成功名言 悠々富裕福 深沢純二

ココロほど世に面白きものはなし 非線形・非推移的数論 忘己観物・忘物観道

独創的

日経225先物テクニカル分析

(大引け)始値:16630 高値:16750 安値:16570 終値:16710

出来高微減のコマ陽線。上値は先行スパン16765に抑えられた。下値は転換線16580。大きく動くエネルギーを溜めている。

(寄付き前)昨日に続き階差S構成点16600のラインが再度試される。再び下ブレイクするならば、今度はレジスタンスラインとして機能し始める。

米住宅価格

http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK804389220071030?rpc=144

NOVA

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/071030/crm0710302158022-n1.htm

原材料は経済のファンダメンタルズ

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_date1&k=2007103000358

マーケットの名言

月並みに盲従する人間は頭がおかしくて、独創的に生きる天才だけが、実は正気なのだ。

ジャン・ポール・サルトル(Jean-Paul Charles Aymard Sartre 1905-1980)

(解説)20世紀後半の思想界に於ける文字通りのスーパースター。現代の世界には、彼ほど強烈な逸材は、あらゆる分野を鳥瞰しても不在だろう。「いかなる人間でも生きながら神格化されるには値しない」とは、彼のノーベル文学賞辞退(1964)の言。大江健三郎氏は若き頃、彼の思想の熱狂渦中に実在した。

もう一つの世界

日経225先物テクニカル分析

(大引け)始値:16640 高値:16690 安値:16500 終値:16670

出来高増の下影陽線。寄付き前に指摘した階差S構成点16600を一日で下ブレイクしたことにより、上方Gapを埋めてしまい、昨日の上昇がトラップである可能性が高まったのは、予測計算通り。転換線16695で抑えられ雲の中。NYDOWは、ウェッジからフラッグフォーメーション形成。

(寄付前)階差S構成点16600で下げ止まるかがポイント。上昇トレンドとなったならば、このラインで下げ止まるはず。下げ止まらなければ、上ブレイクがトラップ。また、出来高がどのような状況で増減するかも重要。

マーケットの名言

私はこの現実の世界の他に、何らかの意味で別の世界があることを想像せずにはおられない。すなわち現実の世界の裏にはいろいろな意味で、多彩多様の世界があるからではないか、そして現実の世界も、その別の世界と一つであって、それが偶然かあるいは何らかの理由によって、別の世界のエネルギーが物質となって実現されたのではなかろうか。

湯川秀樹

(解説)物理学者である湯川秀樹博士の言ゆえに面白さが倍増する。物理的な世界を突き詰めて考えてゆくと、自分の考察しているのが、物質の世界なのか、神秘主義の世界なのか、その境界が分からなくなってくるそうである。

複利の力

日経225先物テクニカル分析

(大引け)始値:16660 高値:16800 安値:16660 終値:16730

出来高減の窓空け陽線。背反律のトラップを否定してしまった。今後の方向性は出来高が鍵となる。

(寄付き前)CME16665となったため、仮にこのプライスにサヤ寄せすると、階差S構成点16600を上ブレイクすることになる。更に、16600-16730は上下双方のGapのため価格帯別出来高真空地帯。16730までは一気に上昇しやすい。この結果、相反するトラップが同時に発生することになる。つまり、10/22の9/27Breakaway Gap否定がトラップなのか、本日の階差S構成点上ブレイクがトラップなのか。マーケットに於いて、上昇トレンドと下落トレンドは同時には起こりえない(背反律)から、どちらがトラップである。確率から言えば、本日の上ブレイクの方がトラップであるそれが高いと予測する。また、一気に16730超まで上昇した場合は、目先達成感が強く、戻り天井となると思われる。NY原油が時間外で92.4まで急騰。

金融危機

http://jp.reuters.com/article/stocksNews/idJPnTK003396120071028

http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/saito.cfm

衆議院TV

http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.cfm?ex=TD

マーケットの名言

複利という最も単純なシステムは、世界の不思議の第八番目。

ロスチャイルド男爵

アートマン

日曜日

日曜日は何のためにあるか。平日は生きるための慌しさの中で時間が過ぎてゆく。しかし、日曜日はそれら全てから離れ、心も目先の慌しい仕事から遊離させ、ゆっくり人生の来し方行く末の意味を考える時でもあろう。静かにじっと瞑想すべき贅沢な時間ではある。対象は、猥雑な社会動静や他人の言動ではなく、あくまで自己自身である。他者は自己の心が造成する幻想に過ぎない。世界情勢や他者の言動に関する情報には詳しいが、自己自身についてはほとんど知らないのが現代人の特徴。静かに自己を見つめる馥郁たる時間が日曜日である。

マーケットの名言

アートマン(自己)ならざるものをアートマンと見なすということの意味を、更に具体的に考えてみよう。非我(アートマンならざるもの)と言われるものの中でも、自己の身体、家族、財産、地位などは、自己にとり最も大切なものであり、しばしばアートマンである如くに誤り解される。しかしそれらはアートマンではありえない。

中村元『自我と無我』平楽寺書店p18

三衣一鉢

テクニカル分析

NYDOWは指摘している通りウェッジからフラッグフォーメーション継続。NASDAQは天井圏で出現する長い下影陰線。

三衣一鉢

三衣一鉢(さんねいっぱつ)とは、僧侶に最低限必要な三枚の着物と、托鉢に使う一つのお鉢のこと。これがあれば満足して生活できる。起きて半畳、寝て一畳との奥ゆかしい表現も、これらがあれば生活は宜しいと言う換言。吾唯足知(われただたるをしる)は賢者の知恵であり処世術。満足とは実に良い言葉。表面的な外見に左右されることなく、常に満足していられる人こそ、この世の幸福者であろう。感謝する心ほど幸福への捷径は無い。今まで様々な学徒に出会ったが、感謝念の篤い方は例外なく心が澄んでいた。ほんのちょっとした些事を深く感謝し心に刻み込む習慣を持っていた。

経済関係

本日は出張ですので、ザラ場には参加しません。

日経225先物テクニカル分析

(大引け)始値:16420 高値:16530 安値:16360 終値:16490

出来高減の上下影コマ陽線。5日線は越えたが、出来高が増加していず、16600も超えられず自律反発程度の買戻し。トレンドが変化した訳ではない。

(寄付き前)NYDOWは相変わらずウェッジフォーメーションらしい不安定な動き継続。日経先物も同様の動きが予測される。9/18-10/15までは5日線に沿っての上昇、10/16からは5日線に沿っての下落と定型通りの動きになっている。直近の下落トレンドを崩すとすればこの5日線16478を上抜けることが最低条件。しかし、昨日は既に短期安値のサポートライン16250を割ってしまい、本日はその下の先行スパン16090のみに辛うじて支えられている危うい位置。ここを割れるとガタリと行く。サブプライムに関しては本ブログ9/6にて「サブプライムなど米住宅問題がそう簡単に終わる訳がない」と歴史的状況を踏まえつつその構造的問題性から長期化を予測している。FRB(連銀理事会)が恐れているのが、FF金利0.5%引き下げ(9/18)前の水準に株価が戻ってしまうことだろう。現に10/22にはNYDOWは既に9/18と同水準の安値を叩いている。1か月かかって行って来いを演出したのがFRBだったのだ。マーケットの見えざる手に株価を委ねることなく、強引に市場を操作したツケがまわって来つつあるという訳だ。

