専門知識
秩序正しい調和
芸術ですかと
訊かれる事に愉悦

経歴:autodidact
multilingual
幼少・電子工学・無線電信
中学・世界文学・美術
高校・西洋哲学・言語学
大学・国際金融・外国為替
macroeconomics
business management
考究
マーケティング・データ
定量分析研究システム
Quantitative Analysis
Research System creative
Neuro finance
考定
20代後半
教師から起業
司法試験・公認会計士予備校
法律専門web特化塾
稀覯本・古典籍・筆写本・
古文書・蔵書2万冊
ネットワーク
オンラインシステム
年間300日海外
subject of study:
metaphysics
形而上学心身論 藝術
マーケティング・プロセス
マネジメント・システム
経済学、経営学
ニューロ・セマンティック
NLP、古代哲学
サンスクリット ドイツ語
多面的次元乖離
先史美術古代希臘印度
スペシャリストSpecialist
ジェネラリストGeneralist
多面的思索
著作権法保護
無断転載コピー禁止
日本銀行 様
Bloomberg 様
REUTERS  様
記事リンク許可済み

最近の記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Strong luck

decoboko.jp

Template by たけやん