成功名言 悠々富裕福 深沢純二

ココロほど世に面白きものはなし 非線形・非推移的数論 忘己観物・忘物観道

ピカソ的大晦日

勝てる理由がはっきり分かること


トレードにおいては、勝てる理由が明確に分かることが、必要であろうと思われる。
そうでなければ、その勝ちはたまたまであると思われる。


マーケットの世界では、勝てば官軍という訳ではない。

むしろ、たまたまにたまたまが重なって勝って行く錯誤の勝利の方が、やがては、恐ろしい結果を招来する。

年末年始は、トレーダー仲間と話し合い、あるいはご自分でじっくりと、一年の損益計算書を見つめ、復習しよう。
トレーダー仲間の貴重な黄金の一言は、正に値千金と言えるだろう。

袋小路に陥っている方は、その脱出方法が分かる。


トレードとは、何の準備もなく、何の思考も無くて、長く存命できるものではない。
これは、歴史が事実をもって教えてくれている。
しかし、やるべきことをしている方にとっては、それほど、難しいものでもなかろう。






一日12時間
マーケットを研究している


12時間と言えば、例えば朝9時から夜9時まで。
これができる人は、間違いなく勝ちトレーダーになれる。
なぜか?

仮に、ものすごく意志の強い方がいるとして、意志の力だけでも、2時間くらい集中して研究できる。
しかし、それ以上は長続きしまい。
人間の大脳は、嫌なことは、長続きしないようにできているからである。

ところが、一日12時間の長時間に渡りマーケットの研究ができるとは、その方の脳内には、研究の最中にβエンドルフィンなど、脳内麻薬物質が噴出していることになる。

つまり、ある種の陶酔状態で、研究に没頭していることになる。

面白くて、面白くて・・・・熱狂熱中しているという、名人・達人の状態である。

このような状況になれば、成功は保証されたも同然である。








テクニカル指標


NYDOW +3.10 (+0.03%)の 10,548.51 と年初来高値更新
Nasdaq +2.88 (+0.13%)の 2,291.28
S&P +0.23 (+0.02%)の 1,126.42

ドル円 92

CMEドル建て10670 ( 大証終値比 +130)、円建て10625( +85)
CRBコモディティ指数は、0.10ポイント(0.04%)安の 283.63



東一騰落レシオ25は、0.3ポイント上昇の 112.1 ( 12/30 )
日足レベルでは、オーバーシュートゾーンである
日経先物サイコロジカルライン日足は 50.00%






年明け
株式市場
波乱含み
為替
アローヘッド
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-13157820091230




JAL
法的整理策
一般商取引
支援機構
保証
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-13158020091230





政府
2020年
名目GDP1.4倍に
名目3%
実質2%成長
約100兆円超
需要
掘り起こし
約476万人
雇用創出
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=agUKKZ3JJJ9w






新たなフロンティア
開拓
成長戦略
鳩山首相
記者会見
実行力なければ
絵に描いた餅
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091230/plc0912302031015-n1.htm










マーケットの名言.1

昔、母は私にこう言った。

お前が軍人になれば、
将軍となるでしょう。
修道士になれば、
法王となるでしょう。

そして私は画家となり、
ピカソとなった

パブロ・ピカソ








マーケットの名言.2

たった一人で、
サンドバッグをたたき続ける。
冷たい練習場で。
辛くて泣きそうになる。
練習が。
試合の方がよっぽど楽。

魔裟斗選手

(解説)

あの魔裟斗選手にして、この言あり。
今夜は、彼の引退試合。


大納会

日経225先物テクニカル分析


(大引け)


始値:10680 高値:10730 安値:10530 終値:10540

出来高微増、ボラ拡大-200中陰線は、抱き線。
酒田五法からは、最後の抱き線となり、トップ天井暗示となる。

高値10730と、24月移動平均線ワンタッチ後の急落は、その象徴とも言える。

新春相場への恐怖心からの玉引きが、まざまざとあった。

最後まで、テクニカル分析に忠実な値動きは、テクニシャンにとっては、面白かった。


年初の明るい材料を探そうとするが、デフレスパイラルに、銀行増資、内閣支持率低下、墜落寸前のJALと、あまり見当たらないのが現状マーケット。




低空飛行
JAL
60と値を沈める
連日の上場来安値更新




(寄り付き前)


NYDOW -1.67 (-0.02%)の 10,545.41 とマイ転は7日ぶり
Nasdaq -2.68 (-0.12%)の 2,288.40
S&P -1.59 (-0.14%)の 1,126.19




年内最終取引日・大納会の本日は、arrowhead 移行へのご祝儀相場となるか、否かがポイント。
オーバーシュートの中、24月移動平均線10736の試し再びとなる。

この重要ラインを越えて終了できるならば、先高感がある。

11/30安値9000からのN字型上昇ならば、高値メドが11000と予測計算できる。

12/2の時点で、はやばやとテクニカル分析できていたように、alternation:オータネーションの法則がきっちり働いてのN字。



月足レベルの話になると、新春1月の日経平均累積過去データは、一年で一番良い。
つまり、累積過去データからは、一年で一番上昇しやすい月が1月と言える。
もっとも、2008年、2009年と、直近二年は連続して陰線である。




ドル円91後半

CMEドル建て10735 ( 大証終値比 +85)、円建て10690( +40)
CRBコモディティ指数は、0.72ポイント(0.25%)安の 283.73


東一騰落レシオ25は、0.8ポイント上昇の 111.8 ( 12/29 )
日足レベルでは、オーバーシュートゾーンである
日経先物サイコロジカルライン日足は 58.33%






増資ラッシュ
自己資本
積み増し
今年
増資額
6兆円超
バブル崩壊後
最大
株価
重し
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/091229/biz0912291732014-n1.htm






三井住友FG社長
自己資本
出遅れず
競争力維持
増資
検討へ
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=afsW5vMT8Y3E





ドル91円後半
年末ドル需要
実需売り
吸収
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-13143220091229





資産売却
検討課題
今は時期ではない
日立
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-13144620091229





誤発注
午前株価指数先物市場
短期
反対売買
225型
999株
複数注文
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=an5fUOs.ccTk










マーケットの名言

実の商人は、
先も立、
我も立つことを思うなり

石田梅岩

(解説)

石門心学は、何も無かったところから身を起こした松下幸之助氏の心の支えでもあった。

平凡の力

日経225先物テクニカル分析


(大引け)

始値:10630 高値:10720 安値:10590 終値:10650

寄り付き前に指摘した24月移動平均線 10732を、9時20分に10720と叩きに来た。
その後は、上影を引きながら失速。

テクニカル分析による予測計算通りの展開。




(寄り付き前)


NYDOW +26.98 (+0.26%)の 10,547.08と 年初来高値更新は、2営業日連続、6陽連
Nasdaq +5.39 (+0.24%)の 2,291.08 と年初来高値更新は、5営業日連続
S&P +1.30 (+0.12%)の 1,127.78




本日の日経先物は、テクニカル的には既にオーバーシュートゾーン突入である。
24月移動平均線 10732ワンタッチになるか、否かがポイント。
オーバーシュートと、年末特有のラリーとの鬩ぎ合いとなる。


24月移動平均線 10732
5 日移動平均線 10526



ドル円 91 コンティニュエーション

CMEドル建て10660 ( 大証終値比 +30)、円建て10600( -30)
CRBコモディティ指数は、3.53ポイント(1.26%)高の 284.45


東一騰落レシオ25は、5.8ポイント上昇の 111.0 ( 12/28 )
日足レベルでは、オーバーシュートゾーンである
日経先物サイコロジカルライン日足は 50.00%





昔日の夢
日本経済
栄華
7割が泡
3万8915円
坂道下る
日本株20年
再浮上へアジア
改革の壁
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aVz1PhQVfmZk





使命忘れた
太った猫
ウォール街
公的資金
自己利益
追求
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/091228/mcb0912280503001-n1.htm




米クリスマス商戦
売上高
3.6%増
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-13131420091228








マーケットの名言

単調とか平凡なことほど、すごく大切な部分があるんですよ。
そう思います。
たいへんだけど、でも、最低でも生きてるわけでしょ。
それで幸せですよ。
それを考えれば、なんで頑張れないかって、そう思いますよ。
生きてて幸せじゃないですか。
それだけで、頑張ろうって気になりますよ。
やるか、やらないかですよ、人生は。
やればそれだけのものが返ってくるし、やらなければそのままですよ。
なんにもない。

桑田真澄氏

(解説)

プロフェッショナルほど、単純な努力を積み重ねてゆく時の、とてつもない威力を熟知している。
素人ほど、それを軽んじる。







※ 2010年1月分パスワードをすべてのクラスの方に送付しました。
月払いでお手続きが未だの方は、お手数で恐縮ではございますが、先月同様に更新継続のお手続きをお願い申し上げます。
年末年始は金融機関のお休みと混雑があるため、お手続きが遅れますと、年明けの可能性もございます。

