成功名言 悠々富裕福 深沢純二

ココロほど世に面白きものはなし 非線形・非推移的数論 忘己観物・忘物観道

精神一到

日経225先物テクニカル分析

過去データから:

日経平均株価の月次収益率(1950/1~2003/7)を見ると、6月は上位三番目に月次収益率が高い月である。しかし、2006,2002年(9.7%下落)の様に下落率が高かった、あるいは1996,1997年の年高値が6月であった、1999年は8.8%上昇したように、年によってその様相が大きく異なる月でもある。

(大引け)

高値:17890

安値:17700

終値:17860

出来高微減の陽線であり、先に指摘していたレジスタンスライン17850の高値を抜いた。それ故、転換線、基準線とも上向き、遅行スパン上向きになり、均衡表上は「買い」サイン点灯。これで明日から2日ほど押し目が入り、その後出来高を伴って力強い陽線が出現したら、確実に上昇波動と言える。

日経平均で287円上昇した今日も、メガバンク、上位地銀は上値を抑えられていて、テクニカル分析が効いているのが面白い。ヘラクレス、マザーズ、JASDAQの新興指数もテクニカル通りの動き。

(寄り付き前)

本日の着眼点:CMEが17715(大証比+125)で帰ってきたので、高寄り後も継続して買いが流入できるかである。

個人的には先物売り一貫、優良個別銘柄利益確定のスタイルは変更なし。

マーケットの名言

精神一到何事か成さざらん

精神を集中してことに当たれば、どんな困難な事でも成し遂げられないものはない。

『朱子語類、八』

スポーツや楽器の忍耐強い訓練が、次第に実力となってゆくのと同様に、トレードの実力も、忍耐強い訓練があって、はじめて少しずつ、ゆっくりと形成されてゆく。実力以上の利益が得られたら、喜ぶよりも恐れたほうが良い。それは、早晩、何倍もの請求書となってマーケットからつきつけられるから。

ウェッジ

日経225先物テクニカル分析

(大引け)

高値:17730

安値:17490

終値:17590

予測計算値通りの下落。

鉱工業生産指数の-0.1%や、中国の印紙税率引き上げは、本日下落のトリガー(契機)にすぎないことが、本ブログを継続して読みの方は了解されると思う。

本日の下落は、昨日までのブログに書いた通りの結果であり、テクニカル的には既に数日前から指摘していた通りの推移。

寄り前に指摘した転換線(17570)と基準線(17530)を下ブレイクしたが、終値は戻した。出来高増の陰線である。昨日、新しいリズムになりかけたが、また以前のリズムに戻った。75日移動平均が17475であるから、ここで跳ね返された。

新興指数(マザーズ、JASDAQ、ヘラクレス)も、理論計算値より1日早かったが、予測通りの陰線。

個人的には、ご報告してある通り、月曜日からの先物売り上がり玉の利益確定。

(ザラ場)

昨日の予測通りの下落。本日は分足でも何度もウェッジが出現している。つまり、上がったところを売れば、何度も利益確定できる。

(寄り付き前)

本日の着眼点:転換線が17570、基準線が17530と下に迫る。このサポートラインが効くかである。NYDOWは引き続き予測計算通りの値動きである。

本日のJASDAQ及びマザーズ指数は上昇波動9日目、スローストキャスティクスの上限となるので、本日で上昇波動が一旦終了するであろう。よって明日以降は、底値圏からであるので、再上昇するとしても、一旦押しが入る可能性が高い。(指数の話です。個別銘柄は、それぞれ別の動きをします)

個人的にはトレードスタイルに変更なし。

先物売り一貫、個別優良銘柄利益確定継続。

マーケットの名言

チャーティストは価格が上下する理由には関心がない。トレンドの初期段階や重要な転換点において、何ゆえ市場がある方向に動くのか誰一人として分からないことはよくある。テクニカルな手法の言わんとすることは、単純すぎると思えるかも知れないが、「市場は全てを織り込む」という大前提の背後にある論理は、市場で経験を積めば積むほど納得せざるをえないものとなるのである。

ジョンJマーフィー『先物市場のテクニカル分析』きんざいp3

分からない、できないという前提から物事を見てゆけば、その通りに物事は見えてくる。

必ずできるという観点から物事を見てゆけば、可能性のある道筋が浮上してくる。

世界は、あなたの信じた通りの姿で応えてくれるのだ。

プロは一瞬の隙を見逃さない。感じ取れない感覚を察知するのがプロ。

原点回帰

本日のように、一波動終了して、新しい波動を模索している状態の時には、私は原点に帰ることを心掛けています。

原点とは、「正しいトレードに終始できているか」です。

日経225先物テクニカル分析

(大引け)

高値:17700

安値:17520

終値:17680

寄り付き前に指摘した三点は全てクリアした。つまり、出来高前日比増の陽線、遅行スパンの上ブレイクである。少しずつリズムが変化している予兆かも知れない。しかし、スローストキャスティクス%Dは45%に低下。つまりダイバージェンス(価格は上昇しているが、指標は下落)である。このような保合い相場においては、かなり有効なのがストキャスティクスのこの指標である。RSIもレジスタンスラインである。日足形状で一番しっくりする見方は、ウェッジ・フォーメーションを作っているということである。このウェッジの傾斜はフラッグと同様、トレンドに対して逆向きである。従って、現状の上向きウェッジは、弱気を意味する。ウェッジに関しては4/12,13ブログに解説があり、その後の下落予測を的中させている。メガバンク、上位地銀も予測計算通りのほぼ頭打ちである。

個人的には先物売り上がり。

(ザラ場)

コンソリデェーション(調整)パターン

コンティニュエーション(保合い)パターン

上記の何れかが進行していることが分かる。このパターンの特徴は次。

1:プライスがP波動となり、ある一点に収束する。P波動とは字形の如く大きな振幅から、次第に小さな振幅に収束してゆく波動。

2:この期間中は出来高が、減少傾向にある。

3:本パターン通過後は、出来高が増加する。

2/26からこの波形となっている。

(寄り付き前)

本日の着眼点:昨日の地合いを引き継いで、買いが継続するかであろう。出来高増の陽線となれるかである。遅行スパンが実線とクロスしているので、これが上に行くか、跳ね返されて下に行くかの分岐点。ボリンジャーバンドからは、ブレイクがいつでも想定できる状況。

個人的には先物売り一貫継続、個別優良銘柄利益確定スタイル。

マーケットの名言

チャート分析を学ぶとは実は人間心理を学ぶことであり、刻々と変化するマーケット状況に対するトレーダーの行動を分析することなのである。

ジョンJマーフィー『先物市場のテクニカル分析』きんざいp56

殯の森

河瀬直美監督の快挙だ。カンヌでのグランプリ。

本編はまだ鑑賞していないが、『殯の森』という題名だけでも、魅了される語感がある。このようなテーマだと日本人は強い。日本文学の「狭い世界を垂直に掘る」という1000年以上の伝統が継承されているようだ。良くも悪くも連綿と引き継がれている文化伝統の重みを感じる。

http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20070528SSXKB000128052007.html

http://www3.kcn.ne.jp/~kumie/

日経225先物テクニカル分析

(大引け)

高値:17640

安値:17540

終値:17600

寄り前に指摘した転換線17570を30円上回って終了した。出来高減の陽線、月曜日高というリズムは変化なし。基準線も転換線も横ばい変化なし。昨日5/27に指摘したスローストキャスティクス%Dが46.26%となり50%を割れた。そのため、このまま下落する確率が高まった。しかし、9日タームの新波動を決定づける証拠はまだ不足。メガバンク、上位地銀も予測計算通りのディストリビューションの値動きである。個人的には先物売り→一部利益確定

(寄り付き前)

本日の着眼点:

直近高値から480円下落している三陰連後である。よって本日は通常の地合いの強さがあれば、三陰連後の自然なリバウンドが想定される。CMEは17545(大証比+95)なので、高寄りした後も、買いが積極的に流入するかがポイントであろう。月曜日が高寄りからはじまるのは最近の傾向。週足は七陰連。基準線が17570なので、終値でこれをクリアできているか、遅行スパンが転換線と実線を上ブレイクできるかもポイント。基準線は5/14からぴくりともしていないので、この基準線が上向いて行かなくては、仮に上昇しても一時的なダマシ上げに終わるだろう。

米国債30年物はレジスタンスラインを上ブレイクした。

個人的には、先物売り一貫継続、メガバンク、上位地銀空売り継続

個別優良銘柄の利益確定

再びマテリアル、資源関連に資金が流入しつつある。

マーケットの名言

もし投資で失敗するのを避けたければ、理由に基づいて売買しなくてはならない。

あらゆる存在は正確な比率と完全な因果関係の上に成り立っている。偶然などというものは全く無い。

最も高度な理法である数学的原則が全てのものの根本となるからである。

ファラデーは「この世では数学の効力が及ばないものは存在しない」と言う。

『WDギャン著作集2』日本経済新聞社p220

自然は数学という言語で語られている。

マーケットは数字と言う言語で語られる。

アリバイ

日経225先物テクニカル分析

日経先物25日移動平均は17540であり、やや下向きになった。直近十日の日足を見ると陰線:陽線=7:3である。

NYDOW5/25は終値13,507であり 66.15 (0.49%)上昇したが、 前日の高値を超えられず、出来高も前日比減である。NYDOW週足陰線(-49.25)は2ヶ月ぶり。騰勢というより、やはりディストリビューション。