マーケットの名言

時間に関する経済関係は、空間に関する経済関係の特性を多く持っている。

サミュエルソン『経済学体系・4』勁草書房p231

(解説)うっとりするような名言ではある。論文名は『異時点間価格均衡:投機の理論へのプロローグ』の冒頭の一文である。

知識の力

偽装

世間では偽装が流行しているらしい。様々な食品が偽装されつづけ、告発されているようだ。しかし、大切なのは自らの人生が偽装されていないか、週末にでも考えること。自らの人生の偽装を見破り、告発できるのは自分自身だけだ。「罪の無い者だけが、非難できる資格がある」とは古典にある名言。

日経225先物テクニカル分析

(大引け)始値:16430 高値:16470 安値:16210 終値:16280

出来高微増の下値切り下げ陰線。短期安値を更新した。明日16730を超えられなければ、週足でも窓空けGDとなる。加えて週足スロー・ストキャスティクスは高値圏にある。新17日ターム突入した10/22に「マーケットが上昇波動であることを自ら否定し、下落波動もしくはコンティニュエーションパターンとなる可能性が高まった」と予測計算した通りの展開。日経平均とTOPIXは一陽介在九陰連となり、じり安感強し。TOPIX日足は雲を下抜けしている。

(寄付き前)NYDOWはウェッジフォーメーションらしい不安定な値動き、近日中の300クラスの急落が予測される。日経先物は、10/22安値16250(短期安値)とその下の先行スパン16090がレジスタンスライン。このラインを割ると下にはレジスタンスラインが無い。更に16000を割ると、価格帯別出来高希薄地帯に突入する。8/17クラスの下げも充分想定される位置。スローストキャスティクスは%D18%で今一段の下げ余地を示唆。

マーケットの名言

皮肉なことに、工業労働者の急速な興隆をもたらしたものと、急速な衰退をもたらしたものは、同じである。すなわち知識の力である。19世紀においては、マルクスをはじめ、あらゆる経済学者にとって、生産量を増やすためには、より激しく働くか、より長く働くしかないということが、公理となっていた。しかし、一人のアメリカ人、フレデリック・W・テイラーが、人類の歴史上はじめて、工場労働を研究と分析の対象にするという、かつて誰も考えなかったことを行った。彼は、より賢明に働くことによって、生産量を大幅に増やせることを示した。

P.F.ドラッカー『新しい現実』ダイヤモンド社p271

イノベーション

日経225先物テクニカル分析

(大引け)始値:16530 高値:16600 安値:16340 終値:16370

出来高急増上影陰線は昨日からの予測計算通り。高値16600が階差S構成点に跳ね返されたのも予測通り。このラインは今後重要となる。日経平均、TOPIXは出来高増一陽介在八陰連となり更に悪化。先物の上昇ウェッジの類似形は、8/6-8/9にある。

16580-16600は階差S構成点の可能性が出てきた。『階差S構成点』とは、S構成点が階差となっていること。S構成点については、図が必要なので一目均衡表の解説書を参照。また、右の検索にS構成点と入れれば、最近のそれが分かる。現在の下降波動S構成点は10/11の高値17530である。しかし現在は二段階差となっていて、もう一本のラインが16580-16600のラインにある。これが階差S構成点。つまり、現在の先物はS構成点が二重になっていることになる。それ故、階差S構成点と言う。ちなみにこの考え方は、テクニカル分析上、有効であり、トレンドの転換点となるケースが多い。

(寄付き前)NYDOW+109(+0.81%)と続伸したことにより、再び上昇ウェッジフォーメーションを形成しつつある。日経先物も同様のウェッジを形成しつつある。ウェッジの先がどうなるかは100%的中させている。先物16600-16730は上下双方Gapによる価格帯別出来高真空地帯となるので、上昇すれば一気に動きやすい価格帯。基準線16635、5日線16768、25日線16822がレジスタンスライン。

マーケットの名言

1950年代の初め、松下は規模もあまり大きくなく、知名度もたいしたことはなかった。東芝や日立などの名門企業と比べ、あらゆる点で見劣りがしていた。松下は当時、他の家電メーカーと全く同じように、日本ではテレビがそれほど早く普及しないものと見ていた。1954年か55年のことであるが、ある日本の家電メーカーの会長は、ニューヨークのある会合において、日本人は貧しく、テレビのような高価なものは買えないと話していた。ところが松下は、農家だけはテレビを買えないほど貧しいことをそれほど気にしていないことに気づいた。農家はそのようなことよりも、テレビによって、ついにはじめて外の世界と接触できることになったことに心を奪われていた。もちろん彼らにとっても、テレビを買うことは、経済的には大変なことであった。しかし彼らの極めて多くが、なんとか工面してテレビを買ったのである。当時、東芝や日立は、松下よりも優れたテレビを開発していた。しかし両社は、テレビを大都市のデパートで売ろうとした。農民はそのような所へはお呼びではなかった。これに対し松下は、農家に対する訪問販売を行った。木綿の作業ズボンやエプロンよりも高いものを、このようにして農家に売ろうとしたのは、松下がはじめてであった。

P.F.ドラッカー『イノベーションと企業家精神』ダイヤモンド社p70

資本

日経225先物テクニカル分析

(大引け)始値:16490 高値:16580 安値:16440 終値:16480

出来高急減気迷い十字形状。基準線16635に頭を抑えられた。5日線と25日線のDC。週足は緩やかなダイバージェンスが発生しているが、日足はコンバージェンスが発生していない。JASDAQ指数とマザーズ指数はカブセ形状陰線。出来高減の日経平均とTOPIXは短期高値から一陽介在七陰連(陰線七日に陽線一日)となり、先安ジリ安感。先物16600-16730は上下双方Gapによる価格帯別出来高真空地帯。

4755楽天はN計算値が61500(直近20日ターム)となるので、本日高値61000でほぼ目先達成。

(寄り付き前)NYDOW+44(+0.33%)だが、直前の-366(-2.64%)急落後にしては戻りが弱弱しい。日経先物も直近1280円の急落をしているので、一時的な自律反発が想定される。しかし、スロー・ストキャスティクスは23%(10/22)、ノーマル・ストキャスティクスも%D23%なので、今一段の下落余地はある。10/19で、8/17から43日目に該当し一期二節(本来は42日)終了と考える。つまり、10/22から17日タームの新波動突入と思う。NY原油はディストリビューションからの下落、円安限定円高傾向は全て予測計算通りの推移。