皆様の更なるご成功をお祈りしています。

英邁闊達

日経225先物テクニカル分析


(大引け)

始値:10520 高値:10670 安値:10510 終値:10630

出来高増、上影陽線は、ボラ拡大上値追い。
高値10670は、12/22寄り付き前に指摘した24月移動平均線10732に接近。

テクニカル分析と、日経平均累積過去データに忠実な、年末ラリー。


個別銘柄・新興市場も面白く、入るべき銘柄、セクターには、それなりに玉が入っている。



(寄り付き前)


2009年12月の最終週は、本日を含めあと3営業日。
大納会へかけての最終週は、会社員投資家が、ザラバも参加するため
日経平均累積過去データの週足数値は良い。


本日の日経先物は、12/24短期高値10560試しとなる。
イブニングセッションで10550と10まで迫る値を刻んでいる。
会社員投資家がここまで買い上がることができるか、否かがポイント。

ボラ拡大は、想定内。


今年末である今週は、来春1/4大発会からのarrowhead開始へ向けての、仕掛けポジションも充分想定されるという特異なタイミングである。
確実に言えることは、ポジション取りと玉逃げは、今まで以上に面白くなる。


インフラ改革となるarrowheadは1/4大発会からであるから、当然のことながらその前日の1/3までには各投資家のパソコンにリリース済みあり、事前準備が充分に整っている証券会社でなければならない。

来年は、ネット証券の淘汰も進むであろう。




ドル円91 コンティニュエーション





先週末テクニカル指標再掲


東一騰落レシオ25は、0.4ポイント上昇の 105.2 ( 12/25 )
日足レベルでは、オーバーシュートゾーン突入
日経先物サイコロジカルライン日足は 41.66%





年明け以降
増資続く
市場
不安材料
上場企業
公募増資
5兆円
過剰感
http://www.asahi.com/business/update/1226/TKY200912260325.html





11月
外食売上高
過去最大
マイナス
値下げ戦争
単価激減
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/091225/biz0912251515010-n1.htm









マーケットの名言

天才の秘密は
子供の時の精神を
大人になっても持ち続けられる
ということだ。
つまり、それは、自分の情熱を
失わないということである。

アルダス・ハックスリー








※ 月替わり更新のお知らせ

月払いの方は、お手数で恐縮ではございますが、お早めに、先月同様に更新継続のお手続きをお願い申し上げます。

年末年始は、金融機関のお休み、データ処理の遅れ、混雑等が例年予想されます。
余裕をもたれ、お早めのご更新手続きをお願い申し上げます。

皆様の更なるご成功をお祈りしています。

有智高才

欧州株
大幅高
来年も持続
企業利益拡大
牽引
強気予測
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/091226/mcb0912260506005-n1.htm




消費
結びつかない
鳩山予算
経済界
冷ややか
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/091225/fnc0912252354035-n1.htm




内閣支持率
47%
急落
献金説明
76%
納得できず
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091226/plc0912261629009-n1.htm









マーケットの名言

心が明るいから、
幸せへの感性も鋭くなる。

しあわせを容易に発見するから、
心がまた明るくなる、
という循環をくり返すわけである。

幸福な人とは
みなそういうものなのであろう。

桜木 健古

自分に出会う

arrowhead


あと4営業日後には
arrowheadへ移行となる。
ご自分の証券会社が、
arrowheadへ迅速に対応できているか
チェックは必要であろう。
arrowheadのポイントは以下。

約定処理高速度化
信頼性向上
世界最高水準取引所システム
連続約定気配売買制度変更
板情報本数拡充


ページの下の方で
arrowhead稼働後の板の動き
シミュレーション画面が、見られる

http://www.tse.or.jp/rules/stock/arrowhead/pamphlet.html

注意点は、この動画はスロー再生であるという点である。
つまり、実際の体感速度は、これ以上。

板を見ながらスキャルピングをされるトレーダーにとっては、
変革と言えるスピード感。

http://www.tse.or.jp/rules/stock/arrowhead/info.html


物事が変革される時には、必ず新しいチャンスが派生的に生まれる。
その黄金のチャンスは、準備をしている者に訪れるだろう。


連動性と波及効果を説いている本ブログにとっては、東証と証券会社が全面的に協力してくれて、
より優位性と確実性のある最高のトレードの場を与えてくれることになる。








週末テクニカル指標



東一騰落レシオ25は、0.4ポイント上昇の 105.2 ( 12/25 )
日足レベルでは、オーバーシュートゾーン突入
日経先物サイコロジカルライン日足は 41.66%


アメリカ、ロンドン市場などは、クリスマスのため休場






ブレーン不在
問題解決力
欠如
4つの懸案
露呈
鳩山内閣
弱点
http://diamond.jp/series/machida/10106/




政府
92.3兆円
来年度
一般会計予算案
決定
新規国債
44.3兆円
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=a_aNnMBasLjI




来年度予算
社会保障
9・8%増
歳出
国債新規発行
過去最高
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/091225/mca0912251827033-n1.htm





中国
2008年
GDP
伸び率
9.6%
上方修正
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-13113120091225





高島屋
10年
2月期
営業収益予想
下方修正
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-13114720091225








マーケットの名言

自分に出会えない人生は、
他者とも出会えない。

伊丹十三

(解説)

分かっているようでいて、一番分かっていないのが、自分自身のこと。
私とは、誰?
私とは、何者?
という根源的な問いは、一生続く。
その答えは、その方の人生そのもので証明しなくてはならない。

潜勢力

日経225先物テクニカル分析


(大引け)

始値:10520 高値:10530 安値:10470 終値:10510

出来高減、下影コマ陰線は、ファンダメンタルズ悪化に加え、政治的悪材料もマイナス要因で失速。
12/24短期高値決定。




(寄り付き前)



NYDOW +53.66 (+0.51%)の 10,520.10 と薄商いの中、年初来高値更新
Nasdaq +16.05 (+0.71%)の 2,285.69 と、こちらも年初来高値更新
S&P +5.89 (+0.53%)の 1,126.48と、こちらも年初来高値引け



本日の日経先物も、薄商いの中、24月移動平均線10727、そのすぐ上の8/31高値10770トライとなる。
このトライで、一旦は目先達成感が出るか、否かがポイント。


ドル円91コンティニュエーション


CMEドル建て10575 ( 大証終値比 +65)、円建て10515( +5)
CRBコモディティ指数は、1.56ポイント(0.56%)高の 280.92


東一騰落レシオ25は、7.5ポイント上昇の 104.8 ( 12/24 )
日足レベルでは、オーバーシュートゾーン突入
日経先物サイコロジカルライン日足は 41.66%




デパート

久々に都内のデパートに行った。
いくらデパートの売り上げが落ちていると言っても、時期が時期だけに、ものすごい人だかりであった。
レジも長蛇の列である。
他人目線で選択するクリスマスプレゼントという特異な品物を物色し、購入するには、多彩な専門店の集積であるデパート=百貨店という出店形式が、やはり、最適であろうか。いろいろな実物を手にとって見られるというメリットは、大きい。







住宅
ローン・デフォルト
第2波
貸し倒れ損失
溺れる
アイルランド
ゾンビ銀行
悲観論大家
警告
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aRouXT1kA93I




10-12月
大企業
景況判断
2期ぶり
マイナス
円高など影響
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aD6_JIxLV2YI




実質成長率
1.4%
調整
政府見通し
デフレ
脱却視野
http://www.asahi.com/business/update/1224/TKY200912240198.html




2010年
乗用車需要
4.1%増
見通し
自工会
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-13096820091224




日銀
演出する
円売り
株買い
行動なければ反動
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-13092020091224










マーケットの名言

潜在意識の最大の敵は
恐怖心です。
あなたが潜在意識を活用したいと思うなら、
心の中からまず無用な恐怖心を
取り去る必要があります。

ジョセフ・マーフィー

空空寂寂

日経225先物テクニカル分析


(大引け)

始値:10350 高値:10560 安値:10330 終値:10510

出来高増、ボラ拡大+230陽線は、テクニカル分析通りの上昇。
四陽連。

12/22寄り付き前に指摘した24月移動平均線10728を目指している。



(寄り付き前)


NYDOW +1.51 (+0.01%)の 10,466.44 と、小動き
Nasdaq +16.97 (+0.75%)の 2,269.64
S&P +2.57 (+0.23%)の 1,120.59


本日の日経先物は、レジスタンスライン上抜けであるから、定型的な上昇トレンドであることは、テクニカル的には言える。日経平均累積過去データも良い。
しかし、クリスマスの薄商い、玉逃げ等のトリッキーな値動きも想定される。
これらに翻弄されないかが、ポイントとなる。


ドル円も91の中での往って来いと、不安定な値動き
84からの円安なので、相対的に円安かという錯覚があるが、輸出関連主要企業の想定レートは90円前後が多い。
つまり、現状でニュートラル。