新9日波動の証拠集めをしている。

1:5/10に高値17850をつけ、4/17の高値17810を抜いたこと

2:5/25に17330を下回らなかったこと

この二つの因子が、逆であったら、5/25の時点で新9日タームも下落波動に突入したと言えると思う。

逆とは次である。

1:5/10に、4/17の高値17810を抜けなかった

2:5/25終値が17330を下回った

しかし、事実はそうではない。そうは言っても、買いサインは見あたらない。少なくとも積極的に買えるシグナルは無い。

現状で分かっていることは次の通り。

1:ボリンジャーバンドの収束、新波動突入などから、ブレイクは近い。現状の保合いが継続しても最大限5/31の変化日までと計算できる。

2:隔擬の可能性が高い

3:TOPIXは売りシグナル点灯

4:5/28終値で17330を割れば、下落波動はほぼ決定

5:5/28終値でスローストキャスティクス%Dが50%を下回れば、そのまま下落する確率が高い

6:5/10(17850)が戻り高値とするならば、その証拠は2/26(18310)から50日目(二期)となるため

7:重要な対等数値。2006/11/27~2007/2/26の上昇波動61日=2007/2/26~2007/5/25の保合い波動61日。ここからは保合いが終わる可能性示唆。

以上、証拠を総合してみると、状況は決して良くないこと、積極的に買い向かえる証拠があまりないことが分かる。

隔擬とは時間間隔を置いて、類似のチャートパターンを再び取ること。

アリバイ(現場不在証明)を立証するためには、別の場所に居た事が証明できればよい。

つまり、「ある場所にいない」ということを証明することは難しいが、「別の場所に居た」との証言なら得やすい。

マーケットの名言

市況を見ての思いつき売買は、堅くこれを禁ず。

心の迷いとは、資金に対する依頼心、早く大きく心急ぐ欲心

安達太郎『徳川時代経済秘録全集』

人が売るときに買い、人が買うときには売れ

ウォール街俚諺

八木虎之巻

本日は、国立国会図書館で18世紀中葉の八木虎・豹・竜之巻を、マイクロフィッシュ(microfiche)からプリントアウトして頂きました。

ネット上のデジタルアーカイブからも自宅でプリントアウトできるのですが、マイクロフィッシュの方が幾分きれいなようです。

マーケットに関し、自分なりに行き着いた結論や思想が、200年以上も前の賢人の書にあると、感銘をうけます。同じ考えを見出すと、自分の思索に自信が深まります。これが、古書を探求する面白さです。

投資家保護の発想など無かったであろう時代の相場への取り組みは、負ければ壮絶な運命が充分想定され、ある種命がけでもあったろうと思います。それゆえ、真剣さや凄みがあります。マーケットは心理ゲームゆえ、プライスが動く原理は普遍です。原理が普遍ならば、打つ手もあろうかと思います。本日プリントアウトしたのは下記

『八木虎之巻』猛虎軒(宝暦六年)

『八木豹之巻』猛虎軒(安永二年)

『八木竜之巻』猛虎軒(寛政十年)

『商家秘録』大玄子(明和八年)  

マーケットの名言

一心家業に凝る人は、運の開く兆しなり

猛虎軒『八木豹之巻』

実際に利益が上げられるようになったのは、真剣に研究に打ち込み、自分で考えるようになってからだ。

ラリー・ウィリアムズ『相場で儲ける法』日本経済新聞社p1

人定勝天

日経225先物テクニカル分析

(大引け)

高値:17530

安値:17380

終値:17450

寄り前に指摘した330のラインは守った。終値17450は先行スパン2(17415)のかろうじて上に位置できた。しかし、75日移動平均線(17465)の下であり遅行スパンは実線を割り、転換線も割っている。過去1年に3回類似パターンがあるが、その後は全て調整している。先に指摘した2002年のパターンにも近づいている。出来高前日比増の陰線、週足でも陰線のリズムは継続。日足転換線と基準線は横ばい継続だか、終値が基準線の下になったためチャート形状は悪化。スローストキャスティクスは80%から57%台に下落。5/28月曜日に17330を割り込むと、更に下落する可能性が大きい。25日移動平均もやや下向きに転じている。ドル換算値の日経平均25日ではしっかり下向きであり、75日とのDC明確。騰落レシオ(東一)は84.4と昨日より1.2低下したが、まだ底値圏ではない。

週足は、13週上げて、13週下げている対等数値になっている。つまり、来週から週足は新波動。日経平均の過去データからは、来週は今週よりも上昇率が若干低い。月足を見ると、本日で+30円のほぼ十字線であり、過去データの5月騰落50%とほぼ一致しつつ推移している。対等数値は月足でも見ることができる。2000/4/28~2003/4/30が下落波動37ヶ月、2003/5/30~2006/4/28が上昇波動37ヶ月。その後新波動となっている。

個人的には、ザラ場でご報告した様に、今までの売り上がり玉を利益確定しました。

(ザラ場)

円高が急に進んでいます(前場)。

転換線→基準線→75日移動平均→先行スパン2と下値支持線を次々に下ブレイクしています。少しの時間、その支持線で揉み合うのですが、しばらくすると下ブレイクします。個人的には売り玉がたまっていましたので、このサポートラインを目処に指し値買戻しを入れておきますと、値幅を取りながら順に利益確定となります。

本日のように下落することが数日前から分かっていた場合は「つなぎ」トレードがリスク無く利益確定できます。

※つなぎトレードの例:17600円の売り玉と17500円の売り玉があった場合。

17600円の売り玉→17500円で利益確定

17500円の売り玉→17400円で利益確定

(寄り付き前)

指摘してきた通り、NYDOWがディストリビューションからの下落となった。このように高値圏でしばらく揉まれたあと、急落するのがこの期の特徴。

Dow 13,441.13 -84.52 (-0.62%)

Nasdaq 2,537.92 -39.13 (-1.52%)

S&P 500 1,507.51 -14.77 (-0.97%)

本日の着眼点

本日は、直近安値である5/18の17330を終値で下ブレイクするかがポイント。ここを下ブレイクしたら、新9日タームも下落波動であることが決定される。先行スパン2が17415であり、その下の雲は極めて薄く出来高希薄地帯となる。ボリンジャーバンドの収束も加え、大きく動くトリガーは二重三重に高まっている。400円以上の値動きも想定される。

個人的には、先にご報告しているスタンス継続。

持越し先物売り玉の利益確定

更に売り玉の追加、売り一貫継続

上位地銀の利益確定、更に空売り参戦

マーケットの名言

人定勝天(ひとさだまりててんにかつ)

決心して、気を込め一生懸命に事にあたれば、どのような困難にも克てる。

『逸周書』

人生は、その人が考えた通りの産物である。

ウィリアム・ジェームズ

賢者には、毎日が新しい人生である

デール・カーネギー『道は開ける』

dramatic contraction

日経225先物テクニカル分析

(大引け)

高値:17770

安値:17610

終値:17660

本ブログの予測計算通りの下落。昨夜のグリーンスパン前FRB議長の発言があったから、本日の日経が下落した訳ではない。テクニカル分析を忠実にしてゆけば、下落は数日前から予測計算していた通りの結果にすぎない。つまり、前議長の発言という材料は捨象しても、数日前からテクニカル指標にその兆候はあったのである。これがテクニカル分析の面白さ。

スローストキャスティクスは高値圏からの順調な下落。RSI,RCIも順当な動き。ボリンジャーバンドは引き続き収束(帯が狭くなっている)しているので、近日中にブレイクする可能性が更に煮詰まっている。転換線が17570円、基準線が17530であるので、明日はこのラインで下げ止まるかが試される。遅行スパンは再び実線とクロス。2/26の年高値から本日で60日目。その30日目の4/9高値が17780円であり本日と類似。大きく動く時間間隔に差し掛かっている。

個人的は次の通り。

先物売り→利益確定

上位地銀空売り→利益確定

個別優良銘柄→きょうもストップ高基調だったのでまだ利益確定せず

(ザラ場)

メガバンクは昨日と同じようなプライス位置で動いている。アイランドリバーサルを作りやすい形状になりつつある。メガバンクは本日から新波動であるから、再度上昇波動ということも論理的には考えられるが、ストキャスティクスが上限でもあるので、下落波動になる確率の方が高い。

(寄り付き前)

本日の着眼点

NYDOWは-14.30(-0.11%)であり、ディストリビューション特有の値動きで一進一退を繰り返している。

昨夜のグリーンスパン前FRB議長の発言とそこから派生したアナリストの発言が話題になっているようだ。要点は次の通り。

1:中国株は明らかに持続不可能

2:ある時点で劇的な収縮(dramatic contraction)がある

3:暴落に備え、中国政府は準備金を利用する可能性がある

http://today.reuters.co.jp/investing/financeArticle.aspx?type=globalEquities&storyID=2007-05-23T214004Z_01_TK3166880_RTRIDST_0_JAAESJEA681.XML

