FC2ブログ

知への投資は 最高の利潤を生む 17

知育研究 非線形・非推移的数論こそ王の中の王 成功悠々富裕福 814

バンドワゴン効果

日経225先物日足テクニカル分析

次なる重要なプライスは、1/11の安値16770円である。

2/26までの上昇トレンドは、この1/11から始まった。

26週移動平均も16743円であり、月足9ヶ月移動平均が16632円。

16770円で下げ止まるようだと、上昇波動中段でのS字波動が効いているといえる。上昇波動復帰の可能性が高い。

しかし、この16770円を明確に割りこむようだと、次なる下値メドは、2006/11/27の15610円となる。

2006/4/7から2006/6/14が前回の大きな調整。

このときは、次の通り3560円の調整である。

17580:2006/4/7高値

14020:2006/6/14安値

窓空け急落チャートを重視すれば、直近の調整で似ているのがこの時であろう。

また、6/14→11/27の下値支持線を延長すると、16500円処となる。52週移動平均が16380円である。

その11/27から65日目が2007/3/2である。

以上を総合すると、来週は16500円を下値メドとして反発するならば、まだ上昇トレンドにあると言える。

16500円を下ブレイクするならば、もう一段下げがある。

日経225先物週足テクニカル分析

10760円:2005/4/22安値

17580円:2006/4/7高値

つまり、前回週足波動は、6820円

今回上昇波動は次の通り

14020円:2006/6/16安値

18310円:2007/3/2高値

つまり、今回週足波動は、4290円

前回の63%程度の上昇となっている。

これを前回の天井をつけた週足レベルの上昇波動と比較してみる。

12780円:1998/10/9安値

18620円:1999/7/16高値

この間の上昇は5840円

16600円:1999/9/24安値

20820円:2000/3/31高値

この間の上昇は4220円

つまり、72%程度の上昇となり、天井となってる。

この時も天井をうつ直近にプライスは1450円急落している。

20170円:2000/3/10

18720円:2000/3/17

つまり今回の18310円が天井であるにしては、上昇幅が10%程度不足していると言える。

週足RSIが面白い。

2006/3/3 46.11%

2007/3/2 48.54%

このように、ちょうど一年前と同じ水準であり、90%以上から下落してこの水準と直近の動きも類似している。

ちょうど一年前はここから4/7の天井まで反発上昇している。

以上、テクニカル的に見て、週足、日足から総合的に考察すると、今回の急落は下降トレンド入りというよりは、天井をつけに行く前の調整急落である確率の方が高いと言える。

以上、あくまで確率論による理論値である。マーケットは確率論で説明できることもある。

例えば、成功率70%とすれば、類似ケースの10回中7回は予測通りになり、3回はそうならないということである。

マーケットは理論値に向かい、オーバーシュートし、また理論値に向かうという繰り返しである。

オーバーシュートは、投資家にとっては好機である。

また、トレードには柔軟性が必要である。一つの意見に固着するのは、視野を狭め、良い結果とならない。

しかし、常勝トレーダーがいることもまた事実である。

常勝トレーダーは、どのような状況でも利を上げられる技術を有しているのだ。

今はトレーダーが試され淘汰されている時期。

このような時期に、勝ち続けられるトレーダーは強い。

オリバー・ベレス『デイトレード』をお読みの方は、現在のマーケットにはバンドワゴン効果が働いていることがお分かりだと思います。

大切なことは、今回の急落が例外的な特異現象ではなく、マーケットの常態であり、本質であるということです。

マーケットの本性とは、直近8日間の乱高下に凝縮されています。こういうものなのです。

これがマーケットの本質であると分かれば、次なる一手も自ずと浮上してくると思います。

ご質問を頂きました。

『15時から最後10分の動きは予測可能なものなのでしょうか?』

以下回答となります。

その日中に手仕舞うデイトレレベルですと、分足に特化したトレーニングを積めば90%以上は予測可能だと思います。

しかし、15時からは、別の新しい相場に入ったと思われたほうがよろしいと思います。

それまでの波動とは異なる場合も多々ございます。理由としましては、機関投資家などの手仕舞いが入るようです。

それまで下落基調で来ていたのが、15時前後を境に逆行することも、あるいは本日のように下げ加速することも、ございます。

1分足のリズムをよく観察されれば、良いトレーニングになると思います。ご自分の気に入った指標を、常に定点観測して下さい。

そうしますと、先物特有のリズムが分かってきます。先物には特有の動くリズムがあります。

名曲を言葉で説明できないように、この分足リズムも、言葉では説明できません。

毎日、出来る限り長時間見続けるトレーニングをする以外にないと思います。

しかし、熱心にすれば、必ず上達する技術でもあります。

私が1分足で見ている指標は次です。

MACD

パラボリック

ボリンジャーバンド

移動平均(17,33,76分ライン同時表示)