鳩山政権への支持率が、当選時の70%以上という人気内閣から、100日を経過した直近は50%割れと急落している。
求心力の低下。
消去法で選択された政権の正念場ではある。


都市部でビジネスを展開されているいろいろな方面から実体経済の話を聞いても、良い話はあまりない。
その多くは、昨年の年末より悪いのでは、との声。



CMEドル建て10510 ( 大証終値比 +160)、円建て10460( +110)
CRBコモディティ指数は、4.47ポイント(1.63%)高の 279.36



米国債
10年債利回り
8月来最高
住宅販売増
反応
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=a6ybwflbi2l4




チャイナマネー
猛威
海外M&A
過去最大
350億ドル規模に
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/091223/fnc0912231806013-n1.htm




松坂屋
名古屋駅店
来夏にも閉鎖
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091223AT2F2205V22122009.html










マーケットの名言

練習をしない者は、勝てない

伊調千春選手

一意専心

テクニカル指標



NYDOW  +50.79 (+0.49%)の 10,464.93
Nasdaq +15.01 (+0.67%)の 2,252.67
S&P +3.97 (+0.36%)の 1,118.02  


ドル円91後半円安方向


CMEドル建て10480 ( 大証終値比 +130)、円建て10430( +80)
CRBコモディティ指数は、0.11ポイント(0.04%)高の 274.89



東一騰落レシオ25は、6.2ポイント上昇の 97.3 ( 12/22 )
日経先物サイコロジカルライン日足は 41.66%








前年同月比
8・0%減
12か月連続
マイナス
スーパー売上高
13兆円割れ
21年ぶり
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20091222-OYT1T01086.htm





景気
自律性に乏しい
判断据え置き
12月
月例経済報告
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-13070420091222



シャープ
三菱電機
昭シェル
2010業界展望
太陽電池

先手必勝
広い国土魅力
相次ぐ工場新設
http://www.sankeibiz.jp/business/news/091222/bsc0912220500000-n1.htm




安藤忠雄先生
http://www.youtube.com/watch?v=76bvcO3h_yo










マーケットの名言

相場持ち合いとなれば、
同数の取り合いなり。

逆向いを可とする。


相場古諺

知る

日経225先物テクニカル分析


(大引け)

始値:10180 高値:10380 安値:10160 終値:10350

出来高増、+220陽線は、昨日寄り前に指摘したボラ拡大が、一日遅れでやって来た。

上海はマイナス圏推移の中での似合わぬボラ拡大は、綾戻しの可能性が高い。

テクニカル的には、先に提示してあるように、予測計算通りの上伸。



(寄り付き前)


NYDOW +85.25 (+0.83%)の 10,414.14 と続伸。
Nasdaq +25.97 (+1.17%)の 2,237.66
S&P +11.58 (+1.05%)の 1,114.05



本日の日経先物は、12/17高値10260を、終値で充分越えられるか、否かがポイント。
仮にそうなれば、レジスタンスライン上抜けとなり、薄商いの中弱弱しいシグナルではあるが、
先高感を示すことになる。

10/26中期高値10410

テクニカル分析をご研究されている方には、
本日までの日経先物は、アーサー・メリルのM16パターンとなっている。


24月移動平均線10715



明日は祝日。



ドル円 91で円安傾向

CMEドル建て10310 ( 大証終値比 +120)、円建て10265( +75)
CRBコモディティ指数は、1.36ポイント(0.49%)安の 274.78

東一騰落レシオ25は、0.6ポイント下落の 91.1 ( 12/21 )
日経先物サイコロジカルライン日足は 41.66%







arrowhead
2010年1月4日
稼動
高速取引
証券業界
格差拡大
古典的なディーリング売買ができなくなる
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-13044320091221




11月
対アジア輸出
4.7%増
貿易黒字3739億円
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20091221-OYT8T00836.htm





UAEか
アブダビ
2010年
ドバイ支援
可能性
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-13045120091221





ドバイ・ワールド
返済停止案
スタンドスティル
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=acIA0QSzsONs





FRB議長
デフレ克服
TIPS
米国債
利回り格差
示唆
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aHp8hN87qJzo




大手ゼネコン
内憂外患
政策不在
ドバイショック
直撃
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/091221/biz0912211904040-n1.htm









マーケットの名言

人間が不幸なのは、
自分が幸福であることを
知らないからだ。
ただ、それだけの理由なのだ。

ドストエフスキー

和顔愛語

日経225先物テクニカル分析


(大引け)

始値:10150 高値:10210 安値:10150 終値:10190

出来高急減、上影コマ陽線は、硬直商状。
安値は5日移動平均線10146に支えられた。




(寄り付き前)


日経平均累積過去データからだと、今週足の数値は良い。
外資はクリスマス休暇モードへ。

日経先物は、重要レジスタンスラインを、先週は上下にブレイクしている。
どちらかがトラップ。

薄商いボラ拡大、振らされる展開は想定内。


9日移動平均線 10083
26週移動平均線 10025
13週移動平均線 9910
17日移動平均線 9914



今週は 23日 水曜日が祝日でお休み。




今年は、本日を含め、あと7営業日

自分の心の中の言語が

「もある」と続くのか、
「しかない」とつぶやくのか。

外界は、思った通りに反応してゆく。




大納会と大発会の日程は次の通り。
今年からは半日ではなく、終日立会となる。

2009年12月30日 水曜日 大納会
2010年 1月 4日 月曜日 大発会

イブニングセッションも通常通り


ドル円90と、やや円安





先週末テクニカル指標再掲

NYDOW +20.63 (+0.20%)の 10,328.89 と、わずかなプラ転
Nasdaq +31.64 (+1.45%)の 2,211.69 と、こちらは上伸幅がそれなりにある。
S&P  +6.39 (+0.58%)の 1,102.47

CMEドル建て10160 ( 大証終値比 +20)、円建て10115( -25)
CRBコモディティ指数は、0.01ポイント(0.00%)高の 276.14

東一騰落レシオ25は、4.7ポイント上昇の 91.7 ( 12/18 )
日経先物サイコロジカルライン日足は 41.66%








急落
内閣支持48%
首相
指導力
疑問符
http://www.asahi.com/politics/update/1220/TKY200912200296.html





経済運営全体
見渡す
司令塔
不在
経済乱世
始まりか
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/091220/fnc0912200754001-n1.htm





FDIC
更なる
増加予想
加州
2行など
7行
経営破綻
今年の米銀破綻
合計140行
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=a029fP2U82N8









マーケットの名言

和顔愛語
先意承問

『大無量寿経』

(解説)

わげんあいご
せんいじょうもん

和顔とは、やさしい顔。
愛語とは、愛情に満ちた言葉。

先意承問は、意(こころ)を先にして承問(じょうもん)す

と読み下す。

インスピレーション

商業不動産
地銀に火種

デフォルト率上昇
揺らぐ経営
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/091219/mcb0912190509012-n1.htm




中国
販売網
薬局にも拡大
資生堂
3月に新ブランド
http://www.asahi.com/business/update/1217/TKY200912170429.html




クラウン・ジュエル
倒産に至る道
JALとダイエー
共通点
http://president.jp.reuters.com/article/2009/12/17/AC984C42-E48F-11DE-9B0A-DEE93E99CD51.php










マーケットの名言

インスピレーションが湧かないときは
こっちから迎えにいく。

フロイト

勤勉は最良の名薬

週末テクニカル指標



NYDOW +20.63 (+0.20%)の 10,328.89 と、わずかなプラ転
Nasdaq +31.64 (+1.45%)の 2,211.69 と、こちらは上伸幅がそれなりにある。
S&P  +6.39 (+0.58%)の 1,102.47

CMEドル建て10160 ( 大証終値比 +20)、円建て10115( -25)
CRBコモディティ指数は、0.01ポイント(0.00%)高の 276.14


東一騰落レシオ25は、4.7ポイント上昇の 91.7 ( 12/18 )
日経先物サイコロジカルライン日足は 41.66%





日銀
デフレ脱却へ
0%以下許容せず
物価安定
理解明確化
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aJeqQO2m4G4c






需要不足35兆円
需給ギャップ
マイナス幅拡大
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20091120-054987/news/20091215-OYT1T01381.htm





デフレ退治へ
物価
マイナス許容せず
日銀
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20091218-OYT1T00709.htm






シナリオ
来年の主要リスク
円高
デフレ
想定される
日銀追加政策
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-13016620091218



大企業
冬ボーナス
15%減
減少率最大
経団連集計
http://www.asahi.com/business/update/1218/TKY200912180364.html








マーケットの名言

『勤勉は最良の名薬』

ちょうど今から50年前に父が語って聞かせたこの言葉は、
それ以来ずっと私の座右の銘となっている。

父は医者だった。
当時、ブダペスト大学で法律学を学び始めたばかりの私は、運悪く試験の一つに落ち、
恥ずかしさのあまり、ついこんなときの一番の慰めになる「酒」に手をつけた。
正確に言えば、アプリコット・ブランディーである。

そこへ思いがけず父が訪れた。
さすが名医である。
一瞬のうちに私の悩みと、棚に隠した酒の瓶をみつけてしまった。

私は現実逃避に追い込まれた理由を告白した。
愛すべき老人はたちどころに一服の名薬を調合した。

酒、睡眠薬、その他どんな薬品にしろ、

そんなもので本当に現実から逃避できるものではない。
悲しみを癒す薬は、この世にたった一つしかない。
しかもそれは一番よく効いて一番安全な薬だ。

それは「勤勉」という薬だ!