何を今更という感がする。投資家としては、このような予測は1か月以前に指摘できるようでないと、危ういであろう。

単にcontraction(緊縮、不況)と言っているのではなく、dramatic(劇的な、ものすげぇ)という、知的な彼にはふさわしくない形容詞を使用していることに注意。

彼の頭に、1929年10月24日や1987年10月19日のイメージがあることは明らか。

個人的には先物売り一貫継続、上位地銀空売り、個別優良銘柄利益確定のスタイル継続

旅写真の続きをアップしました。

http://www.chiiku.com/picture26.htm

マーケットの名言

私は仮説をつくらない。

アイザック・ニュートン

泰然自若

一つの道を究めるとは、精神的に成長してゆくこと。一つの専門を究めた人間でないと発せられない言葉がある。

その好例が実に含蓄ある次の言葉に凝縮されている。

「横綱は負けても悔しがっちゃいけない」(北の湖理事長)

「横綱は泰然自若としているべきです。もうちょっと修養してもらいたい」(石橋義夫横綱審議委員)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070523-00000088-sph-spo

変化日につきまして

コメントにございました通り、今月末来月初に重要な変化日を迎えます。5/31(木曜日)が2/26(高値:18310)から65日(複合)、6/15(金曜日)が76日(一巡)に該当します。週足で見ますと、今週が2/26高値からの13週に該当しまして、その前の上昇波動13週の対等数値となっています。

つまり、5/25(金曜日)で週足は13週タームの波動が終了します。

本日時点で分かっていることは、「一波動が終了して、新しい波動に突入する」ということです。新しい波動が上昇か下落かは、まだ少ししかシグナルは出現していないと思われます。シグナルは徐々に出現しますので、予測計算も徐々にして行きたいと思います。

日経225先物テクニカル分析

(大引け)

高値:17810

安値:17700

終値:17730

ほぼ理論計算値通りの展開。下落波動途上の一時的リバウンドが本日始値で完了したと思われる。チャート形状は昨日陽線の右横上に出現する十字星に似た形状(正確な十字星はGUする)であり、マーケット心理的には、勢い余って高く寄り付いたが、その後が続かないことを表す。これは反落のシグナルに近い。高値は17810で、以前から指摘している5/10高値17850をやはり超えられない。転換線は本日の下落で下向きに転じ、基準線とのDC(デッドクロス)間近。ノーマルストキャスティクスも87%の天井圏から下落し83%台。RSIもほぼトレンドに沿って下落している。本日の相場を引っ張ったメガバンクも、ザラ場中に8411みずほの計算値を取り上げたように、一波動完了であり、本日で上昇達成感がある。

個人的には次の通り

先物売り→利益確定

上位地銀空売り→利益確定

個別優良銘柄→ストップ高継続のため利食いできず

(ザラ場)

8331千葉銀行はテクニカル的に面白い性質がございます。

4/25=4/26=5/18=982円の安値 3/19=981円の年安値

3/5=3/9=3/13=3/26=1092円の高値

4/9=5/23=1093円の高値

わずか2ヶ月あまりの短期において、これほど一致したプライスを繰り返し、つけています。テクニシャンは、ここで、ファンダメンタリストのように「何故?」という発想はしません。この事実を利用するのみです。

8411みずほFGは、本日で目標値を達成。

4/26の年安値(707000)から本日で17日(二節)であるから、一波動完了。

N計算値:834000

V計算値:835000

E計算値:877000

上記目標値をほぼ達成した。スローストキャスティクス%Dが90%を超え、今年の最高値圏。

(寄り付き前)

本日の着眼点

5/16の本ブログ寄り前に次の様に書きました。(5/16寄り前ですので、安値データは前日5/15の17500)

>5/1(安値17210)からの波動と考えると、5/10で(高値17850)一波動終了し上昇幅は640理論計算値のN波動をとると18140円となる。6日後の5/23(水)前後までにこのプライス18140をとれないと、現状の上昇波動という仮定が間違っていたことになる。

その後どうなったか。

5/1からは、6日上昇→7日下落→2日上昇で昨日終値が17690である。やはりこの7日間という下落時間が長かったので、上昇波動の目安である18140円には本日中に届きそうもない。

つまり、直近2日(5/21,22)の上昇は、上昇波動に変換したサインではなく、更に下げるための一時的なリバウンドであるとの見方に変更はない。

個人的には、先物売り一貫継続。

上位地銀空売り

個別優良銘柄の買い→利食い予定

マーケットの名言

君子は泰(ゆたか)にして驕らず

小人は驕りて泰ならず

君子は落ち着いていていばらないが

小人はいばって落ち着きがない

『論語』岩波文庫p186

才気煥発

日経225先物テクニカル分析

(大引け)

高値:17740

安値:17550

終値:17690

5/10の高値17850を抜けなかった。5/10からは、520円下げて410円上げた。この5/10からは本日で9日になるので、一波動終了した結果としての自然なリバウンド。

直近9日タームが下落波動であったと言える理由は次の通り。

5/10高値17850

5/22高値17740

つまり直近9日の高値が110円下落したことになるから、下落波動。

出来高は前日比微増の陽線なので、若干リズムが変化した可能性がある。しかし、直近高値を抜けないことにより、転換線、基準線は横ばいで微動だにせず。ノーマル・ストキャスティクスが87%まで上昇したので、目先リバウンド達成感もある。

個人的には売り上がりで売玉の平均値を上げた。(本日で売り平均は17600円)

個別優良銘柄はストップ高のまま売れない銘柄もあった。

(ザラ場)

ヨットは、向かい風(進行方向逆風)のときも、帆の角度を変えることによって前進することができます。これが出来なければ、ヨットは自分にとって都合のよい追い風(進行方向順風)が吹くまで目的地に着けません。さまざまな風が吹き荒れる自然界にあって、常に順風満帆であることは、現実的ではないでしょう。しかし、技術があれば、たとえ向かい風であっても、着実に目的地にヨットを進められるのです。

マーケットも同じ事です。トレードとは、上がる下がるを当てる当て物ではございません。

個人的には寄り前にご報告しました通り、本日も先物は売り一貫です。上昇時に売り向かうので、言わば向かい風です。

しかし、平均値の法則と枚数調整で、後場13:03には利益確定(一部)できました。

先に取り上げた3839ODKなど、個別優良銘柄がストップ高である。売られすぎていた他の新興優良銘柄も反転。

メガバンクも流石に反転。マーケットは極端から極端に動きやすい。

(寄り付き前)

本日の着眼点

本日は次の2点で日経先物が試される日である。

1:NYDOWが13.65(0.1%)下落したことにより、連れ高スタートではなくなった。本来の実力で上昇できるか

2:直近週足は一陽介在五陰連(五週陰線に一週陽線がはさまる)である。これは、週初は高いが週末に下げることを意味する。この陰線リズムを崩すことができるか

つまり、日経先物が自力で出来高を伴って上昇できるかがポイント。昨日終値が転換線と基準線に挟まれているので、本日終値が、転換線(17590)と基準線(17530)のどちら側に位置するかもポイント。13週と26週のデッドクロスも間近に迫る。ボリンジャーバンドは、再びブレイクする日柄が近づいていることを示唆。

CME17570

NYメタル、NYオイルはテクニカル分析通り順調に上伸。

個人的には日経先物売り一貫継続。

マーケットの名言

アメリカの大実業家、ジョン・ロックフェラーの無一文時代の口癖は「やがて億万長者になってみせる」でした。

佐藤富雄『ツキを呼ぶ口ぐせ思考ぐせ』講談社p96

自分自身を知らなければならない。自分を知ることは、真理を見出すことに役立たないとしても、少なくとも自分の生を規則づけることに役立つ。そうしてこれほど正当のことはない。

パスカル『パンセ』新潮文庫P46

リバウンド

今年前半は、均衡表の雲の直ぐ上、あるいは雲中のもみ合いが多いので、2002年の日足チャートに似ていると思います。

過去データから見ますと、上昇波動に入るときは、このような低位置でぐずぐずしていないものです。

日経225先物テクニカル分析

(大引け)

高値:17610

安値:17410

終値:17560

リバウンド陽線だが、やはり出来高は前日比減少。高値は5/10からのレジスタンスラインに押さえられた。終値は、転換線の17590で押さえられた。遅行スパンも実線(=日足ライン)を超えられず。

転換線、基準線は横ばい。積極的な騰勢というよりは、陰線が2日続いたあとの、自然なリバウンド。今日の上昇で9日タームのトレンドが変化したとは思えない。

スローストキャスティクス%Dが4%まで低下していた8308りそなは、さすがに+4%と反発した。徹底して売り叩かれたメガバンクの「あんまりなめるなよ」という声が聞こえてきそうだ。

個人的には、ご報告の通り、先物売り上がり(ホールド)と上位地銀の空売り→利益確定(前場)。

(ザラ場)