マーケットの名言

カールマルクスの基本的な洞察の一つに、資本は移動性をもつというものがある。この点において、資本は、土地や労働などの生産要素とは根本的に異なる。資本は、もっともよく酬いてくれるところへ移動する。この意味においても、今日、知識は、先進国における真の資本である。

P.F.ドラッカー『新しい現実』ダイヤモンド社p260

Breakaway Gap

日経225先物テクニカル分析

(大引け)始値:16280 高値:16490 安値:16250 終値:16440

出来高減窓空け陽線。安値は週足先行スパン2で支えられた。一時570円の下落だが、出来高減により、セリングクライマックスとは言えない。また、9/27Breakaway Gapは、逆Gap(GD)と16250まで下落することによりきちんと埋められた。これにより、新17日タームは、マーケットが上昇波動であることを自ら否定し、下落波動もしくはコンティニュエーションパターンとなる可能性が高まった。日経平均とTOPIXは、共に出来高増窓空け下影陰線。日経平均週足過去データ累積の今週と来週は悪い。

サブプライム-2兆円

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20071021i512.htm

(寄り付き前)本日のポイントは再三指摘している16500(9/26高値)-16650(9/27安値)のBreakaway Gapを埋められるか否かである。これを明確に埋めた場合は、今回の下落は上昇波動における一時的な押し目(調整)ではなく、新規17日タームの下落トレンド、もしくはコンティニュエーションパターン入りをマーケットが自ら証明することになる。投げが投げを呼ぶ展開に加え、価格帯別出来高希薄地帯であるので、本日も含め数日内には8/17並みの急落も充分想定される。

強健

日経225先物テクニカル分析

CME16460(大証比-360)は16720以下の出来高真空地帯であるための一気急落である。日経先物の現時点での重要なメルクマールである窓は16500(9/26高値)-16650(9/27安値)のBreakaway Gap。Breakaway Gapとは上昇トレンドである限り埋められない。仮に10/22月曜日CME値16460で寄り付くとこの窓が一気に埋められることになる。この意味は、マーケット自体が上昇トレンドのシグナルであるBreakaway Gapを否定したことになる。マーケットには三つの波動しかない。上昇波動、下落波動、コンティニュエーション(保合い)の三つである。その中の上昇波動が否定されれば、17日タームは下落波動か、コンティニュエーションしかありえなくなる。加えてオータネーション(alternation:交替)法則である確率が高いので2007/3/5~3/14のようなダブル底(二番底)は起こりにくい。重要な下値支持線をあっけなく次々と突破してゆく様は、7/26からの流れに似ている。週足スローストキャスティクスは絵に描いたような天井圏での明確な売りサイン。日足基準線16570、日足先行スパン1が16180、週足先行スパン2が16165。

マーケットの名言

人間というものは、もともと設計にミスはなく、バランスがとれ、病気などせずに健康に一生を送れる様になっています。それが大哲学なわけです。不健康というのはそのバランスが崩れることです。それには何か原因があり、自然の法則やからだのしくみにそぐわない間違ったことをするからです。

橋本敬三『万病を治せる妙療法』農山漁村文化協会p98-9

自己実現

テクニカル分析

10/16「数日内には200クラスの続落が想定される」との予測計算通りNYDOW -366(-2.64%)の急続落。陰線が連続するまでの直近は高値で揉み合っていたので一見強いようであるが、ある時間が経つと堪え切れなくなり急落する、これがディストリビューション期の特徴。テクニカル的には先週から「ガタリとした急落」が近いことを指摘していた。

古都

今日明日と再び京都。古代印度哲学の泰斗から哲学的なお教えを戴くため。哲学的視点とは野球で喩えればキャッチャーのポジションにあたる。投手と野手は全てホームベースを向いているが、一人だけ視点が逆方向を向いているのがキャッチャー。哲学的会話を楽しむとは思えば無上に贅沢な時間ではある。学識ある真の学者との対話ほど芳醇な時間が、人生にまたとあろうか。人生には極上の会話が確かに実存する。私のその一つは、かつて教えていた小学校5年生の女の子との会話だ。女子は言語能力が一般に繊細かつ高度であり、その子はとりわけ秀逸な言語能力と知性が躍動し、かつ心が健全に発達しつつある子供らしい活発なエネルギーに満ちた学徒であった。夥しい読書家である彼女の愛読書を私は一冊も知らなかった。また、私のそれを彼女の方も全く知らない。双方の前提知識に断絶があるからこそ、彼女の話す愛読書の世界観の広がりと言語表現の面白さは、比類が無かった。これでもかこれでもかと目くるめく様な未知の言語世界が大脳に展開されてゆく。この世にこれほどの面白く熱中する文学的会話があろうかと思えるほどであった。そこには言語的芸術の最高度の具現があった。

マーケットの名言

自己実現する人びとは、普通、欲求を満たしてくれる特質を、抽象する必要もなければ、人を道具として見るにも及ばないので、他人に対し、没価値、没批判、無干渉、没非難、無欲「無選択的理解」の態度をとることが、はるかに容易である。ありのままの現実を明確に、洞察的に認知し、理解することができるようになるのである。これは、こだわりのない淡々とした性質のもので、医者や治療者が恐らく求めようとして努め、自己実現する人びとが労せずして到達している自在無碍の心境である。

アブラハム・マズロー『完全なる人間』誠信書房p65

遺伝

日経225先物テクニカル分析

(大引け)始値:16950 高値:16950 安値:16730 終値:16820

予測計算通りの-300円急落。これがディストリビューションからの急落。出来高増50円窓空け陰の寄付坊主。行き違い線の類似形。上値は76日移動平均に抑えられ、下値は25日移動平均16770、エイペクス16775で支えられた。一昨日指摘した黒三兵が効いている。日経平均は先物と類似形状だが、TOPIXは25日線を割り込んでいる。スロー・ストキャスティクスはディストリビューション後の%D26%の急落であるから、今一段の下落余地がある。昨日から指摘しているように日経先物16720から16600は出来高真空地帯であるから、一気に動く価格帯。その直前で辛うじて今日のところは下げ止まった。16720を割っていたら、-500円もありえた。ドル円も予測計算通りの値動きであり、117円への円安は一時的であり、115円前後の円高に逆戻り。

6741日本信号再びプログラムミス

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071018i114.htm

ペトロチャイナ全株売却

http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPnJS803883420071019

カラチテロ

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-28418320071018

(寄り付き前)予測計算通りNYDOW続落の-3.58(-0.03%)。 日経先物は76日移動平均16973、25日移動平均16730、その下のBreakaway Gap 16650が重要。下げ三法の定型だと昨日並みのコマ陽線が2日ほど続いた後に長大陰線となり下落トレンドとなる。NY原油先物は史上最高値更新90(時間外取引)、CME16995(大証比-125)。

マーケットの名言

遺伝の研究者は人間を研究対象にしない。新しい世代が現れるのは30年に一度かそこら、変化の因果関係を理解するには長い時間がかかる。だから、一日のうちに受精し、生まれ、成長し、死に至るショウジョウバエを使うのだ。産業界でなにかが起きる理由を理解したいのなら、ディスクドライブ業界を研究するとよい。ディスクドライブメーカーは、産業界で最もショウジョウバエに近い存在だ。