父の言った通りだった。

最初のうちはちょっとこの薬には慣れにくいかもしれないが、
遅かれ早かれ人間は勤勉になる。

勤勉は一種の麻薬である。

習慣になる。

いったん習慣化したら、もはや抜け出せなくなる。

私は勤勉を愛する習慣から、50年間抜け出すことができなかった。

フェレンク・モルナールの言葉

『カーネギー名言集』創元社

(解説)

悲しみを癒す薬は、この世にたった一つしかない、それは勤勉だ!
これは、黄金の言葉である。
人生の極上の秘訣であろう。
不思議なことに、勤勉に打ち込むほど、その対象は面白くなってゆく。
どれだけ勤勉であるか、その質と量が、人生の幸福を分けるだろう。
何ものにも真剣に打ち込むものを持たない人生は、面白くも楽しくもないであろう。

湛然無極

日経225先物テクニカル分析


(大引け)

始値:10120 高値:10160 安値:10010 終値:10140

出来高増、下影コマ陰線は、寄り付き前に指摘したレジスタンスライン試しと、テクニカル分析通りの推移。
10010で下げ止まり、下影を引きつつ、弱弱しいが、レジスタンスラインを上に抜けている。

昨日→上影コマ陰線で出来高減
本日→下影コマ陽線で出来高増

であるから、どちらかと言えば先高感を、本日は示現したことになる。

本日、マーケットが示した今後を、確率で表現すれば以下の通り

先高 55%
先安 45%




(寄り付き前)


NYDOW  -132.86 (-1.27%)の 10,308.26 と、100オーバーの急落。
ファンダメンタルズ指標からは、週間新規失業保険申請件数の増加と、依然、失業率が足を引っ張る。

Nasdaq  -26.86 (-1.22%)の 2,180.05
S&P  -13.10 (-1.18%)の 1,096.08





本日の日経先物は、昨日イブニングセッションで空けた20円の窓を、マーケットがどのように処理してかかるかがポイント。この窓の位置は、レジスタンスラインの位置と重なっている。
このラインで、レジスタンスされ、跳ね返されるならば、再び下落トレンドとなる。


12/2の時点で、はやばやとテクニカル分析できていたように、alternation:オータネーションの法則がきっちり働いている。



下記のように、重要移動平均線が再び収束しつつある、
これは、今後、ボラ拡大、大きくブレイクする前兆と言える。

9 日移動平均線 10071
26 週移動平均線 10013
13 週移動平均線 9916
17 日移動平均線 9865


52 週移動平均線 9310



ドル円89コンティニュエーション継続

CMEドル建て10170 ( 大証終値比 +20)、円建て10115( -35)
CRBコモディティ指数は、2.62ポイント(0.94%)安の 276.13

東一騰落レシオ25は、1.7ポイント上昇の 87.0 ( 12/17 )
日経先物サイコロジカルライン日足は 50.00%






勘を鍛える

勘は、あらゆる職業上のプロが、発達させている感覚。
やはり、達者は、勘が鋭い。
五感を鍛えているから、
第六感が働く。
基本は、五感を十全に働かせること。
そうすれば、勘が、高度な判断力となってゆく。
このような勘が、宝である。






オフィス縮小
支店統廃合
オフィス空室面積
都心で過去最大に
賃料
下落傾向強まる
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091217AT1J1700217122009.html





ドル
全面高
FOMC後
買い継続
対ユーロ
3カ月ぶり高値
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aFuv6K56r4pc




読み切れない
米利上げシナリオ
FOMC次第
ドル反動安
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPJAPAN-12967920091216





世界最大
自動車メーカー
凋落
退屈な車
すべって転ぶ
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/091217/biz0912171854035-n1.htm





危機対応策
徐々に終えて
通常時に戻す
出口戦略
米FRB
資金供給策
大半終了へ
ゼロ金利
維持
http://www.asahi.com/business/update/1217/TKY200912170141.html








マーケットの名言

あなたが何か偉大な目的や遠大な計画に駆り立てられた時、
あなたの思考はすべての束縛を打ち破ります。

あなたの心はすべての限界を超越し、
意識はすべての方向へと広がり、
あなたは自分が新しい、偉大な、
すばらしい世界にいることに気がつきます。

今まで眠っていた力や能力が生き生きと働きだし、
自分がいままで夢にも思わなかったほど、
すばらしい人間であることを、
あなたは発見するのです。

パタンジャリ

通暁暢達

日経225先物テクニカル分析


(大引け)

始値:10170 高値:10260 安値:10150 終値:10150

出来高減、上影コマ陰線は、大引け坊主であるが、レジスタンスラインには支えられている。

上海、Globexとマイナスのための連動安。

歳末らしいエネルギーが感じられない。




(寄り付き前)

NYDOW -10.88 (-0.10%)の 10,441.12 と、マイ転。
Nasdaq +5.86 (+0.27%)の 2,206.91
S&P +1.25 (+0.11%)の 1,109.18




本日の日経先物は、昨日出始めた先高感を強調するような、例年通りの値動きになるか、否かである。
そのためには、仮に押しがあってもレジスタンスラインにしっかり支えられる必要がある。


ドル円89コンティニュエーション



CMEドル建て10295 ( 大証終値比 +115)、円建て10235 ( +55)
CRBコモディティ指数は、4.48ポイント(1.63%)高の 278.75



東一騰落レシオ25は、2.8ポイント上昇の 85.3 ( 12/16 )
日経先物サイコロジカルライン日足は 58.33%





FOMC
事実上
ゼロ金利政策
長期間にわたり
継続
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aBUmaJXQ_Y8M





財政赤字
拡大
新規国債
上限
44兆円
めぐる
鳩山政権
迷走

http://diamond.jp/series/yamazaki/10110/




いきなり
10億人市場
タタ
20万円自動車
モノの値段は
絶対に下がる
880円
ジーンズ
ビジネス
理屈を変えた
http://diamond.jp/series/newsmaker/10025/






マーケットの名言

才能の差は小さいが、

努力の差は大きい。

継続の差はもっと大きい。









※ テキスト『致富録』、個別指導型フィードバック式チェックシート、個別コンサルタント回答送付のご案内

12月分のテキスト『致富録』、
個別指導型フィードバック式チェックシート、
トレード技法に関する個別コンサルタント回答は、
本日までにすべて送付しました。

皆様の着実なご成功をお祈り申し上げております。

水滴穿石

日経225先物テクニカル分析


(大引け)

始値:10070 高値:10230 安値:10050 終値:10180

出来高増、上影陽線は、寄り付き前に指摘したレジスタンスラインを越えての終値10180。
高値10230と、12/7高値10210も越え、やや、先高シグナル。




(寄り付き前)

NYDOW -49.05(-0.47%)の 10,452.00と反落 は、PPIの上昇による。
Nasdaq -11.05 (-0.50%)の 2,201.05
S&P -6.18 (-0.55%)の 1,107.93



本日の日経先物は、以前から指摘している10160(12/8高値)を、CME値ドル建てが10175 と、上回っていることがポイント。高寄りが活かされるか。

10770( 8/31高値 )と、10210( 12/7高値 )を結ぶレジスタンスラインが、本日は10130処まで来ている。
このレジスタンス圧力を拒否して、充分上ブレイクして終れるか、否かもポイント。  


3 日移動平均線 10080
9 日移動平均線 10047




CMEドル建て10175 ( 大証終値比 +105)、円建て10120( +50)

ドル円89コンティニュエーション




東一騰落レシオ25は、1.4ポイント上昇の 82.5 ( 12/15 )
日経先物サイコロジカルライン日足は 58.33%






ドバイ問題
債務返済猶予
合意
今後の課題
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12946220091215




東京市場
ポジション処分の動き
FOMC契機
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12947320091215





FRB
議会圧力
利上げ開始に
遅れも
今日から
今年最後
FOMC
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aF022eARtfmM







マーケットの名言

何をやるにも絶対に必要なもの、
それは何をやるか選んで、
それを愛し、
夢中で取り組むことです

ナディア・ブーランジェ






※ 『上席会員 トレード技法に関する個別コンサルタント ・ 回答 』 ご送付のお知らせ

本日までに、『上席会員 トレード技法に関する個別コンサルタント ・ 回答 』 を、
添付メールにて該当クラス全員の方に送付しました。

該当クラスは、上席、法人の各会員様です。

皆様の、更なるご成功をお祈りしています。

開巻有益

日経225先物テクニカル分析



(大引け)