先物の一時的な上昇に釣られ、8331千葉銀行が4%以上オーバーシュートしました。ここで、空売りし、下げ止まったところで利益確定。

先物の動きから少し遅れてメガバンク、上位地銀(8331,8332など)が連動します。

その中のオーバーシュートした銘柄を狙えば、数分間で利益確定できます。

テクニカル指標はストキャスティクスが有効。

マーケット心理を応用した手法です。

(寄り付き前)

本日の着眼点

直近高値から520円下落しているので、通常の強さの地合いであるならば、本日はリバウンドが想定される。CMEは17500(大証比+100)であるから、高寄り後の買いが継続するかがポイント。先週金曜日は終値で先行スパン2を割ってしまったので、本日はこの17415を終値で回復できるかも重要。直ぐ下に先行スパン1の17275、移動平均129日の17142が迫る。

ボリンジャーバンドからは、引き続きブレイクする可能性が高まっている。

下げるとなれば、下げ足は速く値幅も大きくなる。

メガバンクのオシレーター系指標は底値圏であるが、その決算次第では更に売り込まれることも想定される。

個人的には、先物売り一貫継続。一時的に上昇しても、売り上がり予定。

マーケットの名言

物理学は、我々が物理的な世界について多くのことを知っているから、数学的であるというのではなくて、

むしろそのような世界をほとんど知らないから、数学的なのである。

つまり、世界について我々が何かを発見できるのは、その数学的な特質だけなのである。

バートランド・ラッセル

古今第一等

日経225先物週足テクニカル分析

「週足」で見た場合

直近の上昇N波動は、2006/12/1から2007/2/23であり、この間13週。13から15は一波動作りやすい時間スパンなので、順当。

(週足はその週の金曜日で、その週を指す)

この上昇波動後の下落波動が、2007/3/2からである。先週で12週となり、対等数値からは今週金曜日5/25で下落波動が一旦完了する。

しかし、この12週間は17800から上へ引くエネルギーが強く、中途半端な保合い的調整波動となっている。

週足スローストキャスティクスも%Dが45%まで下落している。50%を割り込むと引き続き底値圏まで下落する可能性の方が高い。

DMIは方向性指数のADXが2004年の底値ラインまで低下して、方向感が喪失。

2006/6/16週足からの上昇N波動を計算してみる。

V計算値:18230

N計算値:18510

E計算値:19820

つまり、高値18310でV計算値は達成してしまっていて、N計算値もはぼ達成しているので、2007/3/2週からの下げは理論計算通りの値動きではある。

週足で見るとディストリビューション(天井圏の揉み合い)であり、直近の高値を抜けていないので、データ確率からは急落が想定される。

以上、総合的に、18310の更に高値を取りに行く上昇波動に復帰するためには、近週中に16520円以下まで下落する可能性が一番高いと言える。

マーケットの名言

世間第一等の人物になろうとすることは、その志は小さくはないが、それでも私は小さいと思っている。人は多数おるが、その数には限りがある。第一等の人になろうとすることは、おそらく達成し難いことではない。しかし過去において、すでに死亡した人の如きは、今より幾万倍もある。その中に、聖人・賢人・英雄・豪傑が数え切れないほどいる。自分のなした事を古人と比べて見ると、とても比べものにならない。これは誠に恥ずかしいことである。そこで志のある人は、古今第一等の人物たるべく、自ら決心すべきである。

佐藤一斎『言志四録』講談社p95

(解説)

一斎は江戸後期の碩学。その書は浩然の気に満ちている。

現在の世界で第一人者になるなどとは、小さい志だ。歴史上最高の人物になる決意をしろと、実にスケールの大きな事を言う。

必然

ターム(term)とは何か

本ブログで9日ターム、26日タームなどの言葉が出てきますので、説明します。

ターム(term):一定の波動性向を持った一区切りの時間。波動性向とは、上昇波動、下落波動に加え、保合いも含める。

このように定義して使用しています。

例えば、2007/2/27から2007/3/5は、下落波動5日タームとなります。

ある一定期間は、特定の波動が継続することが多いからです。

これは、機関投資家も含めたマーケット参加者の約95%は、欲望と恐怖という二つの心理状態で参加しているために、自然と造成される波動です。

基本波動は、5日,9日,17日・・となります。

コングロマリット楽天(JQ4755)について

2007/12第一四半期の連結決算が、当期純利益41%減となり、株価は42050円のストップ安まで窓空け急落。

2005/1/31の最高値127000円からは64%減となっている。月足でみると典型的なダブルトップを形成しており、上昇波動回復までは、早くても数年の年月はかかることが予測計算できる。

思えば、プロ野球参入直前の2003年前後までは、実に堅実な経営を続けていた優良企業であり、財務模範企業であった。

しかし、その後、有利子負債が急増し、直近では総資産の42%近くまで占めるようになっている。

コングロマリット楽天の一つ一つ、例えば楽天証券のサービスなどを見れば、そのテクニカル分析ツールは、他の証券会社よりも格段に優れているだけに残念ではある。

楽天の優良遺伝子は、株価の急落とは裏腹に、このような箇所にきちんと活きている。

真面目な努力家であるかの経営者に求められるのは、硬直した思考ではなく、発想の柔軟性であろう。

例えば、既得権益のテレビ業界に参入するというような発想ではなく、法律的に問題がありそうなyoutubeを展開してしまうような、柔軟性である。

面白けりゃいい、法律はあとづけ、既得権益で守られている法律の方がオカシイと思う若々しい発想である。

テレビ業などは社運を傾けてまで求めるほどの収益的魅力は、とうに失せている。

マーケットの名言

はたして偶然というものがあるでしょうか。偶然において必然を感じると申しますが、これこそ人間の叡智ではないでしょうか。

学問とは、偶然と思われる中から、必然を探り出すことではないでしょうか。

一目山人『一目均衡表・完結編』経済変動総研p87

明朗闊達

日経225先物テクニカル分析

(大引け)

高値:17580(寄り付き天井)

安値:17330

終値:17400

何と、終値は17400ですよ。

テクニカル分析の真骨頂です。

再三指摘しました、17410を更に10円下回りました。

本日の値動きは250円と200円ブレイクであり、下落予測値も加え、全て理論計算値通りになりました。

(本ブログをはじめて読まれる方は、GW前の4月27日くらいから、続けて読んでみてください)

寄り付き前に指摘しました、先行スパン2の17415を割ってしまいました。日経225先物日足の基準線は横ばい、転換線は下向き、終値は雲の中。遅行スパンは当該先行スパン1と2の17415を割り更に悪化。スローストキャスティクスは22%台まで低下したが、まだ下落余地があり。グランビルの法則は素直に反応して、売り継続。出来高は前日比増加。直近高値5/10の17850から520円下落してるので、一時的なリバウンドは想定される。しかし、雲は薄く、先行スパン1は17275であり、129日移動平均が17142。来週は、この二つが次なるサポートラインとして働くか試される。17330より下は出来高も少なく、動きやすい価格帯。騰落レシオは74.5と今年最低レベルに低下。2006/11/21の66.2で反発できるかというレベル。TOPIXは七陰連(陰線が七日続く)となりまして、更に悪化。

8303りそなは年初来安値更新。

個人的には、ご報告の通り、先物売→利益確定の繰り返し。

(ザラ場)

今日は、午前10時10分の段階で、17330までは下落するだろうと予測計算ができていました。

始値:17580

9:45→ 17420

10:09→ 17490

このN波動計算値が、17580-17420=160円

10:05からの揉み合いでN波動が決定(そうでなければ上抜けていた)

17490-160=17330

これで、17330までは下落するだとうと、10時10分頃には予測計算できるのです。

利益確定しつつ、新たな売り玉を建ててゆけば、利を伸ばしつつ、リスクは最小限となります。

このように日足でも下落サイン、分足でも下落サインとシグナルが重なるときは、予測計算がズバズバ決まります。

理論計算値通りの展開。

本ブログで指摘している通り4/20の週から何度も17410円を叩いたので、明確な下落サインは出ていた。

しかし、P波(三角保合い)が長かったので、下落が遅れたとも言える。

直近の最もしっかりしたN波動は、2006/11/27(L:15610)~2007/2/26(H:18310)の61日間。これは基本数値65日(複合7)にも近い。

その2/26から本日で56日目。5/25(金曜日)が61日目にあたり、対等数値として、重要な変化日となる。

N波動は次の手順で分かる。

1:上記の日足をプリントアウト

2:ボトム(2006/11/27)→トップ(2007/1/4)と、直線で結んでゆく。

3:ボトムは安値(L)、トップは高値(H)を結ぶ

4:上記の繰り返し(次は2007/1/11の安値へ直線を引く)

5:上昇波動時はN字波形、下降波動時は逆N字波形になっている

これは分足でも有効

本日は寄付きから、9:45まで下降N波動。

だから下落N波動をつくることが予測できる本日前場は、次の様にトレードができる。

寄り付きで売り参戦→9:24で利益確定

9:33で売りたたみかけ→9:45で利益確定

この間、1分足で見るとN波動となっている。(下降波動だから逆N波動)