クレイトン・クリステンセン『イノベーションのジレンマ』翔泳社p27

(解説)イノベーションのジレンマとは、テクニカル的面白さを追求する大脳本能と、現実的マネジメントが乖離することにより起こる。しかし、その瀬戸際に人間社会は成立している。

知覚

日経225先物テクニカル分析

(大引け)始値:17010 高値:17180 安値:17000 終値:17120

出来高減、自律反発の域を出ない上影陽線。頭は転換線に抑えられ、下値は76日移動平均に支えられた。日経平均も同様のチャート形状だが、TOPIXは25日線に支えられた。急落後なので下げ三法を作り易いチャート形状。

ベージュブック

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20071018it04.htm

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2007101800390

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2007101800044

(寄り付き前)NYDOWは予測計算通りの-20.40(-0.15%)と続落であり、一時下げ幅は-100を超え出来高を伴い25日線を割れた。本日の日経先物は、昨日ノーマルストキャスティクスが0%を打っていることと、直近の下げ幅が-710円となっているので、一時的な自律反発がある方が自然。しかし問題はその後も買いが継続できるかである。16720から16600は出来高真空地帯であるから、一気に動く価格帯。重要ポイントはBreakaway Gap 16650のラインであることに変わりはない。これを下ブレイクしなければ上昇波動継続であり、そうでなければ、つまり下ブレイクすれば17日タームでの下落波動決定。NY原油は89と史上最高値更新後は、87に反落。ピークアウト近い。

マーケットの名言

仮に、知覚の入り口が浄化されたならば

全ての物事は、ありのままの姿を無窮に

人の目の前に現すだろう。

If the doors of perception were cleansed everything would appear to man as it is, infinite.

William Blake (November 28, 1757 – August 12, 1827)

空海

日経225先物テクニカル分析

(大引け)始値:17140 高値:17150 安値:16820 終値:16980

予測計算通りの急続落。ハラミ陰線→出来高急増三羽烏(=黒三兵:終値切り下げ三連続陰線)。安値は先行スパン 16775円に支えられた下影陰線だが、状況は更に悪化。直近高値(10/11高値17530)から710円の急落。日足ノーマル・ストキャスティクスが0%(本日寄り前)にも関わらず更に下落するのは8/15に似ている。メガバンクは見事なスパイクトップ形状を形成し、何れも25日線を下回る。

インドSENSEX指数急落

http://www.kabushiki.co.jp/single/kshp041-02.jspx;jsessionid=BCE56C88E3E856CA5220B5D11094111F?id=000115AC518F1D3FE0A9C6DD1F68863F

http://www.nikkei.co.jp/news/market/20071017m1ds0iss1517.html

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-28381120071017

(寄り付き前)昨日指摘した一巡76日移動平均16996のポイントをCMEが16960(大証比-170)となったことにより、既に割れてしまった。ということは、その下のBreakaway Gap 16650の重要ラインが今日から試されることになる。このライン前後は先行スパン16775、25日移動平均16639もあり極めて重要。このラインを下ブレイクすると、次のテクニカルパワーがじわりと効いて来ることになる。このようにしばらく時間を置いて効いて来るテクニカルパワーを隔擬と言う。

?7/12~8/17の一期26日をほぼ下げ一本で取っている→トラップ期が終了するとじわじわ効いて来る。

?オータネーション(alternation:交替)法則が効き始める→マーケットは二度続けて同じ波動をとらない。

?一巡76日移動平均の下で推移することになる

上の二つは先に指摘済み。NYDOWも予測計算通りの続落-71.86(-0.51%)。NY原油は88と史上最高値更新だが出来高取組高双方伴わず仕手系の上げ。既にGSなどは売り上がっているのではないかと思われる危うい上昇。 90か100をつけて急落か。

マーケットの名言

空海の伝説といえば、最近、私の知人でどういう場合でも理性をうしないそうにない人文科学者が、話題が空海のことになると、自分は、つまり自分のような讃岐そだちの者にはとても空海を人として論ずることはできない、人以上の存在だと思ったときにはじめて気持ちが安らいで多少とも空海について語ることができる、と言った。それを聴いて私は息をわすれるような驚きをおぼえた。

司馬遼太郎『空海の風景・上巻』中央公論社p7

(解説)司馬遼太郎の小説は、随筆とも紀行とも空想文とも判別がつかない。しかし、何とも言えない味わいがある。恐らく司馬が歴史そのものを心から溺愛しているからだろう。だから歴史的人物が呼吸している。

キャッシュフロー

日経225先物テクニカル分析

(大引け)始値:17280 高値:17320 安値:17130 終値:17130

出来高急増-270円陰の大引け坊主。予測計算通りのティストリビューションからの急落。200日移動平均17319円を再び割れ頭を抑えられた。本日終値は52週移動平均17136で支えられた。一巡76日移動平均が16996円にあり、明日からはここのラインの攻防。日経平均は日経先物とほぼ同位置であるが、TOPIXは本日の急落でこの76日移動平均ラインは既に割れていて、かなり厳しいチャート形状。先物の重要な窓は16650(9/27安値)のBreakaway Gap。この窓が埋められると、上昇トレンドのシグナルであるBreakaway Gapが否定されたことになり、15230(年安値8/17)に向かう下落トレンドとなる。

中国警告

http://jp.reuters.com/article/stocksNews/idJPnTK803446220071016

(寄り付き前)第一サポートラインは昨日割れているので、5日線17340、200日移動平均17318、転換線17275で支えられるかがポイント。ディストリビューションと二重ハラミが効いて来るCME17320(大証比-80)。NYDOWの出来高増-108.28 (-0.77%)は予測計算通りの急落であり13984と心理的節目、上昇メルクマールの14000も割れた。数日内には200クラスの続落が想定される。 NY原油はトルコ×クルド人(イラク)の地政学的リスクより過去最高値86を突破。しかしこれも取組高移動平均がディストリビューション商状で危うい上昇であり、「ガタリ」と来る急落が想定される。NY金は今一段高がテクニカル上は予測計算されるが、NY金は年前半に高くなる過去データ累積傾向があり、これから高くなっても一時的。

マーケットの名言

投資家のウォーレン・バフェットは、会社の内容を知りたいときには証券アナリストには聞かないと言っていた。彼らは利益を問題にする。しかし、利益が問題なのではない。バフェットは銀行のローン・アナリストに聞くという。キャッシュフローを問題にするからである。起業家というものは金のことに暗い。

P.F.ドラッカー『ネクスト・ソサエティ』ダイヤモンド社p156

(解説)経営とは利益を貯め込むことではなく、キャッシュフロー(お金を流す)術である。お金は流動させないと、呼び水となって次なる利を呼び込まない。この流れが次々に積み重なることにより永続的な利が来るのである。このお金を流すという感覚とその呼吸が大切。

Who am I ?