始値:10100 高値:10110 安値:10020 終値:10070

出来高急減、下影コマ陰線は、玉引き商状。
例年の活気ある師走相場とは、様相が異なる。

このように上がるべきタイミングで上昇できない。

為替、デフレ、企業ファンダ、政治と、足をひっぱられているマーケット。



(寄り付き前)

NYDOW  +29.55 (+0.28%)の 10,501.05 と続伸は、終値年初来高値更新。
アブダビからの金融支援で、ドバイ不安が後退したため

Nasdaq  +21.79 (+0.99%)の 2,212.10
S&P  +7.70 (+0.70%)の 1,114.11



本日の日経先物は、SQ前の調整 → SQ通過 → 歳末ラリー → 日経平均累積過去データ → NYDOW年初来高値更新、と時間隔からは上昇のタイミング。
つまり、上がるべきタイミング。

下落起点10160 (12/8高値)、その前日の高値 10210 (12/7高値)も、悠々と越えられるのが通常の地合い。

仮に、このラインを、本日クリアできないとすれば、先高感を否定するマーケットからのメッセージとなる。

円高が足を引っ張り続けるか。


連動性と波及効果という視点から絶えずマーケットを観察すると、それが途切れる瞬間がある。
これが、破調であり、面白い。




CMEドル建て10125 ( 大証終値比 +25)、円建て10065( -35)
CRBコモディティ指数は、2.66ポイント(0.98%)高の 273.52

ドル円88コンティニュエーション

東一騰落レシオ25は、1.8ポイント上昇の 81.1 ( 12/14 )
日経先物サイコロジカルライン日足は 58.33%







設備投資
大企業
製造業
過去最大の減少率
円高
デフレ
先行きに厳しい見方
日銀
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20091214-OYT8T00621.htm




日銀短観
踊り場入りの兆し
デフレ
過剰設備
重し
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12929320091214




12月
日銀短観
大企業製造業
業況判断指数
DI
マイナス24
前回の9月短観
9ポイント改善
3月予測はマイナス18
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPJAPAN-12915320091214




インフレリスク
警戒
米FRB
これ以上の失業抑制
不可能
グリーンスパン氏
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPJAPAN-12914020091213





三菱UFJ
1兆0313億円
調達
過去最大
公募増資
1株あたり428円
http://jp.reuters.com/article/domesticJPNews/idJPJAPAN-12929720091214






マーケットの名言

経営者は一度借り入れの味を覚えると抜け出せなくなる。
経営に緊張感がなくなり、そのツケは必ず自分に戻ってくる。
企業にとって借金は麻薬のようなものである。
一度その味を覚えたら抜け出せなくなる。
高い山の後ろには、必ず深い谷が待ち受けている。順調な時ほど危機が訪れる。
問題ないと考えること自体が問題である。

安藤百福

(解説)

安藤百福氏は、カップヌードルやチキンラーメンなど、インスタントラーメンを世界で最初に創造した方。









※ 『 個別指導型フィードバック式チェックシート・回答 』 ご送付のお知らせ

本日までに、『 個別指導型フィードバック式チェックシート・回答 』を、
添付メールにて該当クラス全員の方に送付しました。

該当クラスは、個別、上席、法人の各会員様です。
皆様のご成功をお祈りしています。

大願成就

日経225先物テクニカル分析



(大引け)

始値:10070 高値:10120 安値:10000 終値:10100

出来高減、下影コマ陽線は、終値10100で前日終値同値。

安値は 5日移動平均線 10028に支えられたが、それらしい勢いが感じられない。

本日安値10000を刻んだとき、アブダビからドバイへの資金提供のニュースが流れたため
反発した。




アブダビ
ドバイのイスラム債償還
100億ドル支援
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12923620091214





(寄り付き前)



日経平均累積過去データからだと、今週からその数値は良くなる。
例年、歳末クリスマスラリー効果があるためである。

先週の下落も、過去データ通りの展開。

本日の日経先物は、その下落の起点10160 (12/8高値)を終値で充分越えられるかが、ポイントとなる。
その前日の高値 10210 (12/7高値)も一緒に越えるようになれば、例年通りの上昇波動に乗れる可能性は高い。



12/2ブログ
alternation:オータネーションの法則が働き、やがて乖離し、異なった値動きになるであろう。このようにテクニカル分析されている旨を、12/2ブログに言及している。

7/13からの上昇パターンとは異なる値動きであるとのテクニカル分析である。

この通りになっている。







先週末テクニカル指標

NYDOW +65.67 (+0.63%)の 10,471.50 は、三日続伸。
年初来高値10516(12/4)には、届かず。

Nasdaq -0.55 (-0.03%)の 2,190.31 と、こちらはマイ転
S&P +4.06 (+0.37%)の 1,106.41

CMEドル建て10155 ( 大証終値比 +55)、円建て10090( -10)
CRBコモディティ指数は、1.34ポイント(0.50%)高の 270.86

ドル円89

東一騰落レシオ25は、6.2ポイント上昇の 79.3 ( 12/11 )
日経先物サイコロジカルライン日足は 58.33%







本ブログやテキストでも思考を取り上げた
ポール・サミュエルソン氏がご逝去
経済学の面白さを教えてくれた知の巨人である
ノーベル賞経済学者
http://www.asahi.com/international/update/1214/TKY200912130169.html









マーケットの名言

腰痛になる人は、
腰痛になるような体の動かし方をしている。

シンクロナイズコーチ

(解説)

実に含蓄があるこの言葉は、かつて、全日本のコーチから聞いた話。
トレーダーにあてはめれば、儲けられない方は、儲けられないような考え方をしているこということになる。

随処作主

企業
在庫整理
ほぼ終了
10月
米企業在庫
08年8月以来
増加
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12905120091211





日銀
新オペ
応募8倍
金融機関
資金需要強く
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20091211-OYT8T00441.htm




GDP
実質成長率1%台
2010年度
見通し
http://www.asahi.com/business/update/1211/TKY200912110503.html





パナソニック
中国
内陸部
農村向け家電製品
進出
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/091212/biz0912120101000-n1.htm









マーケットの名言

随所に主となれば
立処(りっしょ)
皆、真なり。

臨済義玄禅師


(解説)

至る所、いつでも、どのようなことを成すにしろ、あるいは、いかなる仕事に従事しようが、自分がその主であるとの思いで、主体性を持ち、一心に打ち込めば、必ず道が開け成功するという意。

随処作主は、ずいしょに主となる、ずいしょさくしゅと読み下す。








※ テキストご送付済みのご連絡

『 テクニカル技術書 ・ 致富録 』 12月分を、該当クラスの全員の方に、送付しました。
該当クラスは、標準・個別・上席・法人の各会員様です。

皆様の確実なご成功をお祈りしています。

不撓不屈

週末テクニカル指標



NYDOW +65.67 (+0.63%)の 10,471.50 は、三日続伸。
年初来高値10516(12/4)には、届かず。

Nasdaq -0.55 (-0.03%)の 2,190.31 と、こちらはマイ転
S&P +4.06 (+0.37%)の 1,106.41

CMEドル建て10155 ( 大証終値比 +55)、円建て10090( -10)

CRBコモディティ指数は、1.34ポイント(0.50%)高の 270.86

ドル円89

東一騰落レシオ25は、6.2ポイント上昇の 79.3 ( 12/11 )。

日経先物サイコロジカルライン日足は 58.33%








今年9月以来
高水準
12月
米ミシガン大
消費者信頼感指数
改善
値引き販売

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12904720091211





下方修正
2カ月連続
11月消費者動向調査
11カ月ぶり悪化
暮らし厳しく
弱含み
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/091211/mca0912111519027-n1.htm






国債
増幅する
鳩山不信
財政プレミアム論議
再浮上
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12901620091211





麻生時代より
経済悪化
来年度当初予算95兆円未満
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12899620091211





オバマ政権
鳩山特使
拒絶
政権混乱
厳しい姿勢
http://sankei.jp.msn.com/world/america/091211/amr0912111732004-n1.htm










マーケットの名言

一生懸命努力すればするほど、
運は味方する。

ゲーリー・プレーヤー

虚心坦懐

日経225先物テクニカル分析


(大引け)

始値:9830 高値:10100 安値:9790 終値:10100

出来高増、SQ値上抜け長陽線の高値10100は大引け坊主。
MSQ通過後のごく順当な上昇。




(寄り付き前)



NYDOW +68.78 (+0.67%)の 10,405.83と続伸は、10400ライン回復 。
ファンダメンタルズからは、米貿易統計10月の赤字幅縮小による。
ドル安効果と、当局の期待する方向性に一致。