基本数値は、26,33,42であるから、分足でも適合している。

(寄り付き前)

本日の着眼点

先行スパン2の17415でサポートされるかがポイント。テクニカル的には大きく動きやすいタイムスパンに突入している。

遅行スパンは17515がサポートラインなので、すでにギリギリ。騰落レシオは77.6と低下し、2006/11/21の66.2を目指す展開。下値余地はまだある。

騰落レシオ自体は、中期的なシグナルであり、60%前後が底値圏と言われている。

個人的には、先物売り一貫継続。

マーケットの名言

値幅よりも時間の方が何十倍か大切なのであります。むしろ、相場は値幅ではなく、時間なのであります。しいて言えば、時間における値幅なのです。

一目山人『一目均衡表・完結編』経済変動総研p4

一心家業に凝る人は、運の開く兆しなり。

『八木豹之巻』

君の精神を読むことを習得せよ。あとはすべて次々にあらわれる。

『ヴァレリー全集』筑摩書房p243

コントロール

本ブログでは、新しい分析を、常に上へと掲載するようにしています。

リアルタイムで書き込むからです。

一日の流れは、おおよそ次の通りです。

(大引け)=ザラ場終了後の午後3:30頃に書き込みます。

(ザラ場)=9時から3時までのザラ場中気づいたことを書き込みます。

(寄り付き前)=朝8時50分ころまでに書き込みます。

日経225先物テクニカル分析

(大引け)

高値:17670

安値:17480

終値:17530

数日来のテクニカル分析通り、やはり17410円からの引力の方が勝っている。NYDOWの連れ高分だけ、下げやすくなった。カブセ状の陰線。安値は75日移動平均(17457)で支えられた。25日移動平均はやや下向きになり、グランビルの法則は「売り1」の位置。ストキャスティクスは26%まで低下しているが、今一段の下げ余地はある。

基準線と終値が同値17530で、転換線は上昇。型譜は一陽介在五陰連(陰線五日に陽線が一日入る)となり、小コマの連続なので弱いシグナルだが、相場の転換を意味する。遅行スパンは実線の下に潜り込み売りサイン。ボリンジャーバンドも収束を継続しており、ブレイクする可能性が高まる。

本日をもって、新9日タームの下げ波動が、ほぼ決定。

メガバンクとその連動地銀はストキャスティクスが下限に近くなっている。

例えば、8308りそなは、%Dが4%まで低下し、年安値更新間近の位置である。

個人的には、昨日同様、売り上がり→利益確定の繰り返し。

(ザラ場)

マザーズ指数が年安値を更新するなど、新興の指数は低迷している。

しかし、元来、新興市場とは、玉石混淆状態である。マーケットの荒波にもまれ、淘汰され、将来性のある企業のみが生き残ってゆく。

そのようなマーケットが新興である。その新興マーケットから、投資にふさわしい個別の優良企業を拾い上げるのが、投資家の使命。

全体の指数はあまり意味がない。

(寄り付き前)

本日の着眼点

17800円と17410円の綱引き継続。

上昇波動に乗るためには、終値で17800円超え、出来高前日比増加が最低条件。

個人的にはスタイルに変更なし。

ギリシャの旅写真を少しアップしました。

http://www.chiiku.com/picture16.htm

2週間も日本を留守にしましたので、やるべき仕事が多く、まだホンの一部です。

少しずつ整理して、随時アップします。

マーケットの名言

成功した人と凡庸な人との相違は、心の力を計画し、組織し、コントロールするやり方の中に見出される。あらゆることは一緒になって良い方に働くということを信じるように絶対的にとことんまで信じるように自分を鍛錬した。

ダビッド・シュワルツ『心の力の魔術』実務教育出版p21

虚心平気

日経225先物テクニカル分析

(大引け)

高値:17570

安値:17440

終値:17560

安値は、寄り付き前に指摘した先行スパン2の直前、76日移動平均(17457)で跳ね返された。五陰連(陰線が五日連続)は免れた。陽線ではあるが、出来高は前日比減。このような陽線の日に、出来高が前日比増となれば、騰勢が戻ってきたシグナルになるが、そうではなかった。25日移動平均が17553であるから、それに頭を抑えられた格好。

陰線連続下落後の自然な自律反発。昨日に比べ、状況が良くなった訳ではない。17800から上げようとするエネルギーと、17410から下げようとするエネルギーの綱引きは続く。

騰落レシオは82%台であり、5/1と同レベル。

DMIは、+DIと-DIがクロスしたので、弱い売りサインだが、方向性指数のADXが再び下向きとなり、その弱いシグナルを打ち消して、方向性が無くなった。

本日の値動きは130円であり、ボリンジャーバンドは昨日同様収束傾向である。ブレイクする可能性が次第に高まる。

スローストキャスティクスは38%台であり、下落余地がある。

TOPIXは、雲下限、基準線の下、迷いの十字に近い五陰連となってしまった。

(ザラ場)

メガバンク日足はソーサートップ形状(特に8308りそな)

http://www.geocities.jp/kabu_soubasi/chart/dango.html

(寄り付き前)

本日の着眼点

先行スパン2の17415の上下どちらに本日終値が位置できるかが着眼点。

ボリンジャーバンド収束と直近値動きから、数日内には300円以上動く可能性がある。

陰線が連続しているので、本日は自律反発となるのが通常の強さの地合い。自律反発できなければ、通常の強さがないということ。

出来高もどのようになるか注目。

現状が上昇波動と仮定した場合。

5/1(安値17210)からの波動と考えると、5/10で(高値17850)一波動終了し上昇幅は640

理論計算値のN波動をとると18140円となる。

つまり、6日後の5/23(水)前後までにこのプライス18140をとれないと、現状の上昇波動という仮定が間違っていたことになる。

CRB指数は、先日指摘した通り0.46%上昇で310.48

CME(ドル建て)は17535(大証比-15)

NYDOWは過去最高値更新Nasdaqは続落

個人的には昨日と同じトレードスタンス継続

先物売り、先物連動銘柄の空売りである。一時的に上昇しても売り上がり予定。

マーケットの名言

不景気の株高ー好景気の株安も一つの経済現象で、お金の流れを反映する相場の基本習性によるものであり、

均衡表はその合理性を追求したものである。

『日本テクニカル分析大全』日本経済新聞社p375

戻り天井

メンタルトレーニング

観察力、集中力は、どの仕事においても最重要。

これは、トレーニング感覚であり、養成することができる。

トレーニングすればするほど、そのパワーは増す。

かねてから指摘していた通り、上海と深センの各マーケットは危険水域に突入。

口座開設は一日20万件、一日の売買代金に占める機関投資家の割合はわずか三割にとどまると言う。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2007&d=0515&f=column_0515_003.shtml&type=news

マーケット心理的には1929年アメリカの世界恐慌、1989年日経のバブル崩壊前夜に近づきつつある。

中国人は一般に、日本人よりも投機熱が高いという。

そんな彼らが、新しく覚えた資本主義経済の極上の美酒に酔えば、日経バブルを上回るマーケットの熱狂が予想される。

上海を旅行すると、日本ではあまり感じられない、若々しい熱気が溢れている。

歴史は繰り返すとは、至言である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%81%90%E6%85%8C

日経225先物テクニカル分析

(大引け)

高値:17620

安値:17500

終値:17550

ほぼテクニカル分析に沿った下げ。

転換線と基準線の17530をザラ場では割ったが、終値は17550円。小陰線が4連続しており、チャート上は更に悪化。窓空け陰線での出来高は昨日比増。スローストキャスティクスは92%から35%まで素直に下落しているので、もう一段の下落が想定される。強い地合いならば、50%前後で反発しその後上昇するケースが多いからだ。明日も仮に陰線だとすると、高値圏での五陰連となり、新9日タームの下落波動が、ほぼ決定するだろう。RCIも高値圏から順調に降りている。5/10が戻り天井である確率が高まりつつある。

個人的には、次の通り

先物売り持ち越し玉→利益確定

8308りそな空売り持ち越し玉→利益確定

先物売り参戦→利益確定

(ザラ場)

アメリカマーケットにはマイナス材料(米ガソリン史上最高値更新)

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070515AT2M1500M15052007.html

基準線と先行スパン2が同値になると、重要な変化となる。

(寄り付き前)

本日の着眼点

ほぼ、理論計算値通りの推移。

転換線と基準線がクロスして同値17530となる。先行スパン2の17415を超えて終われるかどうかが着眼点。出来高にも着眼したい。

NYDOWはディストリビューション継続。

私は昨日同様、先物売り、先物連動個別空売り、優良個別買いのスタンス継続。

新波動

日経225先物テクニカル分析

(大引け)