一目均衡表

経験を積みますと、この指標のこういうときは、こうなる(上か下に行く)というパターンが分かってきます。

このパターンが多ければ多いほど、予測は精密になります。

失敗しましたら、ザラ場終了後、分足をプリントアウトして、ボールペンで、入った地点とか理由を書き込みます。

入ったことが間違いだったのか、マーケットの方がイレギュラーなのかと、良く観察して理由を考えます。

これが、後々の財産となります。

このようなトレーニングを繰り返されると、トレードセンスが磨かれ精度が向上すると思います。

ganさんは本日後場に売られたそうですが、すばらしいセンスだと思います。本日は難易度の高い売りだったと思います。

ちなみに私は、13時20分の1分足陰線が均衡表の雲上限に見事に跳ね返されたので、ここから売りをたたみかけて行きました。

マーケットの名言

歴史は繰り返す

クルティウス・ルーフス(ローマの歴史家)

三位の秘法

二つで仕舞って(二番天井で売って)

三つで十分(三回目で全部利食いして)

四つで転じる(四回目はドテンで転じる)

本田宗久(ローソク足の創始者)

博学の司祭よりも、畑で鋤をひいている少年の方が聖書についてもっとよく知っている

William Tyndale

コメント

EMAIL:
IP:
昨日はお返事ありがとうございました。
後場の下げトレンドを見極めるのに時間をかけすぎました。
攻防戦の下で売りエントリーしてしまったので、冷や冷やでした。
技術が下手な分、利食いを遅くして時間を味方につけたいと思っています。今日はそれが最大限に活きてくれました。
一つお聞きしていいですか。15時から最後10分の動きは予測可能なものなのでしょうか。

EMAIL:
IP:
ご質問ありがとうございます。
少し長くなりそうですので、上のブログに書きます。

EMAIL:
IP:
深澤さん、先日はお返事をありがとうございました。はい。商品の価格、石油元売企業の株価をよくわかるよう、ノートに工夫を
して書き込みを始めました。金価格など資源価格も同様に始めました。今は、為替と株の影響をとても、感じています。

今週も、たくさんのことをブログで学べることができました。
ありがとうございました。

EMAIL:
IP:
bleuさん。早速ご実行されて、偉いですね。その通り、日本は輸出産業が重要ですので、為替の影響は大きいですよね。
商品は株のファンダメンタルズになっていると思います。

EMAIL:
IP:
こんにちは。深澤さん、ありがとうございます。為替円高が進んでいます。深澤さんのテクニカル分析も参考に、自身でも調べて来週の相場のぞみたいです。
寒い日が続いています。お体を大切にしてください。
良い週末をお過ごしください。これからも、よろしくお願いいたします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://dai25.blog71.fc2.com/tb.php/135-364f4120

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

深沢純二

Author:深沢純二
知育理系研究
完璧な数理思考術
美こそ強靭
賢明な投資とは
時間軸を中心とした
純粋幾何学
ロジカル特異技術
高度な専門知識
秩序正しい調和
芸術ですかと
訊かれる事に愉悦

経歴:autodidact
multilingual
幼少・電子工学・無線電信
中学・世界文学・美術
高校・西洋哲学・言語学
大学・国際金融・外国為替
macroeconomics
business management
考究
マーケティング・データ
定量分析研究システム
Quantitative Analysis
Research System creative
Neuro finance
考定
20代後半
教師から起業
司法試験・公認会計士予備校
法律専門web特化塾
稀覯本・古典籍・筆写本・
古文書・蔵書2万冊
ネットワーク
オンラインシステム
年間300日海外
subject of study:
metaphysics
形而上学心身論 藝術
マーケティング・プロセス
マネジメント・システム
経済学、経営学
ニューロ・セマンティック
NLP、古代哲学
サンスクリット ドイツ語
多面的次元乖離
先史美術古代希臘印度
スペシャリストSpecialist
ジェネラリストGeneralist
多面的思索
著作権法保護
無断転載コピー禁止
日本銀行 様
Bloomberg 様
REUTERS  様
記事リンク許可済み

最近の記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Strong luck

decoboko.jp

Template by たけやん