しかし、米週次新規失業保険申請件数は、週間レベルでは予想以上に悪化してる。

Nasdaq +7.13 (+0.33%)の 2,190.86
S&P +6.40 (+0.58%)の 1,102.35




日経平均累積過去データからだと、本日以降、数値は徐々に良くなってゆく。
現状は、ファンダ的には悪材料が多く、好材料が少ない。
その中、例年通り、その兆候がみられるかという点が、本日のポイントとなる。

5 日移動平均線 9992
26 週移動平均線 9991
13 週移動平均線 9916
9 日移動平均線 9898
17 日移動平均線 9672



ドル円88

CMEドル建て9930 ( 大証終値比 +110)、円建て9935( +115)

CRBコモディティ指数は、1.77ポイント(0.66%)高の 269.52

東一騰落レシオ25は、2.5ポイント下落の 73.1 ( 12/10 )。

日経先物サイコロジカルライン日足は 58.33%







米国債
2年債
30年債
利回り格差
急拡大
1980年以降
最大
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aS4xF6vFFW5o





企業物価
11か月連続
下落
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20091210-OYT1T01019.htm




売上高回復
雇用改善せず
米経営者
10年予想
人員追加削減
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/091210/mcb0912100506008-n1.htm



外国人
4年4カ月ぶり
買越額
ドバイ反動
日銀
12月1週
日本株
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aXfmzletbiLY




10月
機械受注
3か月ぶり
減少
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20091210-OYT8T00848.htm




10月
米貿易赤字
拡大
輸出上回る
輸入の伸び
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=advE7wbcwP70





都心
オフィス空室率
11月末
7.98%
3カ月連続上昇
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091210ATFK1000H10122009.html




ギリシャ財政
破綻せず
EU
支援不要
ユーログループ議長
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12878320091210







マーケットの名言

古今東西、大相場師と言われるほどの人は皆、
利乗せが強く、引かれ腰が弱い人である。
押目買い戻り売りという言葉が素人筋の心理に迎合した悪い言葉で、
真理は上にも下にも、相場の波に乗った新高値買い、
新安値売りである。

木佐森吉太郎『株式罫線の見方使い方』東洋経済新報社p94

而立

日経225先物テクニカル分析


(大引け)

始値:9950 高値:10040 安値:9820 終値:9820

出来高減、上影中陰線は大引け坊主。
MSQ玉引き調整は、累積過去データ通りの急落。
三陰連は、9日移動平均線の下。

明日から、歳末クリスマスラリーとなるが、上昇できるか、否か。



(寄り付き前)


NYDOW +51.08 (+0.50%)の 10,337.05
Nasdaq +10.74 (+0.49%)の 2,183.73
S&P +4.01 (+0.37%)の1,095.95



本日の日経先物は、MSQ通過後を見据えた玉流入、ポジション取りがあるか、否か。
昨夜のイブニングセッションで、20円のギャップが形成されている。
これも、早々に埋められるか、否か。

上昇波動復帰のためには、26週移動平均線 9995の上ブレイクが必須。

為替マーケットは、為政者の思惑とは異なり、米ドル87円台後半と円安にはなっていない。

5日移動平均線10046
9日移動平均線 9854
17日移動平均線 9672





米ドル87円台後半コンティニュエーション継続

CMEドル建て9945 ( 大証終値比 -55)、円建て9950( -50)
CRBコモディティ指数は、4.15ポイント(1.53%)安の 267.75


東一騰落レシオ25は、変動なしの 75.6 ( 12/8 )。
週足レベルでの安値は、54.4 (2008/10/10)がある。

日経先物サイコロジカルライン日足は 58.33%





7-9月
GDP
年率1.3%増
大幅下方修正
設備投資減
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aVcsKHwzdEzg





金融緩和
強化策
長期プライムレート
年1.65%
約4年ぶり
低水準
http://www.asahi.com/business/update/1209/TKY200912090340.html




500億円
東和銀行
高知銀行
公的資金注入
金融庁
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12856920091209




大型株
大半が値幅制限
10%近く急落
ドバイ株式市場
38週間ぶり安値
取引終了
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12857820091209




中途半端
鳩山デフレ
民主不況
深刻
二番底
http://www.j-cast.com/2009/12/09055836.html




日本
CMBS裏付けローン
デフォルト率20%超
上昇
フィッチ
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aGuYxInj9DLU









マーケットの名言

私は金持ちになることに情熱を燃やした。
フェラーリが欲しかったからではない。
自立したかったからだ。

アリス シュローダー『スノーボール (上) ウォーレン・バフェット伝』日本経済新聞社P366

他力

日経225先物テクニカル分析


(大引け)

始値:10110 高値:10130 安値:9980 終値:10000

出来高微増、中陰線は、寄り前に指摘した10000が終値。
イブニングセッションで、9900まで値を沈めている。

ここまでは、例年通りの調整パターン。

こうなると、MSQ通過後の年末クリスマスラリーに、
どの程度リバウンドがあるか、という点にポイントが移る。






(寄り付き前)

NYDOW -104.14 (-1.00%)の 10,285.97
Nasdaq -16.62 (-0.76%)の 2,172.99  
S&P -11.32 (-1.03%)の 1,091.93




本日の日経先物も、過去データ通りにSQ前の調整から入る。
終値で、26週移動平均線10000円回復ができるか、否かがポイント。
26週というと、直近半年間の平均値となる。

13 週移動平均線 9933
9 月移動平均線 9851
9 日移動平均線 9765
52 週移動平均線 9281




CMEドル建て9980 ( 大証終値比 -140)、円建て9975( -145)
CRBコモディティ指数は、2.28ポイント(0.83%)安の 271.90

ドル円88と、再び円高基調


東一騰落レシオ25は、4.7ポイント下落の 75.6 ( 12/8 )。
週足レベルでの安値は、54.4 (2008/10/10)がある。

日経先物サイコロジカルライン日足は 58.33%





仕事が好きとはどういうことか

美容院チェーンを経営して年商200億円を計上されている経営者の話。
地下鉄に乗る時は、乗り合わせた方の服装や髪形を、全部チェックするそうである。この人は、洋服の色合いをもうちょっとこうしたらいいのではないか、髪形をこう変えたら見栄えがするのではないか、とかそんなことを、一日中考えているそうである。もちろん、自分の頭の中だけで行われるチェックだから、一銭にもならないが。

しかし、実際に、この方が顧客と面したとき、この日頃の無料のシミュレーションは、とてつもない力を発揮するに違いない。
顧客は、なんという話題の豊富な、センスの良い方かと、感嘆するであろう。

心底、自分の仕事が好きで熱中している方と、
単に、義務的に仕事をしている方との相違は、はなはだしいだろう。








国債発行額
税収を上回
過去最大
国債発行53・5兆円
極めて深刻な財政状況
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20091208-OYT8T00882.htm





経済対策
デフレ脱却
力不足
エコポイント
下支え期待
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12829020091208




11月
景気ウォッチャー調査
判断
2カ月連続
下方修正
内閣府
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12829620091208




ドバイ株式市場
連日
急落
エマール
一時9%超
下落
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12827820091208




勝負師
極意
他力
羽生名人
http://www.youtube.com/watch?v=lNJ4kduxkSk&feature=related

相場は、相の場であるから、まさに他力。
他力が、利を自然に流してくれるという感覚。
利を招来してくれるのは、他力。
やるべきことをやり、あとは委ねる感覚が奏功。

自分の懐具合しか眼中にない、自力のみの我利我利亡者が上手くゆかないことも分かる。








マーケットの名言

問題は「市場が効率的かどうか」ではなく
「市場はどの程度非効率的か」
「そこにどうやってつけこむか」である。

エド・ソープ

楽笑快勝

日経225先物テクニカル分析


(大引け)

始値:10140 高値:10160 安値:10060 終値:10120

出来高減、下影陰線は、小幅な調整。




(寄り付き前)

NYDOW +1.21 (+0.01%)の 10,390.11
Nasdaq -4.74 (-0.22%)の 2,189.61
S&P -2.73 (-0.25%)の 1,103.25




本日の日経先物は、日経累積過去データ通りのMSQ前の一時的調整。
その調整が、どの程度の深さで行われるかが、本日のポイント。

26 週移動平均線 10000
13 週移動平均線 9935
9 月移動平均線 9853





ドル円 89コンティニュエーション
ファンダ的にもテクニカル的も、もう少し円安ボラ拡大してよい位置にあるが、これもマーケットからの回答。

CMEドル建て10115 ( 大証終値比 -35)、円建て10110( -40)

CRBコモディティ指数は、0.31ポイント(0.11%)安の 274.18

東一騰落レシオ25は、5.1ポイント上昇の 80.3 ( 12/7 )。

日経先物サイコロジカルライン日足は 58.33%






楽笑

本当に楽だなあというのが、トレード本来のありかた。
楽しくて楽しくてしょうがないという感じ。
こころから楽しむ姿勢が、幸運を招来する。

逆に言えば、トレードは、苦労して、苦しんでするものではない。
トレードが楽笑快勝でなければ、何かが歪んでいるはずである。
自己の取り組み方、自己の考え方を修正できるのは、自己のみである。