高値:17790

安値:17680

終値:17710

上昇波動への分水嶺と指摘している17800直前で跳ね返された。5/11終値17540-5/14高値17790=250円の値動き

日足は再び迷いの十字形状。NYDOW上昇→NK高寄り→天井→下落という4/23などに類似した月曜日パターン。出来高は前日比減。転換線と基準線がクロス。基準線が上昇し、転換線が横ばいでのクロスゆえ、明確な逆転ではないが、良くない形状。雲の上ではあるがその雲が薄く、先行スパンも直下に迫る。遅行スパンは実線に跳ね返された。直近20日は、陰線:陽線=11:9である。総合的に見て、少なくとも積極的には買いづらいシグナル。スローストキャスティクスは、高値圏から順調に落ちている。DMIは方向性指数ADXが多少上向きとなったので、次波動のトレンドが出現しつつある。RCIは高値圏での揉み合い。

個人的には、寄り前に書いた先物売りは成功。

先物に連動しやすいメガバンクの8308りそなの空売りも成功。

先月指摘した5479日本金属工業が、4/10の底から37%以上上伸している。

CRB商品指数が上昇パターンに入りそうなので、更に上値の可能性がある。

5480日本冶金と連動しやすい。

(ザラ場中)

8308りそな空売り

(寄り付き前)

本日の着眼点

上昇波動復帰のためには終値で17800超えが最低条件。

転換線(17530)、基準線(17485)、76日移動平均(17448)、先行スパン2(17415)、100日移動平均(17359)、先行スパン1(17347)と直下に迫っている。

26日タームでは新波動に突入するので、200円以上動く可能性が高い。スローストキャスティクスが高値圏にあるので、上昇しても限定的と思われる。CMEは17725(大証比+185)なので、高寄りの可能性が高い。本日は、高寄り後も買い上がれる材料がマーケットにあるかがポイント。

積極的な買いサインは、テクニカル指標からは、出現していない。

下落するならば、下げ足は速いだろう。

NYDOWはディストリビューション継続

私の本日のスタンスは、「先物売り」の「優良銘柄買い」継続。

明鏡止水

成功するためには、なぜ性格の明るさが必要か。精神が明るい状態のときが、一番活発に頭脳が働くからである。直感も冴えてくるからである。それは、好きなことに没頭し熱中しているときの、心持である。この明るさとは、非常に良い風景を見たときに、感じる爽快感である。早朝に感じる、さわやかさである。

健康な身体で散歩しているときの、虚心平気の気分である。この明るい状態の時が、人間の能力が最も良く発揮される。だから、成功するタイプの人間は、努めてこのような状況に自己の精神を持ってゆくことを習慣にしている。だから、成功の方からすり寄って来る。成功者には、何ともいえぬ明るさがある。この明るさとは、騒がしい明るさではなく、澄んだ水の如き静謐な、明鏡止水の明るさである。

日経225先物テクニカル分析

2006/7/18の14400円から200日目(複合)が5/10(木)だ。

それゆえ、5/11は大きく動く変化日だった。5/10高値17850-5/11安値17460=390円の値動き。

5/11(金曜日)は、4/3から26日目の一期三節に該当するので、一波動終了。

5/14(月)は、動く可能性が高い。

2/26を起点とする下落波動継続と見た場合の予測計算値

V計算値:15880

N計算値:16060

E計算値:14730

3/5を起点とする上昇波動継続と見た場合の予測計算値

V計算値:18410

N計算値:18500

E計算値:19100

5/11は上から、終値(17540)、転換線(17530)、基準線(17485)の順に位置する。転換線は横ばい、基準線は上向きの位置関係から、「逆転」する可能性が一番高い。先行スパン2は17415。遅行スパンは雲の中で実線とクロス目前。跳ね返されなければ、下落する可能性が高い。25日線(17546)は上昇しつつ終値が若干割り込んでいる。よって日足グランビル法則からは「買い2」の押し目買いの位置。スローストキャスティクスは、5/9の%D92%天井圏からの下落途中下方向。DMIは方向性指数ADXが下向きになっている。これは、1トレンドが終了し保合いに入ったことを示唆している。ADXはトレンドが明確になると上昇する。

-DIが+DIを下から上へ抜けているので、弱い売りサイン。

RSIは65%から52%へと下落して下方向を示す。

RCIは84%から70%へと下落して下方向を示す。

移動平均乖離線は99%で下方向。3/5で94%なので、まだ下落余地はあることを示唆する弱い売りサイン。

多層性

人間社会の多層性。

人類が進化すれば、抽象性が意味を持つようになる。実利よりも、抽象性に意味を見出すようになる。

例えば、プロ野球選手。

投げ、打つ、走るという行動そのものが、人間社会に役立つ訳ではない。これに対して大工さんの家を建てるという行動は、即、人間社会に役立つ。なぜ、役に立たない野球選手の行動を、多くの人間は見たがるのか。抽象化された行動ゆえ、精神性が如実に表現されるからである。「ホームランをあなたのように量産するための資質において、メンタル(精神)とフィジカル(肉体)の重要度は各々どのくらいの割合ですか」このようにインタビューされた、あるホームランバッターは、真っ直ぐ前を見つめて、微動だにせず、次のように言い放った。「100%メンタルだ」と。このように抽象化された行動や思考には、無窮の表現力が宿る。その可能性がある。だから、面白い。人間社会とは、このような多層的人間の集積である。それぞれ各人が自分の世界を有して人生をおくる場でもある。それゆえ、他者の世界を理解しようとする努力は、自分への深化につながる。

予測計算とは

予測計算とは何か

本ブログの読者の方で、私の「予測計算をする」という意味とそのトレード手法を、まだ理解していない方がおられるようですので、解説します。4/27のコメントで、「今回はまちがえましたネ」との投稿がありました。私は、この日4/27の本文で、4/27終値17410円の意味を強調し、GW明けの推移は下落波動の可能性が高いだろうと、書きました。17800円を終値で超えられなければ、上昇波動には乗れないとも、その前に書いています。これは、4/27の時点では、17410の下方向エネルギーの方が、17800の上方向エネルギーよりも、大きいだろうとの予測計算からです。

では、実際にGW明けの今週はどうなったか。

日経225先物の終値の確定値は次の通りです。

5/7 (月) 17690円

5/8 (火) 17670

5/9 (水) 17750

5/10(木) 17770

5/11(金) 17540

4/27の私の考えの通り、GW明け5/7は「売り」からトレードに入るとします。今回の場合もプライスが上昇しているので売り上がりです。5/7~5/10まで毎日終値で一枚ずつ、日経225先物を売ったとします。木曜日の時点で、購入平均値は17720円の売玉4枚となります。これを5/11金曜日の終値で全てを「買い返済」したとします。そうしますと、一枚あたり平均18万円、4枚合計で実質72万円の利益確定です。ご覧のようにロスカットは一枚もござません。反対者にも納得して頂くため、「終値、一枚」と分かりやすく固定して説明しましたが、ザラ場の動きを見ていれば、更に高値で売り玉を追加することもできたでしょう。5/11(金)には17460円まで下落していますので、終値より安値で買い返済することもできたでしょう。つまり、GW明けの今週は、「売り一貫」のみで、100万円前後(毎日一枚のみと仮定した場合)の利益が充分にとれたと思われます。週足で見ても陰線です。弱弱しい波動でしたが、売り一貫で全て利益確定できましたので、これを下落波動と言います。何をもって「まちがい」と思われたのか。私のテクニカル分析は、一日単位での上下を「予想」している訳ではございません。一日単位のマーケットは様々な資金が流入するので、あらぬ方向へも行きます。それにうろたえ、一喜一憂、右往左往しては、安心してトレードできないでしょう。どのような巨大資金がマーケットに流入し、揺さぶられても、プライスは行き着くところへ行きます。この、マーケットの本質を突くのが、テクニカル分析の真骨頂なのです。資金流入などファンダメンタルズは徹底的に捨象します。一日単位のオーバーシュートなど、全く意に介しません。むしろ5/10(木)は終値17770円の意味から、売り乗せのチャンスだったでしょう。週初からの急騰にも関わらずこの日も17800円を超えて終われなかったので、NYDOWの動向とは関係なく、翌日の急落が予測できたからです。これが、予測計算と平均値の法則を組み合わせた、私のトレード手法です。様々なトレードスタイルがあると思いますが、結果として利益になるか、否かを、最重視するのが、私のトレード手法です。海外に居て、この間は自分がトレードしないため、中途半端な予測計算をした訳でもございません。

possible

Impossible is nothing.