日経225先物テクニカル分析

(大引け)始値:17440 高値:17470 安値:17330 終値:17400

出来高減のハラミ陰線再び。予測計算通りの下落だが、小幅に留まる。

騰落レシオ東一は、102.2(10/5)を短期高値として、94.8(10/12)と下落し、本日再び102と上昇。NASDAQはツツミ線(10/11)→ハラミ線(10/12)と高値圏で連続している。

7974任天堂時価総額10兆円突破

トヨタ23兆円、三菱UFJF12兆円に次いで国内三位。メガバンクも通信巨大企業もオールドエコノミーも、足下に置くランキング構図は面白い。数年前のゲーム不況が嘘の様だ。人間は歩くゲーマー(gamer)であるから、大脳を直撃するほど面白ければ必ずヒットする。分かりやすく操作しやすく面白いと三拍子揃ったのがwii。刺激の仕方がカギという訳だ。しかも有利子負債0(無借金経営)という財務諸表の超優等生。しかし、株式売買は最小100株単位だから712万円(本日終値)は最低でも必要。

http://quoterank.yahoo.co.jp/ranking/search?b=1&kd=4&mk=11%2c%2012%2c%2021%2c%2022%2c%2031%2c%2032%2c%2043%2c%2047%2c%2083%2c%2087%2c%2094%2c%2017%2c%20A1%2c%20A7%2c%2037&ca=1&tm=day&

エプソン大幅高

http://company.nikkei.co.jp/news/news.cfm?Nik_Code=0002141&Page=1&Back_sid=IR_CT&genreCode=m6&newsId=d3l1501q15&newsDate=20071015&RELEASE=2007/10/15

(寄り付き前)第一サポートラインが17380となっている。5日線17286、転換線17125となり、どこで下げ止まるかがポイント。週足でもオーバーシュートゾーンに突入しているので、上値は限定的だが、下値は下落余地がある。CME17510(大証比+170)

Who am I ?

Who are you?(あなたは誰ですか)と問われたたら、何と答えるだろうか。

ラマナ・マハリシ(Bhagavan Sri Ramana Maharshi)は、”Who am I ?”と考え続けなさいと言う。Who am I?(私は誰)と自分自身に向かって問うのである。自分の心は何と答えるだろうか。「○○会社の社員です」「公務員です」「名前は○○です」「家族は○○です」「財産は○○円です」。それが本当の自分であろうか。本当の自分がそこに実在するであろうか。長い時間をかけてその自問自答を繰り返すことにより、問いの本質が次第に深化してゆく。この深化のプロセスが大切なのだ。人生最期の日に思う何かは、その本質へのその人なりの答え。

転迷開悟

セイコーエプソン有機EL参入:技術力がある当該企業の参入により次世代本命ディスプレイ有機EL市場は面白くなる

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20071014AT1D1205M13102007.html

転迷開悟

漢字文化の豊饒さ、懐の深さ、精神性の深遠さを痛感せずには居られない名句だ。

一度聞いたら耳から離れず、人生を見る目が変わるインパクトがある。

転迷開悟(てんめい かいご)とは、一切の迷妄、煩悩を転じて、生きる悟りを開くこと。

強靭な意志

マーケットの名言

不可能なことは何もない

マリオ・カペッキ博士

(解説)マリオ・カペッキ博士は子供の頃不幸が重なり4年間は路上生活者だったそうである。しかし、不可能と言われる問題をとことん追究する強靭な意志を持つ氏は2007年ノーベル医学・生理学賞を受賞された。波乱万丈の人生と言えば、1981年にノーベル文学賞を受賞されたエリアス・カネッティの話も面白い。イギリスに留学していた日本人が居た。留学生だから、金がなく、毎夕一番安いパブに行ってパンを食べていた。彼がその安パブに行く頃、いつも隣り合わせになる乞食みたいな風体の老人が居た。孤独で金がなく暇だから話しかけると、向うも同様らしく返答してくれる。ちょっと難しいことを話しかけると、向うはそれ以上の知識があり、とんでもなくすばらしい返答をする。イギリスには頭の良い博識な乞食が居るものだと感心し、名前を聞いておいた。その留学生が日本に帰国し、しばらく経過した日、見覚えのある彼の顔写真と名前が新聞一面にでかでかと出ていた。「ノーベル文学賞受賞 エリアス・カネッティ」と。いじめられっ子がボクシングの世界チャンピオンになったり、路上生活者がノーベル賞を受賞したり、誠に人生は劇場空間である。人はみな人生と言う劇場の役者だ。しかも、自分が自分の人生でどような役をするのか、決めるのは自分の心がすべて。演出家も役者も自分自身だ。だから人生劇場は面白い。カネッティの逸話は天才作家安部公房著『地球儀に住むガルシア・マルケス』に出ています。

日経225先物テクニカル分析

(大引け)始値:17480 高値:17490 安値:17310 終値:17340

出来高減のハラミ陰線。昨日が陽の大引け坊主での陰ハラミなので、弱い天井暗示。本日は予測計算通りの下落。安値はサポートラインに支えられた。

6741日本信号は3大信号企業トップだが、インフラレベルのシステム障害は、総合技術力の甘さを露呈。尤も、2759万枚のスイカ・パスモと駅端末-ホストコンピュータをリンクさせ計算させるシステムは世界一であり、担当SEとプログラマにとっては悪夢のようなトラブルだろうが。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20071012/284411/

http://www.kabushiki.co.jp/single/kshp041-02.jspx?id=00011592B920FA3FD57E76D71A53D63F

百度急落

http://today.reuters.co.jp/investing/financeArticle.aspx?type=globalEquities&storyID=2007-10-12T014355Z_01_JS8049429_RTRIDST_0_ZHAESMA04110.XML

(寄り付き前)NYDOWは引き続きディストリビューションらしい乱高下の末の-63(-0.45%)。日経先物も類似の流れが予測され、昨日の急騰により、急落する確率が更に高まりつつある。このようにマーケットとは感情的にオーバーシュートしやすいものであり、それゆえ、天井が無いように買い続け、底が無いように売り続ける手法が有効なケースもある。サポートラインは17290円、5日線は17242円となっている。

マーケットの名言

空の空、空の空、いっさいは空である。

日の下で人が労するすべての労苦は、その身に何の益があるか。

世は去り、世は来る。

しかし地は永遠に変わらない。

『伝道の書』第1章2

(解説)空(くう)とはヘブライ語でhebel。「空」「息」「無」「偶像」「悪霊の居所」がその原意。仏教での「空」とは「固定的実体の無いこと、実体性を欠いていること」となる。更に、仏教で「空」と「虚無:こむ」とは異なり、後者は絶対の無であり、涅槃の境地(岩波仏教辞典)となるので、伝道の書との「空」とはニュアンスが異なる。『コヘレトの言葉』とも呼ばれている本書は、人類文化史上、屹然と直立している。この書は1000年前の人間の心をも魅了したろうし、1000年後の人間の魂をも激しく揺さぶるに違いない。これはど文体にパワーがある文書は稀有。紀元前3世紀前後の成立と推定されている。いつの世にも強靭な知性は実在しているものである。