法則に沿う利点とは、法則に沿えば、楽々と進捗するし、法則から逸脱すれば、苦しむということ。
そのような反応が、明確にわかるのが、法則のもつ利点とも言える。







景気回復
依然
脆弱
失業率
当分の間
高止まる可能性
米経済
依然向かい風
FRB議長
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12813520091207




ドル反落
米国
早期利上げ
懐疑的見方
90円台
輸出
売りも
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aY2XtNZXb3F8




ドバイ株式市場
下げ幅拡大
政府資産売却
否定発言
嫌気
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12808520091207








マーケットの名言

学ぶとは
詮ずるところ

学問は
ただ年月長く

倦(う)まず
おこたらずして
励み努むるぞ

肝要にて

学びようは
いかようにてもよかるべく
さのみ関はるまじきことなり。

とてもかくても、
努めだにすれば、
できるものと心得べし。

すべて思ひ崩をるるは、
学問に大に嫌ふ事ぞかし。

本居宣長『うひ山ふみ』岩波文庫p15,6

(解説)

今でも、学問を志す者をひきつける本居宣長の『うひ山ふみ』。ういとは、ういういしいの初のこと。うい山ふみとは、初めて山に入る方向けの手紙。
学問に入るかたの精神的手引書と言える。
その秘訣が、「ともかくも、努めてゆけば、できるようになるから、あきらめずに努力せよ。怠らず、長い時間をかけよ」である。

なるほどと思う。

中途で投げ出す人は、自分から中断してしまうのである。

湧源性

日経225先物テクニカル分析


(大引け)

始値:10000 高値:10210 安値:9970 終値:10150

出来高減、上影陽線は、CMEドル建て10225 にタッチできず、上値が重い。
本日終値10150は、8/31高値と10/26高値を結んだレジスタンスラインのやや上。

本日から新波動としても宜しいかと思われる。




(寄り付き前)


日経平均累積過去データからだと、今週足は、一時的にその数値が悪化する。
今週末12/11のMSQへ向け、例年、ポジション調整があるためである。

今週一時的に悪化するが、次週から尻上がりにまた好転するというが過去データの数値。
これは、あくまで累積的な過去パターンにすぎない。

2008年 12月月足→陽線
2007年 12月月足→陰線




本日の日経先物は、CMEドル建て10225 ( 大証終値比 +225)と高寄りから開始される。
ポイントは、この高寄り後の値動き。
12月相場らしい玉入りが更にあるか、否かである。
確率としては、50%前後。


仮に、玉入りがあれば、更なる一段高も想定されるため、今回は予測計算値を立てない。

ドル円90と推移。




先週末テクニカル指標再掲



NYDOW  +22.75 (+0.22%)の 10,388.90
Nasdaq  +21.21 (+0.98%)の 2,194.35
S&P +6.06( +0.55%)の 1,105.98

ドル円 88.31から 90.78
CMEドル建て10225 ( 大証終値比 +225)、円建て10215( +215)

CRBコモディティ指数は、2.68ポイント(0.97%)安の 273.87

東一騰落レシオ25は、0.3ポイント下落の 75.2 ( 12/4 )。
週足レベルでの安値は、54.4 (2008/10/10)がある。

日経先物サイコロジカルライン日足は 50.00%







株式
不動産
急騰
中国
インド
投機資金流入
バブル懸念
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091206AT2M0502105122009.html






円高ドル安
一服感
米政府
まだ色濃い
ドル安容認姿勢
http://www.asahi.com/business/update/1205/TKY200912050421.html










マーケットの名言

湧源性(ゆうげんせい)とは、どういうことか。
汲み取っても汲み取っても、湧いてくる泉のような性質だ。

人間は機械とは違う。
機械はどんなに性質がいいものであっても、使えば磨滅する。
使えば使うほどに自然に機能が高まるという機械は存在しない。

しかし、人間は違う。

頭は使えば使うほど良くなる。
今日、これだけ使ったら、明日は使えなくなる、ということは全くない。

あれだけ使ったから、翌日はもっとよく働くようになるのが、人間の頭だ。

一度記憶して忘れ去っても、感覚が残る。
これを繰り返していくうちに、勘が鋭く働くようになる。

広中平祐(数学者)

宝とは道心なり

11月
米雇用者数
1万人減
改善
人材派遣増加
失業率10%
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aYQQVOSBgor8




米大統領
経済
回復には
長い道のり
8日
新雇用対策発表
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aEt.Rlsji7_Q





ドル円
2%上昇
90円超え
底堅い雇用統計
http://jp.reuters.com/article/wtInvesting/idJPnJT859216920091204










マーケットの名言

国宝とは何物ぞ
宝とは道心なり
道心ある人を名付けて国宝となす

故に古人曰く

径寸十枚これ国宝に非ず
照千一隅これ即ち国宝なりと

伝教大師最澄『山家学生式』(さんげがくしょうしき)







※ テキスト 送付済みのご連絡

『 致富録: トレーダー技術書  』 12月分を、該当クラスの全員に送付しました。
該当クラスは、基本・標準・個別・上席・法人の各会員様です。

皆様の更なるご成功をお祈りしています。


買い難きを買う

週末テクニカル指標



NYDOW  +22.75 (+0.22%)の 10,388.90
ファンダメンタルズ指標からは、いままでネックであった11月雇用統計の数値が改善されたため。

Nasdaq  +21.21 (+0.98%)の 2,194.35
S&P +6.06( +0.55%)の 1,105.98



ドル円 88.31から 90.78へと、予測計算通りのボラ急拡大。
昨日「値動きが、なるい」と表現したが、このようなボラ急拡大を予測計算してのこと。
連動性と波及効果を図示すると、次の通り

米雇用統計改善

連銀緩和策終了

債券利回り上昇

ドル買い

ドル円 90.78




CMEドル建て10225 ( 大証終値比 +225)、円建て10215( +215)

オーバーシュート連続は、師走相場らしい急騰。

日経先物のテクニカル分析で言うと、今回の上昇に関しては、その直前の11/27までの下落時のように、目標値達成とは表現しなかった。

テクニカル的にはオーバーシュートではあるが、12月相場という独特の時間隔では、特有の玉入り、日経平均累積過去データの好転と、その持続も想定されたから。

天井を買う、買い難きを買う、天井が無いように買い続けるというトレードの極意が活かされる展開である。





CRBコモディティ指数は、2.68ポイント(0.97%)安の 273.87

金利上昇

ドル高

コモディティ売り

コモディティ下落


ドルとコモディティが逆相関であるとは、セオリー通り。



東一騰落レシオ25は、0.3ポイント下落の 75.2 ( 12/4 )。
週足レベルでの安値は、54.4 (2008/10/10)がある。

日経先物サイコロジカルライン日足は 50.00%








金利
揺り戻し
レポ金利
急反発
日銀
積極的な資金供給
期待後退
オペ上昇
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aRRK6_IYstyQ




円高
来期回復ペース
鈍化懸念
トヨタ
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12784120091204





経済対策
さらなる積み増し
簡単にはできない
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12785420091204





求心力の問題
悪影響
懸念
年越し
確実
普天間問題
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091204AT3S0402404122009.html

http://www.j-cast.com/2009/12/04055514.html




実に高い
向上心
http://www.asahi.com/sports/column/TKY200912040121.html







マーケットの名言

心をどこに置こうぞ。
どこにも置かねば、
我が身いっぱいに行き渡りて、
全体に延びひろごりてあるほどに、

手の入る時は、手の用を叶え、
足の入る時は、足の用を叶え、
目の入る時は、目の用を叶え、

其れ入る所々に行き渡りてあるほどに、
其の入る所々の用を叶ふるなり。

考えるな、
思い煩うな、
分別を持つな、

そうすれば心は到る所に行き渡りてその全力が働き、
次々と手近の仕事を成就するであろう。

沢庵和尚全集『不動智神妙録』





※ 12月分テキスト 送付のご連絡

『 致富録: トレーダー技術書  』 12月分を、該当クラスの方に順次送付しています。

該当クラスは、基本・標準・個別・上席・法人の各会員様です。

皆様の更なるご成功をお祈りしています。

駑馬十駕

日経225先物テクニカル分析



(大引け)

始値:9980 高値:10030 安値:9900 終値:10000

出来高減、五陽連は、高値10030と、10000突破。

5日移動平均線と25日移動平均線のGC。





(寄り付き前)



NYDOW -86.53 (-0.83%)の 10,366.15 は、引け間際の急落
Nasdaq -11.89 (-0.54%)の 2,173.14
S&P -9.32 (-0.84%)の 1,099.92




本日の日経先物は、昨夜のイブニングセッションで高値9990を刻んでいることがポイントとなる。
仮に、このまま下落するならば、カブセ形状陰線となり、トップ形成・戻り高値を示唆することとなる。
11/10高値9990と合わせ、このラインが再びトップとなるならば、下落トレンドに復帰する予兆となる。