(できねぇことたぁ、何もねえ)

世界最大といわれるドバイのショッピングモール「Mall of the Emirates」に、デビッド・ベッカム (David Beckham)選手の署名入りで掲げてあった字句がこれ。続いてこうなる。「俺の人生を見てみなよ」

このショッピングモールもただものじゃない。東洋の外れにあるTOKYOとか言う都市のそれとはちと違う。

何と、「スキー・ドバイ」というスキー場もあるのだ。

http://www.thinkwelldesign.com/img/international/Larger%20Images/dubaisnowpark_04.jpg

23000平方m(サッカー競技場3面ほど)あり、屋内温度は-8度、スキーリフトもある。外は40度を越えているルブアルハリ砂漠の真っ只中である。黒人の子供たちが、キャッキャッ言いながら、雪と戯れていた。

このMall of the Emiratesの、ショーウインドゥの中身、そのデザインが、鳥肌が立つくらい優れている。

多様な民族が自由自在に交流している結果として、このような優れたデザイン生まれるのだろう。

顔つきも、肌の色合いも、背負った激しい歴史も、人生への考え方も、宗教への感受性も、まるで異なる人間同士が、ぶつかり合い、揉まれて、あらゆる文化は成長し、成熟してゆく。日本においても、傑出した時代は飛鳥天平であり鎌倉だ。いずれも積極的に異文化が流入している。建築、宗教、思想、法律、行政等の分野についてだ。

知性と感性が発達するためには、新鮮な刺激とエネルギッシュな精神が必要なのだ。

宗教への感受性の一例として。

ドバイ国際空港には、私が見ただけでも二ヶ所のモスクがあった。空港内に礼拝堂があるのだ。礼拝が日常不可欠に行われている証左だろう。中では全身を投げ出すイスラム独特の礼拝が行われていた。

ホテルなど巨大建築物も、大胆かつ強烈なデザインで素晴らしい。曲線、空間を活かしている。切り取った空間と、切り取られた空間が、それぞれ意味を有しているデザインだ。

デザイン自体が、エネルギーを有していることが感じられる。

http://www.kellogg.northwestern.edu/student/club/meaba/Spec.%20Burj%20Al%20Arab%20web%20lay-out.jpg

http://www.dubai-hotels-reservation.com/burj-al-arab/gallery/burj-al-arab.jpg

これらドバイの斬新な建築物を見せられると、TOKYOに建築家が居るのかと疑問にすら感じる。

TOKYOのビルディングのデザインならば、素人でも可能だろう。立地条件に合わせ、長方形を描いて直方体にすれば、完成だ。

TOKYOのビルは、みな同じのっぺりした長方形のデザイン。四角、四角、四角だ。丸でも単なる円柱。

単一民族、硬直、停滞、異なる感性を嫌う排他性、よそ者を排斥する村社会、保身術を発達させた官僚制、閉塞、覇気の無さ、異なる思想を理解しようとしない怠惰。

このような言葉が日本に当てはまる。

この地に来てみると、日本は徳川時代から、精神的には未だにゆるやかな鎖国状態にあることに気づく。

元日本代表の中田英寿選手が、何故あの若さで引退を決意したか。

恐らく4年後も、8年後も、日本のサッカーチームならば、これ以上は行けないだろうと、賢明な彼は気づいたのではなかろうか。

日本が輝くためには何をしなくてはならないか、じっくり外国を見て、また、外国から日本を見れば、答えはあるだろう。

(写真は帰国しましてから、アップします)

ドバイ

ドバイの気温は42度。

しかし、湿度が低いためか、日本のような、じとっとした暑さではなく、カラッとした痛快な暑さだ。

これだけ気温が高いと、笑い出すしかない。

でも気持ちよい。

UAE(アラブ首長国連邦)のドバイとは次のような都市。

1:東京よりも安全(世界一安全な都市)

2:パリよりもファッショナブル

3:上海と同じくらい、サービス精神が旺盛で活気がある。

4:地中海よりも緑が強いアラビアンブルーの美に圧倒されるアラビア湾に臨む。まさに碧海。

5:ニューヨークよりも資本主義が徹底している

6:ロンドンよりも忠誠心に溢れている

7:世界唯一の7星ホテル「Burj Al Arab」がある

8:全世界の建設用クレーンの20%前後があるといわれている。(建設ラッシュのため)

http://www.kellogg.northwestern.edu/student/club/meaba/Spec.%20Burj%20Al%20Arab%20web%20lay-out.jpg

http://www.dubai-hotels-reservation.com/burj-al-arab/gallery/burj-al-arab.jpg

http://www.riteimage.co.uk/Burj-Al-Arab.jpg

http://www.thepalm.dubai-city.de/

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Dubai_Marina.jpg

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%90%E3%82%A4

文句なしの世界一のリゾート地。

深夜、飛行機から眺めるこの都市の神秘的な夜景は、心を魅了される美しさ。

現在の世界で、一番輝いている、富める都市だろう。

2005年の経済成長率は16%であり、これは何と中国を上回る。

ヨーロッパ経由で来てみると、過去の国ヨーロッパの落日と、新しい若々しい国ドバイの日の出が実感される。

2009年開業予定のドバイタワーは、建物部分だけで705mを超え、最高点は800mを計画している。

http://www.eglobe1.com/index.php/2006/09/05/worlds-tallest-building/

日本で話題になっている新東京タワー(展望台450m、高さ610m、2011年半ば完成予定)を巨大さでは凌駕するプロジェクトだ。

ドバイ空港に着いたのは深夜24時。

しかし空港は多民族でごった返している。東南アジア系、南ア系黒人、欧米系、北欧系と、人種の坩堝。

中近東アラブの民族衣装である白装束(頭に輪)を着たパスポート検閲官が、「こんにちは」と日本語でアイサツしてきたのには、驚いた!

空港からタクシーでホテルに向かう。トヨタの新車で後部座席に液晶テレビがついている。TOKYOよりも、車もサービスも良い。

「トヨタ車だね」と運転手さんに話しかける。

「あなたは、日本人ですか。

トヨタは最高さ。ドバイのほとんどのタクシーはトヨタだよ。トヨタ車は、めったに故障しないから、世界一の車さ。

本当にトヨタは良い!ワンダフルだ!」

と、パキスタンから来てドバイで20年働いているという運転手さんが強調する。

深夜にも関わらず、ものすごい冷房が効いている。空港も、待合室も、ホテルも、どこもかしこも、冷房が実によく効いている。半袖では寒いくらいだ。

道路沿いにある、バスストップまでが、瀟洒な建物になっていて、待ち人が誰も居ないときも、冷房が効いている。

街中には、ランクル、レクサス、日産4駆、BMWなどの新車最上位車が、溢れんばかりに疾走している。

空港からの幹線道路は片側6車線。

ホテルのインターネットは有線で、1時間40ディルハム、24時間80ディルハムの有料。部屋には32インチの壁掛け液晶TV。ベッドはダブルサイズの更に1.5倍。

(ディルハムはUAEの通貨Dh:1米ドル=3.67UAEディルハムの固定為替、時価換算1Dh=約33円)

フィリピンから来たウエイトレス、セネガルから来た黒人青年の案内係、ネパールから来たホテルの若い守衛、インドから来たタクシードライバー、その他、マニラ、ガーナ、パキスタン、から来た皆が、活き活きと働いている。ギニアから来たという門衛係の黒人青年は、何と日本語で道を教えてくれた。「アツイデスネ」などと言いながら。ちょっとした会話をしても楽しそうに返答する。移民政策が成功しているのだろう。外国人労働者の目が輝いている。先に訪れたギリシャへの移民労働者の、目が活力を失い死んでいたのとは対称的だ。

ドバイでは将来の希望をもって働いている様がよく分かる。世界のマネーがどこからどこに流れつつあるか、分かる。

サービスに覇気が感じられる。それは、日本では稀有になりつつある若いエネルギーである。

地中海

ギリシャのインターネット

ギリシャの電源コンセントは日本と形状が異なるプラグタイプCで、電圧は220V,50Hzです。よりまして、ノートパソコン、携帯電話等電気機器の充電時には、Cタイプのアダプターと、変圧器が必要です。

私の宿泊先のホテルでは、1時間5ユーロの無線回線です。有線常時接続に慣れていますと、無線は速度が遅く、時間もちょっと気にしながらのネット環境です。ヨーロッパではフランスが無料使い放題の無線でした。私が行ったヨーロッパ圏(北欧を除く)では、フランスが一番ITインフラが進んでいました。

イギリスもアメリカも無線でしたが、有料でした。アジアでは中国が有線です。ホテルの環境にも、よりますが、4星以上ならば、たいていインターネットは利用できると思います。証券会社のリアルタイム画面は、会社によって、見られたり、そうでなかったりだと思います。証券サイトは金融機関となりますから、動作とセキュリティの観点からは、国内利用が前提であり、海外からアクセスして、なんらかのトラブルが発生しても、サポート対象とならないスタンスが多いと思います。海外のホテルの場合、そのホテルの管理サーバをいったんは通して日本にアクセスしているケースが多いと思います。アクセスポイントが多くなれば、何らかのトラブルが発生する確率が、単純に増加すると思います。よりまして、海外に行かれる方は、取引先の証券会社に、海外からトレードする時の動作確認とセキュリティを確かめられた方が賢明だと思います。私は、指値を週の頭に入れておくケースが多く、時差の関係もあり、日本にいる時のように頻繁にはトレードしません。明日、UAEのドバイに行きます。色々用事ができまして、帰国は週末になりそうです。よりまして、今週も日本のトレードには参加できそうもありません。皆様のご成功をお祈りしています。