身心学道

日経225先物テクニカル分析

(大引け)始値:17240 高値:17530 安値:17190 終値:17530

出来高急増の陽線だが、ミニSQ前の恒例乱高下の一環。本来のトレンドとは乖離したオーバーシュートであり、柔軟に対応できれば充分。

新しい読者の方もおられるご様子ですので、誤解が無いように私のトレードを簡単に説明します。

私は予想屋(当て屋)ではございません。予想屋(当て屋)とは、相場の上下を当てることによりトレードすることを専門にされている方です。恐らく初心者の大半が予想が当たればマーケットで勝てると思い、職業人が書くレポートの多数もその考えに従っています。

しかし、それと全く異なるノイマンの「ゲーム理論」を応用したトレード手法が、私のそれです。テクニカル分析に依る予測計算は頻繁にしますが、あくまでテクニカル分析上はこの様に言えるという計算結果です。例として本日の日経先物の建玉の流れで説明します。寄り前は、下落予測計算をしていましたので、寄り売り(寄り付きで先物を売建)から入っています。前場は良かったのですが、後場早々、逆指し値にかかりました。よりまして即座に買いドテンです。更に利が乗っている方向に増玉をします(本日は買い)。このように、テクニカル分析も予測計算も頻繁にしますが、その結果には全くこだわりません。「売り」も「買い」も単なる記号として、ほとんど区別しないくらいです。一見、相場の上下に着目しつつトレードに参加しているようですが、そのようなことは全く無く、ポジションは臨機応変自由自在に変えて行きます。実は数学の問題を解いている感覚で参加しています。本質は数学をしていることになります。短期売買の目先を当てようとするとマーケットトラップに陥ります。以上は超短期売買に限定した話です。

機械受注統計民需-7.7%

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-28286820071011

(寄り付き前)予測計算通りのNYDOW -85(-0.61%)。本日の日経先物は17000を保てるかがポイント。転換線は16970。

これで4年連続プレーオフ敗退。

昨夜のソフトバンクは第二ステージを目前にして惨敗。エース斉藤投手は、昨年は2試合連続1失点完投負け、今年クライマックスシリーズ初戦は4回5失点KO、通算プレーオフ6連敗。10/8痛恨の初戦敗北時「とにかく(気持ちを)切り替えてね」という王監督の言葉は悲痛であった。世界一のプロ野球団を目指し、「プロ野球選手の給料はまだ安い」と言ってのけていた名経営者孫正義オーナーの心境は如何であろうか。

マーケットの名言

人は体の行によって悟る。道元

(解説)現代文明ですっぽり欠如しているのが身学。身学とは文字通り身体への学び。それは学校教育の体育や医学にはなく、プロスポーツにもなく、オリンピックにもない。これらは「より速く、より高く、より強く」という不条理なテーマに集約されており、身体への考え方、その動かし方とリズムが皆同じ指向性であり、極端に偏向しておりかつ偏狭であり、他者を排斥し身心を硬直させることにより達成される。その結果、プロ選手を含め現代成人で豊かな健康を体現している方は稀である。大半は病気とそれへの恐怖に怯えている。身学を心学と書けば心への学びとなる。二つ併せて身心学道。と、ここまでは前置きである。本論はここから。道元の偉さは、身体への学びによって悟るだと喝破したこと。読書でもなく、心学を研究することでもなく、「人は体の行によって悟る」のだと言い切ったこと。身学を喪失した現代に於いてこの言は重い。実に重い。

呪術

日経225先物テクニカル分析

(大引け)始値:17230 高値:17290 安値:17180 終値:17230

出来高減の迷いの十字。出来高は数日間緩やかに減少している。先物の第一サポートラインは僅かに割れ、日経平均のそれは明確に割れていて、TOPIXはサポートライン上。RCIの売りサインも迫りつつある。小さな値幅の小動きばかりが数日間に渡り継続するのは、7/5前後の動きに似ている。加えて本日もCME17310に届かず。テクニカル条件は揃いつつある。上げ相場は突然崩れる。

米成長率大幅下方修正

http://markets.nikkei.co.jp/kokunai/hot.cfm?id=d2m1001110&date=20071010

悲願の日の丸ジェット

YS-11(1962年)以来の国産旅客機だ。自動車で世界一になれたので、旅客機でもやがては世界一になれるだろう。工学技術の凄さ面白さは、誰の目にも分かりやすく明白なこと。http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200710100031a.nwc

(寄り付き前)17250となった第一サポートラインをキープできるかがポイント。個別優良銘柄には資金が戻っている。

マーケットの名言

呪術を使う女は、これを生かしておいてはならない。

『出エジプト記』第22章18

(解説)『創世記』の後に位置し、遅くとも前6世紀には編纂されたと推定されるモーセ五書は当時の律法の集大成でもある。西洋文化の詩篇も文学も絵画も彫刻も音楽もおおよその源泉がここにある。中身は「あなたは寄留の他国人を苦しめてはならない。また、これをしえたげてはならない」「孤児を悩ましてはならない」など現代にも通じるごく常識的な文言も多く、当時の人々の行動を法律で規定している。その中にあって、このように「呪術を使う」とその存在を認め、為政者が極端に恐れ、極刑を言い渡しているのは、本当に呪術を使える魔女が実在した為だろう。世界は誠に広く、歴史は誠に深い。世の中にはおよそ想像を絶するとてつもない真実も実在する。

カウンターパート

日経225先物テクニカル分析

(大引け)始値:17220 高値:17280 安値:17170 終値:17200

出来高減の再び迷いの十字陰線。ディストリビューションらしい小動き。CME17290には届かず。

ドル円為替は円安に振れているが、先週から指摘している通り、出来高が増加していないので、一時的である可能性が高い。

(寄り付き前)NY原油は予測計算通り一時78まで下落し、NYDOWもディストリビューション継続。日経先物もディストリビューションゾーンに突入となっている。第一サポートラインが17200円となっているので、ここをサポートできるかが直近のポイント。オーバーシュートの目処は17380(7/27高値)。

カウンターパート

カウンターパートとはcounterpartであり、一方が他方の対応補完関係となること。例えば、夜と昼、生と死、肉体と精神。夜が無ければ昼は無く、死が無ければ生も無い。カウンターパートの関係にある一対は分離することは不可能であり、それらは融和することによって全体が機能する。人類は文化史の途上で、多様な概念を分かりやすく説明するために名詞としての名称を賦与した。そうすることにより、人間はそれについて語り、考えることができるようになった。しかし、それゆえ一つ一つの名詞は独立した存在のように錯覚してしまう。分離分断できるように錯覚してしまうと、本質を見誤ることになり、しっぺ返しが来る。その名詞概念を背後から支えているのが、例えば数学理論。実存は幾重にもリンクし重なっているところが世界の面白さ。「伏線」という妙があるが、あっと驚くような伏線が、正に実世界には張り巡らされている。それはどんな魔術よりも魔術的であり面白い。