昨日、オーバーシュートを指摘してある通り、本日の下落はテクニカル分析による予測計算通り。


26 週移動平均線 10000
13 週移動平均線 9954
9 月移動平均線 9836




ドル円88と、緊急経済政策に対するそれなりの効果が、徐々に出ているが、値動きがなるい。
今までの経緯と、ファンダに加え、歳末クリスマスラリーなら、もっと動いて良いだろうとのイメージがある。



CMEドル建て9925 ( 大証終値比 -25)、円建て9915( -35 )
CRBコモディティ指数は、0.25ポイント(0.09%)安の 276.55





東一騰落レシオ25は、9.4ポイント上昇の 75.5 ( 12/3 )。

日経先物サイコロジカルライン日足は 41.66%







米FRB
景気判断を前進
個人消費が緩やかに改善
http://www.asahi.com/business/update/1203/TKY200912030192.html




長期金利
上昇
債券価格
下落
短期
下落続く
http://www.asahi.com/business/update/1203/TKY200912030339.html






米デルタ
アメリカン
JALめぐり
争奪戦
過熱
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aB0BDVf0Ce1U




景気DI
9カ月ぶり
悪化
デフレ懸念
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/091203/biz0912031815022-n1.htm









マーケットの名言

駑馬十駕

『荀子』

(解説)

駑馬( どば )とは、駿馬( しゅんめ )に対する語。駿馬とは、一日に千里も走る名馬。駑馬はその対義であるから、のろい馬の譬え。その駑馬でも、十日かければ、駿馬に駕するという意味。駕は凌駕の意であり、しのぐこと。
転じて、才能の無い者でも、懸命に努力を続ければ、才能のある者に追い着き、勝てるという譬え。
どばじゅうが と読み下す。 











※ 『上席会員 トレード技法に関する個別コンサルタント用紙』 ご送付のお知らせ

本日までに、『上席会員 トレード技法に関する個別コンサルタント用紙』 を、
添付メールにて該当クラス全員の方に送付しました。

該当クラスは、上席、法人の各会員様です。

皆様の更なるご成功をお祈りしています。

明鏡止水

日経225先物テクニカル分析


(大引け)

始値:9630 高値:9980 安値:9610 終値:9950

出来高増、ボラ拡大+370長陽線は、四陽連の一段高。
12月相場らしい急騰。
10000直前の高値9980まで値を伸ばす。

しかし、直近4日で+980円の急騰は、オーバーシュート。
長続きする上がり方ではない。


11/10には、高値9990で戻りが失速しているので、このラインを越えられるかが、明日からのポイント。


テクニカル的にはオーバーシュートだが、日銀大量供給、ドバイ不安後退、12月玉入りと、好材料が重なった上昇である。




日銀が短期金融市場に対し、直近二日で 9兆4600 億円供給したため。

日銀供給量

本日供給分 3 兆5600億円
12/2供給分 5 兆9000億円




(寄り付き前)


NYDOW -18.90 (-0.18%)の 10452.68 とマイ転
Nasdaq +9.22 (+0.42%)の 2,185.03 と、こちらはプラスで推移。
S&P +0.38 (+0.03%)の 1,109.24




本日の日経先物は、直近三陽連のエネルギー余波が持続できるか、否かである。
指摘している過去パターンから乖離するとなれば、本日・明日あたりが時間隔の分岐点となる。
MSQへ向けてのボラ拡大は想定内。


ドル円が87と、値動きがなるい。



CMEドル建て9705 ( 大証終値比 +75)、円建て9690( +60)
CRBコモディティ指数は、2.54ポイント(0.91%)安の 276.80


東一騰落レシオ25は、3.5ポイント下落の 66.1 ( 12/2 )。
週足レベルでの安値は、54.4 (2008/10/10)がある。

日経先物サイコロジカルライン日足は 41.66%









ドバイ首長
メディア
ドバイ債務危機
誇張
世界は誤解
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aIo3CrMuHVe8





システミックリスクの問題ではない
ドバイ債務危機
世界的リスクではない
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aEV28cEEgjU4





追加的
金融緩和策
日銀小出し
漂う失望感
追加緩和策
10兆円
資金供給
http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200912020012a.nwc




リスク志向
回復の兆し
ゴールド
資源国通貨
資金流入
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12736620091202




投資マネー
流入
ゴールド
1200ドル突破
昨年
原油急騰相場
類似展開
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12740420091202












マーケットの名言

利乗せは最後にやられる

相場格言







※ 12月分テキスト送付の予定は、おおよそ通常通りです

『 トレーダー技術書 』 は 12月上旬  12月 10日前後
『 テクニカル技術書 』 は 12月中旬  12月 15日前後
の順次、送付予定となります。

よろしくお願い申し上げます。

皆様のご成功をお祈りしています。

金融緩和

日経225先物テクニカル分析


(大引け)

始値:9460 高値:9650 安値:9460 終値:9630

出来高減、寄り付き坊主中陽線は、寄り付き前に指摘した17日移動平均線 9597を突破しての三陽連。

短期安値

底打ちシグナル

上昇

と、定型通りの急騰


しかし、直近三日で +650のボラ拡大は、やや過熱。

上昇波動復帰のためには、7/14からのようなコマ陽線連続の方が、先高感は強い。







(寄り付き前)

NYDOW +126.74 (+1.23%)の 10471.58 と、終値では1年2カ月ぶり高値圏。12月らしい玉入り。
直近高値10495(11/23)更新は、高値 10501

Nasdaq +31.21 (+1.46%)の 2175.81
S&P +13.23 (+1.21%)の 1108.86


本日の日経先物は、直近二日+570の騰勢を持続し、17日移動平均線 9590を終値レベルで越えられるか、否かである。
17日移動平均線が、一旦は戻り売りのメドとなるが、それを無視するほとのマーケットエネルギーがあるかという点がポイント。

11月分の玉が、時間隔をずらして流入している雰囲気がある。


9 月移動平均線 9786
9 日移動平均線 9414
5 日移動平均線 9370
52 週移動平均線 9237



指摘している通り、7/13からの値動きと類似パターンとなっている。
しかし、今回は、alternation:オータネーションの法則が働き、やがて乖離し、異なった値動きになるとテクニカル分析されている。



ドル円が86と、金融緩和・ファンダメンタルズからは、もっと円安方向への反応とそれなりの値動きがあってよいと思われるが、そうではない値動き。これも、マーケットからのメッセージ。



CMEドル建て9635 ( 大証終値比 +85)、円建て9625( +75)
CRBコモディティ指数は、1.94ポイント(0.70%)高の279.34




東一騰落レシオ25は、5.8ポイント上昇の 69.6 (12/1)。
週足レベルでの安値は、54.4 (2008/10/10)がある。

日経先物サイコロジカルライン日足は33.33%







新しい資金供給手段
金融緩和
一段の強化
10兆円
供給額
今回
措置
広い意味で量的緩和
日銀総裁
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12720320091201




日銀
10兆円規模
新たな資金供給策
追加金融緩和策
決定
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091201AT2C0100J01122009.html




今後
一段と悪化
米商業用
不動産ローン
デフォルト率
16年ぶり高水準
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12717220091201









マーケットの名言

すべての基本は、熱中である。
そして、熱中は
純真な心から生まれる。

エマーソン






※ 個別指導型フィードバック式チェックシート 送付済み連絡

添付メールにて、
『 個別指導型フィードバック式チェックシート 』 12 月分 を該当クラス全員の方に送付しました。

該当クラスは、個別・上席・法人の各会員様です。

皆様のご成功をお祈りしています。

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

深沢純二

Author:深沢純二
知育研究
完璧な数理思考術
美の追求こそ強靭
賢明な投資とは
時間軸を中心とした
純粋幾何学
ロジカル特異技術
高度な専門知識
秩序正しい調和
芸術ですかと
訊かれる事に愉悦

経歴:
幼少・電子工学・無線電信
中学・世界文学・美術
高校・西洋哲学・言語学
大学・国際金融・外国為替
macroeconomics
business management
考究
マーケティング・データ
定量分析研究システム
Quantitative Analysis
Research System creative
Neuro finance
考定
20代後半
教師から起業
司法試験・公認会計士予備校
法律専門web特化塾
稀覯本・古典籍・筆写本・
古文書・蔵書2万冊
ネットワーク
オンラインシステム
年間300日海外出張中
subject of study:
metaphysics、
形而上学心身論、藝術論、
マーケティング・プロセス
マネジメント・システム
経済学、経営学、
ニューロ・セマンティック、
NLP、古代哲学、
サンスクリット、ドイツ語
多面的次元乖離
先史美術古代希臘印度
スペシャリストSpecialist
ジェネラリストGeneralist
多面的思索

著作権法保護
無断転載コピー禁止

最近の記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Strong luck

decoboko.jp

FC2Ad

Template by たけやん