円安

円安とは何か、身をもって実感したかったら、ヨーロッパ行きの飛行機に乗ればよい。

飛行機から降りた瞬間、財布が数%軽くなっていることに気づくだろう。

投資家は、円安の意味に敏感になった方が良い。

円安とは、とりもなおさず円が売られていることなのだから。

柔術

パティシオンのレストンランにて。

数回行ったので、ウエイターと顔見知りになった。

私が靴を脱ぎ、椅子の上にあぐらをかいて、食事をしていると、そのウエイターが、

「あんた、ヨーガの先生だろ。

俺には分かるんだ。俺は空手を5年習っていたんだ。柔術は好きさ。

それは(あぐらを指して)、ヨーガの空中浮揚のスタイルだろ。

そのまま、空中に浮かんで見せてくれよ」。

と合掌をしながら笑顔で言ってきた。

椅子の上にあぐらをかく東洋人が面白かったのだろう。

エーゲ海

スパルタのある歴史的に有名なペロポネソス半島と、アテネのあるアッティカ半島にはさまれているのが、サロニコス諸島だ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B2%E6%B5%B7

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E4%B8%AD%E6%B5%B7

その一つエギナ島へクルージングをした。コバルトブルーのエーゲ海は、ため息が出るほど美しい。何も考えずに、あるいは大きな考え方に抱かれつつ、地中海の潮風を一日中浴びていたため、肌は真っ赤。

風土が人間性を形成する役割も大きいであろう。美と雄大さを、ひしひしと感じる。

それにしても、ギリシャの人は親切だ。まるで、訓練をうけたデパート店員のように、何を聞いても、にっこりと笑顔をつくり、丁寧に教えてくれる。

CDショップで流れている音楽は、イスラーム音楽とアメリカンミュージックを混合したような曲。ショーウインドウは、一部の高級店を除いて、多くは汚く、商品も良くない。サイクリング車は、一流品が多く品揃えが非常に豊富であった。お国柄だろう。

ギリシャの人々の表情

メトロの自動券売機は古く、1ユーロコインでは購入できるが、2ユーロコインでは購入できないといった、融通の利かない機械もある。電車の中は、日本のように静かに座っていて、新聞を読んでいる人もいる。老人が来ると、さっと席を譲る。

ギリシャの人々の表情と、東京のそれを比較してみる。

どちらも比較的大人しく、特に暗いということもない。

街の至る所にオープンカフェがあり、様々な人種が食事をしたり、談笑をしたりしている。北欧系、イタリア系、南ア系等々。

日本との大きな違いは、女性スモーカーが非常に多いということと、女性のタトゥー(刺青)、鼻ピアスが多い。これはファッションであろう。

自動車の排気ガスもたちこめている。環境対策、健康問題への留意と、インターネットインフラは、その国の将来性を計る指標だろう。

そういった意味では、ギリシャは、日本と比較すれば、「不幸」な状況であろう。

日差しが強いためか、サングラスの露天商が実に多い。女性は半分以上はサングラスをかけて歩いている。

黒人が大きな白い風呂敷を肩から下げて行商しているグループがある。少年とも言える年頃の人もいて、体いっぱいに背負っている。中身は、サングラス、(まがい物)ブランドバッグ、ベルトである。その大きな風呂敷のまま露地に広げ、商売が済むと、また別の場所に移動するのだ。きつい仕事だろう。その表情の多くは暗い。

「どこから来たんだい?」と訪ねると、不快そうな顔をして行ってしまった。「お前などに聞かれたかあねえな」とでも言いたげであった。

彼らはどこから商品を仕入れ、どの程度の利益になり、売れなかった商品はどのようにするのであろうか、興味がある。

この国でも、もっとも大きな広告スペースを占めるのが、携帯、自動車、タバコである。

走っている車は、日本車もあるが、古い型が多い。一方、大型観光バスは、最新型である。バイクの多くはノーヘルで疾走している。

ホテルは無線LANだが、1時間5ユーロの時間制限である。

果物を買いに近くのマーケットに行ったら、店員が「わあー、いいな」と、私の最新型のクリップ式のipodを指して言う。「ちょっと見せてくれよ」「へーこれが新しいやつか」「いくらだった?」「(隣の同業者に)これ見てみなよ」「俺も欲しいけど、まだこっちには入っていないんだ」とたたみかけてくる。

途中寄ったUAEのドバイ空港の電気店で、このipodを見せ、同じものが売ってるかと聞いたところ、「品切れです」との答えであった。任天堂のwiiは、本体が一つ置いてあった。

オモニア広場を少し南下した場所は、ゴロツキ連のたまり場だ。

さまざまな肌色の人種が数百人以上、あるいはそれ以上たむろしている光景は、壮観でもある。怪しげなタバコをくゆらし、昼間からビールを飲み、陰気な目つきをして雑然とたむろしている。技術と知識を身につけるべき若い時代を、この様にしておくらざるをえない彼らに、同情すら沸いてくる。私がギリシャの経済相ならば、全ての外国人向けホテルで、光ファイバーを使い放題かつ無料にするだろう。コストなど、たかが知れている。これだけで、おそらく外国人旅行者は、10%以上増えるであろう。彼らに、さまざまな形で仕事も舞い込んでくるだろう。

パルテノン神殿で聞くKeiko Matsui

パルテノン神殿で現代最高のジャズピアニスト松居慶子を聞く。

その音楽芸術は、地上最高の舞台に共鳴する、至福をプレゼントしてくれる。

神殿近くのディオニソス劇場で観客席に腰を下ろすと、現代のコンサート劇場に豹変する。

これは、アクロポリスが持つ現代性と、松居慶子のclassical性が融合して、とてつもない音響空間が出現するためだ。

アクロポリスは、松居慶子の秀逸な音楽が、地球上で一番似合う場所かもしれない。

アクロポリスに来てみると、人類の偉大さと卑小さが浮き彫りになる。

パルテノン神殿を発案創設し、それを存続させ、現在も愛されているその精神に、人類文化史を感じる。

人間のあらゆる行動には、偉大さと卑小さが宿る。

しかも偉大さは、日常茶飯に宿る。

旅とは思索である。

それは、思索を深め、新たな刺激を与えてくれる。

アクロポリス

アクロポリスは多分に現代的発想の根源となっている。地中海を遠くに眺めつつ、その足下にはディオニソス劇場と、イロド・アティコス音楽堂を配置する。頂点を極めるパルティノン神殿は、現代人が見ても偉容に圧倒される。2500年前のギリシャ人にとっては、圧巻かつ神聖であり、正に神の業であったろう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%8E%E3%83%B3%E7%A5%9E%E6%AE%BF

人間の為すあらゆる仕事には、偉大さと卑小さが、同時に含まれる。その偉大さを、成長させるならば、2500年後の人の心を揺さぶることもできるのである。

その象徴が、アクロポリスである。

この地で出土された大理石に依る彫像も、圧倒的なリアリティがある。人類文明の源泉と言われるゆえんである。レオナルド・ダ・ヴィンチは、忽然と中世イタリアに現れた訳ではなく、連綿と継承されている歴史の流れに位置する。その源泉がこの地であったろう。日本で言えば、縄文後期か弥生初期に作成されたと推定される、それら彫像の芸術としての完成度には驚嘆するばかりである。

しかし、現在のアテネの経済にその栄光は希薄である。黄金の国、日本から来てみると、第三世界である。親切な人情は、沈み行く太陽を惜しむ様だ。

無知の知

マーケットの名言

彼は何も知らないのに、何かを知っていると信じており、

これに反して私は、何も知りもしないが、知っているとも思っていない。

プラトン『ソクラテスの弁明・クリトン』岩波書店P21

(解説)どの分野でも、考えるトレーニングを積んでいる人間が強いと思われる。

マーケットの名言

市況を見ての思いつき売買は、堅くこれを禁ず。

心の迷い

資金に対する依頼心

早く大きく心急ぐ欲心

安達太郎『徳川時代経済秘録全集』

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

深沢純二

Author:深沢純二
知育研究
完璧な数理思考術
美の追求こそ強靭
賢明な投資とは
時間軸を中心とした
純粋幾何学
ロジカル特異技術
高度な専門知識
秩序正しい調和
芸術ですかと
訊かれる事に愉悦

経歴:
幼少・電子工学・無線電信
中学・世界文学・美術
高校・西洋哲学・言語学
大学・国際金融・外国為替
macroeconomics
business management
考究
マーケティング・データ
定量分析研究システム
Quantitative Analysis
Research System creative
Neuro finance
考定
20代後半
教師から起業
司法試験・公認会計士予備校
法律専門web特化塾
稀覯本・古典籍・筆写本・
古文書・蔵書2万冊
ネットワーク
オンラインシステム
年間300日海外
subject of study:
metaphysics、
形而上学心身論、藝術論、
マーケティング・プロセス
マネジメント・システム
経済学、経営学、
ニューロ・セマンティック、
NLP、古代哲学、
サンスクリット、ドイツ語
多面的次元乖離
先史美術古代希臘印度
スペシャリストSpecialist
ジェネラリストGeneralist
多面的思索
著作権法保護
無断転載コピー禁止
日本銀行 様
Bloomberg・Reuters様
記事リンク許可済み

最近の記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Strong luck

decoboko.jp

FC2Ad

Template by たけやん