マーケットの名言

君子の学問は、耳から入って心に定着し、それから四肢の末端に満ち渡って、動作に現れてくる。

荀子

真我

二元論

二元論は思考力の怠惰である。二元論とは、例えば「善と悪」という様な一見相反するものに人間や世界を分断する見方。そのように、固着した見方をしてしまえば、そこで思考力は停滞する。あの人は「悪人」であるとか「善人」であるとか。何らかのレッテルを貼ってしまうとそれ以上考えようとしなくなる。白か黒か、陽か陰か、利益か損失か、YESかNOか、勝ちか負けか、成功か失敗か、合格か不合格か。絶えずあらゆる事象を二つに判断あるいは断罪しようとしている。この思考方法に陥るとトラップにはまる。現実の世界はそのようにはできてはいないからだ。二元論という単純化した思考方法では、本質を全く理解し得ない。100%の善人もいなければ100%の悪人も居ないのが現実世界。マーケットに当てはめると、上昇過程では必ず下落のエネルギーを蓄えてる。利が乗っている最中は、必ず損失のエネルギーも背後で増大しつつある。つまり、上昇と下落、あるいは利益と損失という二元論ではなく、融和した表裏一体により世界が構成されていることを悟ると、この世の情景が一変する。利益が増大しているときにはその背後で拡大しつつある損失を思い、損失が拡大しているときにはその背後で増大しつつある利益を思えば、二元論から脱却したバランス感覚を養うことができる。人間をはじめ、見えない背後こそが、その存在を支えている。表裏一体とは、その不可分性を表現しているのだ。卑近な例では、ポケットを見れば、表裏一体でないと存在しえないことが分かる。片方だけを取ろうとすると、存在そのものが消滅する。

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=90003009&sid=aDQD6IP9ddjI&refer=jp_home

マーケットの名言

我々が真我を把握することができないのは、それが自然や肉体と混同されているからである。いちばん無智な人は、自分の肉体を真我だと思っている。少し学のある人は、自分の心を真我だと思っている。両方とも誤謬である。何故、真我がこういうものと混同されているかと言えば、様々な波動が心の湖の上に起こって、真我の姿を隠すからである。我々はこれらの波を通してしか真我を見ることができない。

ヴィヴェーカーナンダ(Swami Vivekananda:1863-1902)

(解説)更に現代風に付け加えれば、次の様になる。人間の中でも最下層の人間は、自分の財産を自分の真我だと勘違いしている。彼らは妄想の狭間で翻弄されつつ、酔生夢死の如き一生を終えることになる。真我とは、文字通り「本当の自分」という意味。

下がってもおかしくない

普段は株式評論家やアナリストの株価見通しや分析はほとんど読まないが、たまたま読んだレポートに「今週は下がってもおかしくない」と書いてあったのには笑えた。ギャグとして笑わせることを意図して執筆されているのか、そうならば息抜きとして、精神衛生上は良い。それにしても「下がってもおかしくない」とは非常に便利な、恐ろしいほど完璧な言葉ではある。上昇したらしたで、有りうべきことであり、下落したらしたで、それはおかしくないと言うのだろう。「下がってもおかしくない」という株価見通しを執筆された方は、何を思われてマーケットを見ているのか、どのような理念で仕事をされているのか、相場観ではなく、その精神構造を聞いてみたい。アナリストとして、究極かつ鉄壁の保身術と言える。マーケットは、上がっても、下がってもおかしくはないとは、たとえ東京湾で巨大油田が発見されても、第4次世界大戦が勃発しようとも、常にパーフェクトな予想ではある。

驚愕的に見とれる

CEATEC 2007で世界初の市販有機ELTVを見た。

有機ELは5年前に関連論文を読んだことにより、その当時のスーパースターであった液晶とプラズマ(現在でも主流)が、実は有機ELへの過渡期の商品であり、比較的短命に終わると思われた。当時の熱の籠ったその論文はやはり尋常ではない熱気があった。ディスプレイの本命中の本命が有機ELという訳だ。しかし、それ以降の展示会で試作品を幾つか見たが、今の携帯電話のディスプレイサイズくらいが辛うじて試作品としてあるのみで、量産商品化には今しばらく時間がかかると想像されていた。

しかし、流石、日の丸ハイテク飛行隊、世界のsony。こんなにも短期間に量産体制を整えて市販まで持ってきてしまった。こういうことをやらせると、やはり日本人の独壇場だ。システム化の上手さとチームワークの良さに加え、生真面目な職人的技術屋のDNAの血が沸き立つのだろう。法隆寺を造形した宮大工を彷彿とさせるプロフェッショナル集団。そのプロが作った造形画面の妖艶なまでの美しいこと。リアリズムの極致が表現される凝縮された空間は、しばし本当に見とれる。見とれるという愉悦を久々に味わった。水の流れるシーンがあったが、リアリズムを超越している。リアリズム以上にリアリティが実存している。感性をダイレクトにかきむしる映像だ。sonyのテクノロジー史から言えばトリニトロンに匹敵する画期だろう。「驚愕的にきれい」とのレポートがあったが言い得て妙。近くにあったsharpのAQUOSが力道山を映す昭和期の白黒テレビのようにも見えた。尤も、sharpのAQUOSは現在市販されている液晶中では最も美しい画面であり、個人的には愛用しているが。

CEATEC会場で、東芝、日立、松下、富士通、三菱、sharp、victorなど各社の技術者主任に有機ELTVの量産化の見通しを聞いたが、有機ELTVの市販商品化の期日を明言できる企業は皆無であった。

http://www.sony.jp/products/Consumer/oel/

http://it.nikkei.co.jp/digital/news/index.aspx?n=MMITxw000007052007

熱中

本日はCEATEC 2007へ行きますので、トレードは指し値を入れておくのみです。

http://www.ceatec.com/2007/ja/visitor/

マーケットの名言

ジーゲル教授が「朝の9時頃から数学の勉強をはじめて夢中になって、夜半の12時まで食事を忘れることがある。一日分まとめて夜半に食事をすると、どうも胃の調子がおかしくなって困る」と言った。私はこれはかなわない、到底常人の及ぶところではないと思った。

小平邦彦『ボクは算数しか出来なかった』岩波現代文庫p83

(解説)かなわないと言った当人は日本で最初にフィールズ賞を受賞された20世紀を代表する数学の世界的権威。毎日15時間集中し、食事を忘れるほど熱中できるものがあると世界トップレベルになれるようだ。

視座

日経225先物テクニカル分析

(大引け)始値:17100 高値:17200 安値:17070 終値:17120

出来高微増の気迷い上影コマ陽線。ディストリビューションらしい停滞。オシレーター系指標は天井圏から落ち始めている。日経東一騰落レシオは96.9(10/3)。NYDOWは第一サポートラインを下ブレイクした。

(寄り付き前)予測計算通りのNYDOW13968 -79.26 (-0.56%)、NY原油も4日続落。 本日の日経先物は5日線16966をキープできるかがポイント。

テクニカル指標の見方

大切なのは、御自分のトレードスタイルに合わせるということです。分トレ(5分前後で次々にクローズしてゆく)なのか、時トレ(1時間前後でクローズしてゆく)、デイトレなのか、スイング(持越して数日でクローズ)なのかでも大きく異なります。また、御自分のロスカットライン、耐えられる資金量によりましても、同じストキャスティクスの値が、ある人にとりましては売りサインともなり、別の人には買いサインとなります。初心者でしたらスロー・ストキャスティクスの方がトラップ(だまし)が少なく扱いやすいと思います。コンバージェンス、ダイバージェンスなどのテクニックは有用です。また、ストキャスティクスは%Dの方が重要です。しかし、ストキャスティクスのみ単独で判断するのは危険です。順張り系(パラボリック、MACD)と逆張り系(RSI、RCI、ストキャスティクス)を組み合わせて判断した方が精度は高まります。これらのテクニックは、テクニカル分析に良い本が出ていますので、数冊は読んで見られることをお勧めします。ジョンJマーフィー著『先物市場のテクニカル分析』(きんざい)は名著と言えます。

御自分で判断力をつけるためには、毎日、分足チャートとストキャスティクスをプリントアウトされ、御自分のエンター(建て玉)とエグジット(クローズ)をペンで書き込んで、成功とか失敗とかコメントを記入し研究材料にしてみて下さい。毎日このトレーニングを繰り返せば、御自分なりの法則が発見できると思います。一律にこうであるとは言えないのがテクニカル分析の妙なのです。また、テクニカル分析とは、医師が心電図のオシロスコープを見て患者の容態を診察し今後の推移を予測することと同じです。何かを発見できるためには熟練と経験が必要です。もう一つの「日経先物のスローは現在丸い山を作っています」とのことですが、これは現在ディストリビューション(天井圏の揉み合い)だからです。しばらく注視してみましょう。

マーケットの名言

五蔵説から見ると、今日の常識ないし学問一般の視座が、人間存在に関していかに狭いものであるかが明白である。いかに精密に観測しようとも、今日の常識ないし学問一般の視座は五蔵説の一部にとどまって、大きな健康観を樹立することができない。

山口恵照『月刊・健康』第244号p29

(解説)山口恵照博士はサーンキャ哲学の第一人者、大阪大学名誉教授。先日、京都でお会いして個人的に教えを頂いた。古典、サンスクリットを自在に引用しつつすらすらと明快に説明される頭脳の明晰さと、ロジカル、ユーモア、信念全てを持たれる精神の豊饒さは、人間の理想を具現されていた。先生は卒寿をお迎えになられたが、その五感は鋭く、頭脳は鍛えれば可能性がどこまでも開花すると言う模範でもあられる。山口恵照先生は佐保田鶴治先生の愛弟子にあたる。

日経225先物テクニカル分析

(大引け)始値:17130 高値:17250 安値:17040 終値:17200

出来高増の両影陽線、ディストリビューションらしい動き。寄り前に指摘したするするとした上昇だったが17250で頭打ち。再びガタリとした急落に向けエネルギーを蓄えている状況継続。9/28に続いて短期高値の更新。NYDOWは大陽線のハラミ陰線となっているので、目先達成感のパターン。

(寄り付き前)17280までは出来高が少ないので簡単に上昇できる価格帯。するすると簡単に上昇できなければ、売り圧力が強く天井圏である証左。NY原油は先週の予測計算通り3日続落となっている。

マーケットの名言

人間よ。最初に、あなたは梵と一体であることを悟りなさい。次に全宇宙が誠に同じ梵なることを悟りなさい。

スワーミー・ヴィヴェーカーナンダ

(解説)梵とはブラフマンの漢訳語。ブラフマンとは古代インド哲学に於いて宇宙の根源であり、根本的創造力、究極的原理。

天井圏

人間は考えるプチプチである。

http://bcnranking.jp/news/0706/070625_7751.html

http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=2011

日経225先物テクニカル分析

(大引け)始値:17100 高値:17120 安値:17020 終値:17090

出来高減の窓空け気迷い星十字の類型。高寄りしたが20円しか伸びず、出来高も増加せず、天井圏が近いことを示唆。TOPIXと日経平均は出来高増。9/27が出来高を伴っているのでBreakaway Gapの可能性もある。仮にそうだとすると、上昇トレンドである限りこのGapはサポートとして働き埋められない。調整時に埋められたら前提仮定が誤り。また、急落時の起点である8/9に前日8/8からの50円小窓がある。

(寄り付き前)CME17115(+265)、NYDOW 14087 +191.92 (+1.38%)はディストリビューションらしい最高値更新。 日経先物は高寄り後もオシレーター指標の天井圏にも関わらず強引に上昇するエネルギーがあるか否かである。高寄り後失速し長陰線となるならば、再びカブセ形態となり、目先達成感が強くなる。直近は、カブセ線、迷い十字、トラップが多いが、期初、月初、週初と新波動突入の不安定期のため。しばらくするときっちり方向性が顕現する。方向性指数のADXはやや上向きになりつつある。

マーケットの名言

長期下落相場からの上昇陽転時は、すぐに強気になれず。(俚諺)

(解説)マーケット心理を逆に使えるのが上手。プロフェッショナルほど、マーケットの少数派に安住しようとする。多数派はオーバーシュートしやすい。

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

深沢純二

Author:深沢純二
知育研究
完璧な数理思考術
美の追求こそ強靭
賢明な投資とは
時間軸を中心とした
純粋幾何学
ロジカル特異技術
高度な専門知識
秩序正しい調和
芸術ですかと
訊かれる事に愉悦

経歴:autodidact
幼少・電子工学・無線電信
中学・世界文学・美術
高校・西洋哲学・言語学
大学・国際金融・外国為替
macroeconomics
business management
考究
マーケティング・データ
定量分析研究システム
Quantitative Analysis
Research System creative
Neuro finance
考定
20代後半
教師から起業
司法試験・公認会計士予備校
法律専門web特化塾
稀覯本・古典籍・筆写本・
古文書・蔵書2万冊
ネットワーク
オンラインシステム
年間300日海外
subject of study:
metaphysics、
形而上学心身論、藝術論、
マーケティング・プロセス
マネジメント・システム
経済学、経営学、
ニューロ・セマンティック、
NLP、古代哲学、
サンスクリット、ドイツ語
多面的次元乖離
先史美術古代希臘印度
スペシャリストSpecialist
ジェネラリストGeneralist
多面的思索
著作権法保護
無断転載コピー禁止
日本銀行 様
Bloomberg・Reuters様
記事リンク許可済み

最近の記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Strong luck

decoboko.jp

FC2Ad

Template by たけやん